中小企業診断士山口亨(やまぐちすすむ)の覚え書き

中小企業診断士山口亨(やまぐちすすむ)の覚え書き

『ガンダムに学ぶ経営学』の著者でもある中小企業診断士山口亨(やまぐちすすむ)の日々の覚え書き
IT関連の技術ネタ、面白い道具類の感想、マネージメント関連の知識ネタをメモっていきます。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
マーケティング3・0

 従来マーケティングは、「製品管理」、「顧客管理」、「ブランド管理」といった、3つの大きな柱を軸に発展してきた。

「製品管理」 戦後のモノのない時代には、いかに効率良く製品をつくり出して「売る」かが焦点となっていた。ここでは、第2章で述べた「戦術的マーケティング(マーケティングミックス)」が中心であった。いわゆる取引志向の「マーケティング1・0」の時代である。

「顧客管理」
 経済が成長し、モノがあふれ始めると、顧客の需要を読み解き、いかに「買ってもらう」かが焦点となった。ここでは、第2章で述べた「戦略的マーケティング(STP)」などの考え方が導入された。戦略(STP)を策定して、それを戦術(マーケティングミックス)へと展開する重要性が問われた。

「ブランド管理」
 コンピューターが普及し、インターネットが誕生したことで、情報の伝達が容易になった。するとマーケティングでは、いかに顧客のハートをつかむかが焦点となった。「エモーショナル・マーケティング」、「経験価値マーケティング」、「ブランド資産価値」などの、新しいコンセプトが導入された。いわゆる関係志向の「マーケティング2・0」の時代である。

 従来のマーケティングでは、セグメンテーションをおこない、ターゲットを絞り込み、ポジショニングを定め、4P(マーケティングミックス)を提供して、製品を中心にブランドを構築する。この従来の流れは、今後も意味を持ち続けるであろうし、引き続き必要な取り組みである。しかし、グローバル化とソーシャル・ネットワークの普及で、ビジネス環境は、今までのマーケティングの変革期同様に、大きなターニングポイントにきていることも確かである。
 本物がわかるようになった消費者は、「より深いつながり」を求め、グローバル化した世界を、「よりよい場所にしたいという思い」を共有し始めた。そして、自分たちの不安に対するソリューションを求め始めたのだ。今や消費者を、製品・サービスを消費する人たちとしてとらえるのではなく、ひとりの人間としてとらえる必要がでてきた。これは取引先や従業員についても同様である。意識している、していないに関わらず、混乱の世の中において、自分たちの一番深いところにある欲求(社会的、経済的、環境的公正さ)に、ミッション、ビジョン、価値で対応しようとしている企業を探しているのだ。マーケティング3・0では、世界に貢献することを目指している人たちに対して、「精神に訴えるマーケティング」が重要であると説いている。マーケティングの神様が、精神性が重要だと提唱しているところに注目して欲しい。




テーマ:
2日ほど前から、そう5月31日(木)あたりから、我が家の唯一の楽しみであるアメリカドラマ、LOSTアルカトラズを放送しているAXNが映らなくなった。

正確には映っているが、ブロックノイズが発生してとても視聴できる状況ではない。
ちなみに我が家はe2スカパーで視聴している。

5月31日(木)あたりは激しい雷雨だったので、その関係で「電波の入りが悪いのだろう」程度にしか考えていなかった。

木曜日のLOSTの録画がうまくいかなかったので、土曜日に吹き替え版を予約したのだが、これまたブロックノイズで視聴できない!!

私は「相変わらず電波の問題」だと思ってさほど気にしていなかったが、妻にとってはCSIやらなにやらで、他にもAXNで視聴している番組が多々あり、非常にストレスが溜まっている模様。

いよいよ何かがおかしいと思って、インターネットで調べるも困難を極めた。

Twitterでは我が家同様に、5月末からAXNが見られないとの「つぶやき」がいくつか見られ、どうやら多くの人が同様の問題に直面しているようだ。

AXNの問題なのか、スカパーの問題なのか、でも納得できないので、いよいよ本格的に調べ始めた。

すると以下の事がわかった。

■5月30日にAXNはトランスポンダ?(チャンネル番号?)をND6からND16へ移行した模様

タイミング的にはぴったりである。
「なんで勝手にかえやがるんだ!」と思ったが、そもそもND16が映らないというのはおかしな状況だ。

そういえば、以前からいくつかのチャンネルで同様のブロックノイズが発生していた。

「電波の入りが悪いので我が家では映らないんだろう」としか思っておらず、別に見たいチャンネルでもないので気にしていなかった。

「そうか、ND16のトランスポンダとやらを使っている番組が映らなかったのか?」
どうすればND16が映る様になるのか?


■色々調べると、「ND16問題」というのがあるらしい。

ND16はコードレス電話の周波数と同じ帯域らしく、その電波の影響を受けて、ノイズがのっかって正常に映らなくなるらしい。

対処方法は、コードレス電話の親機の電源を切ってみること。

やってみた。

しかし、変化なし。

他には、チューナー付近の他の機器の電源をひとつずつ外して電波干渉おこしていないかチェックするらしい。

やってみた。

変化なし。


■さらに調べると、CSの周波数は、結構高い周波数帯を使っているらしく、高くなるとノイズがのるらしい。

ND16あたりからノイズがのりはじめ、一番上のND24では映らないことも・・・

なので、CSを見るにはCS用のアンテナケーブルやら分配器を使わないといけないとの事。

「えっ?」

「そういえば、我が家のアンテナケーブルは、そんなことは意識していなかった。10年くらい前のケーブルを使っている。しかも10mと長い。分配器も10年以上前のものだ。」

長いと余計に減衰したり干渉したりするらしい
ちょっとアンテナケーブルの抜き差ししたり、色々試してみた。

「おっ、映った!!」

と思ったら、しばらくしてまたブロックノイズ。

アンテナケーブルの微妙な位置関係で安定して映ったりノイズが入ったり。
アンテナレベルは47位をキープ・・・と思いきや、いきなり30いくつに
そしてブロックノイズ

「うーん、ということは、接触の問題か? いや、完全に外部の影響を受けているんだな?」と思い、素直にCS対応のアンテナケーブルと分配器を購入しに家電量販店へ。

分配器  アンテナケーブル

買ってきて、接続をし直してみると、見事に安定して映った。
そしてアンテナレベルは51

こうして、ケーブルと分配器が、CS対応でなかったという基本的なオチで、我が家のAXNは無事に復活しました。

同様に悩まれている方(奥様から「なんとかしろ!」と言われている方)の参考になれば幸いです。

ただし、これで解決したのはあくまでの我が家の話であって、これを試されて解決されない等のことがあっても私は一切責任は負えませんのであしからず。
試される方は自己責任でお願いいたします。

中小企業診断士 山口亨(やまぐちすすむ)













Ameba人気のブログ

Amebaトピックス