日本の会社数は、420万社ほどあり、

同じ数だけ「社長」と呼ばれる人がいます。

 

経営者として、経験や実績がある方もいれば、

当然創業したての方もいます。

ランク付け自体はされていませんが、

そこには大きな隔たりがあります。

 

そして、当たり前ですが、

みんなが同じ状況で戦わなくてはならないわけです。

経験が浅い方には酷ですが、

そんな簡単に勝てはしません。

 

だからこそ、

経営者は事業をやっている以上、

常に学ばねばなりません。

そして、継続していくことで

ようやく力が身についていくのです。