歴史的な米朝首脳会談と数秘の2 | 数秘術家 阿部としみのブログ★ 数秘サロンTSUKIYOMI(ツキヨミ)

数秘術家 阿部としみのブログ★ 数秘サロンTSUKIYOMI(ツキヨミ)

数秘術家 阿部としみの日々の気づきと数秘術で読み解く毎日のメッセージを綴っています。


テーマ:

 

今日の数秘メッセージでも書きましたが、

数秘の2は対話がテーマ

 

 

そして数秘の2の影響を持つ本日、

トランプ大統領と金正恩委員長の会談が実現に至った。

 

 

 

ついに来たかと感慨深いものを感じた。

 

 

今年のユニバーサルイヤーナンバーは2

 

 

年初にこのブログで書いたように

今年のテーマのひとつは対話である。

 

 

 

二つの異なる存在がお互いを理解し、認め合い、協力しあうというのは誠に人間関係の理想なのだ。

 

 

それがなかなか難しい。

 

 

お互いの利益や権利を主張しあい、

うまくいかない関係性に関しては

相手を非難し、憎み、無視をする。

それが解決法だった。

 

 

そんなことがどこの社会でも繰り返されてきた。

 

人間の永遠のテーマである。

 

 

いかにこじれた関係性をバランスさせるか

 

その段階で学ぶべきことは、

理解をすること、

感情ではなく、事実を認識すること

お互い譲歩できる点を模索すること

 

 

とりもなおさず理解なのだ。

 

 

 

相手がどのような感情でいるか

どうしてそのような言動をするのか

それはどこから来ているのか

相手の価値観なり欲求なりを想像する。

 

我々は人にありのままを理解してもらいたいように、相手も自分をありのままに理解してもらいたいのだ。

 

 

 

2000年代、アクエリアスの時代を生きる今

理解や和解、受容、協調、平和といった

2のエネルギーはますます強まっているはずだ。

 

 

 

 

トランプ大統領も金委員長も

相手への口撃が相当に激しかった。

 

そしてこの会談は、お互いに振り上げた拳をいったんおさめましょう、というように私には見える。

 

本当に非核化になったらどれだけ素晴らしいだろうが、おそらくそこへ行くにはまだ道のりは遠いだろう。

 

 

 

 

今年のユニバーサルイヤーは11というマスターナンバーの影響も根底にある。

 

いったん決まったことが覆されるようなことも起こりえる。

(実際この会談も一度はボツになった)

世間がアッと驚愕するようなこともあるかもしれない。

 

しかしながら、11は私たちを霊的に成長させてくれる数であるからして、課題は大きいがきっと学びも深いに違いない。

 

 

 

 

歴史的と評されるこの米朝首脳会談。

まずは見守りたい。

どんなことでもきっかけというものは貴重なものである。

 

 

あなたは2から何を学ぶだろうか。

 

 

 

 



点数秘セッション、各講座やワークショップ、開運屋号鑑定など
  セッションメニュー

点セッション予約はこちらで確認
NEW6月のサロン予約はこちらから
数秘のお話を不定期でお届け中点
  無料メルマガ登録

 

 

 

阿部としみ@数秘術家さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります