ホイットニー・ヒューストンGreatest Love Of All
を、和訳してみました。

ただ、世界で一番、愛する人~ って歌かと思ったら、全然違った・・・。

とっても素敵な、勇気の出る歌です。
是非、音楽聴きながら、読んでみてください。

私の和訳は、臨場感と、フレーズの強弱 が合っているので、曲と一緒に読むと、インパクトも一入(ひとしお)です  



Greatest Love Of All  /  Whitney Houston
グレイテスト・ラブ・オブ・オール 
/  ホイットニー・ヒューストン

(この世で、最も素晴らしい愛)


I believe the children are our future
子供達は、私達の未来なんだって、私は、信じてる
Teach them well and let them lead the way
よく、彼らに教えて、進むべき道へと、歩ませるのよ
Show them all the beauty they possess inside
彼らが、内に秘めて持つ魅力を、すべて教えるのよ
Give them a sense of pride to make it easier
自尊心を、彼らに与えるのよ、もっと楽に成功できるように・・・
Let the children's laughter remind us how we used to be
子供達の笑い声で、私達は、かつての自分達を、思い出させてもらうのよ

Everybody's searching for a hero
誰しもが、ヒーローを探しているの
People need someone to look up to
人々には、誰か目指すべき人が必要よね
I never found anyone who fulfilled my needs
私は、自分の条件を満たす人なんて、誰も見つけたことなかったわ
A lonely place to be
孤独な居場所よ
And so I learned to depend on me
だからこそ、私は、自分を頼るようになったの

I decided long ago, never to walk in anyone's shadows
昔に、私は決めたのよ、もう、絶対に、誰かの真似なんかしないって
If I fail, if I succeed
失敗しても、成功しても
At least I'll live as I believe
せめて、私は、自分が信じるように、生きるのよ
No matter what they take from me
たとえどんな物を、私から取り上げようと
They can't take away my dignity
私の尊厳までは、奪えやしない
Because the greatest love of all
Is happening to me

なぜなら、この世の中で、最も素晴らしい愛は、
私の身に、湧き起こってるから・・・
I found the greatest love of all
Inside of me

私は、この世の中で、最も素晴らしい愛を、
私の中に、見つけたのよ
The greatest love of all
Is easy to achieve

この世で、最も素晴らしい愛を、
手に入れるのは、簡単なのよ
Learning to love yourself
It is the greatest love of all

あなた自身を、愛せるようになること、
それこそが、この世で、最も素晴らしい愛なのよ

I believe the children are our future
子供達は、私達の未来なんだって、私は、信じてる
Teach them well and let them lead the way
よく、彼らに教えて、進むべき道へと、歩ませるのよ
Show them all the beauty they possess inside
彼らが、内に秘めて持つ魅力を、すべて教えるのよ
Give them a sense of pride to make it easier
自尊心を、彼らに与えるのよ、もっと楽に成功できるように・・・
Let the children's laughter remind us how we used to be
子供達の笑い声で、私達は、かつての自分達を、思い出させてもらうのよ

I decided long ago, never to walk in anyone's shadows
昔に、私は決めたのよ、もう、絶対に、誰かの真似なんかしないって
If I fail, if I succeed
失敗しても、成功しても
At least I'll live as I believe
せめて、私は、自分が信じるように、生きるのよ
No matter what they take from me
たとえどんな物を、私から取り上げようと
They can't take away my dignity
私の尊厳までは、奪えやしない
Because the greatest love of all
Is happening to me

なぜなら、この世の中で、最も素晴らしい愛は、
私の身に、湧き起こってるから・・・
I found the greatest love of all
Inside of me

私は、この世の中で、最も素晴らしい愛を、
私の中に、見つけたのよ
The greatest love of all
Is easy to achieve

この世で、最も素晴らしい愛を、
手に入れるのは、簡単なのよ
Learning to love yourself
It is the greatest love of all

あなた自身を、愛せるようになること、
それこそが、この世で、最も素晴らしい愛なのよ

And if, by chance, that special place
That you've been dreaming of
Leads you to a lonely place

そしてもし、たまたま、あなたが、ずっと夢見てきた、
その特別な場所が、
あなたを、孤独な場所に導いてしまうことがあれば、
(=自分の中に最も素晴らしい愛を見つけても、悲しい結果になってしまったら、)
Find your strength in love
愛の中に、あなたの強みを、見つけるのよ


~ 和訳を終えて、あとがき   ~

誰かに、愛してもらうのでなくて・・・
もっと大きな愛を求めるのではなくて・・・
この世で、最も素晴らしい愛 は、自分の中に見出せる


なんて、素晴らしく、ステキな歌なんでしょう
やっぱり、求める愛は、自分自身の中に、あるのですね~。

The greatest love をどう、訳すかってのが難しかった・・・。

偉大な愛・・・っていう程、威張ってる物でもない。。
美しい愛・・・っていう程、ロマンティックな物でもない。。
崇高な愛・・・ってのが、割とイメージに近い。。
だけど、なんか神がかり過ぎてて、なんだかもっと、純粋に身近な感じなんだろう・・・って思ったんですよね。

なので、無難に、最も素晴らしい愛  に落ち着きました。


以下、解説編

 Show them all the beauty they possess inside
彼らが、内に秘めて持つ魅力を、すべて教えるのよ

possess; 所有する、持っている
inside; 内側、秘めている、心の中

all the beauty ってのが、すべての美 かと思ったのですが、やっぱり、前後の文を考えると、子供達が自分を信じて、強く自信を持てるよう、彼らの美点(=長所)を、すべて教えてあげるってことです。


 Give them a sense of pride to make it easier
もっと楽に成功できるように、彼らに、自尊心を与えるのよ

a sense of pride; 自尊心
make it; うまくやる、成功する
easier; (easy の比較級) より簡単に


彼らが、すんなり成功できるように、彼らに、勇気と自信を与えるってことですね。


 Let the children's laughter remind us how we used to be
子供達の笑い声で、私達は、かつての自分達を、思い出させてもらうのよ

laughter; 笑い声
remind 人 O; 人にOを思い出させる、思い起こさせる
how 人 used to be; かつて、(人)がどんな感じだったか


この文は、使役形がダブルにこんがらがって、凄く難しい。

let  人 do; 人に~させる

let the children's laughter remind
= 子供たちの笑い声に、思い出させることを、させる

ん??なんじゃこれ

remind は、その一語で、既に、「思い出させる」っていう、使役形 なんですよね。。

remind us how we used to be
=私達に、かつての自分達がどんな感じだったか、思い出させる

結局、以下のようなことかと。。結構、苦しい和訳だけど。。

子供たちの笑い声に、私達に、昔の自分を思い出させることを、させる
→ 子供達の笑い声で、私達は、かつての自分達を、思い出させてもらうのよ

how we used to be
= かつての私達が、どんなだったか  

これは、すごく深い意味で、すべて込められませんが、

私達大人も、子供の頃は、自信と自尊心に満ちあふれてたって記憶を、子供達の笑い声で、呼び覚ましてほしい ってことです。

大人になれば、愛や自信を見失い、自分を誇る気持ちも忘れてしまう・・・。

だから、子供達を、できるだけ鍛えておき、大人達が落ち込んだ時、その輝いた笑い声で、助けてもらいたい。。

っていう意味だと思います。
だから、突然、子供達を、鍛えましょう から、歌が始まるんです。


 People need someone to look up to
人々には、誰か目指すべき人が必要 よね

look up to; ~を見上げる、尊敬する


 I never found anyone who fulfilled my needs
私は、自分の条件を満たす人なんて、誰も見つけたことなかったわ

never; いまだかつて、一度も~ない、決して~しない
fulfill; ~を満たす
needs; 必要事項、ニーズ、要求、要望
fulfill needs; ニーズを満たす


「ニーズを満たす人」っていうと、日本語では、なんか違う気がするんですよね 。。なんか、人にはあまり使わない

「結婚相手のニーズ」とは言わないし・・・。
どちらかと言うと、サービスとか、商品などに使うと思う。

やっぱり、人相手の場合、は、日本語では、条件じゃないかな。


  A lonely place to be
孤独な居場所よ

the place to be; 居るべき場所=居場所

非ネイティブには、想像がつきにくいですが、多分、こんな意味だと思います。


 And so I learned to depend on me
だからこそ、私は、自分を頼るようになったの

learn to; ~することを覚える、仕方を覚える、~するようになる
depend on; ~を頼る、~に依存する


Learn の意味は、複雑なので、以下のWeblio 辞典を確認を

Learn の英和辞典での意味 

頼らなきゃいけないってことを、悟って、努力したってことで、
「~するようになる」 がいいのかな。。

私の条件を、満たせる人が、誰も見つからなかったので、自分を頼ることにしたってことです。


 I decided long ago, never to walk in anyone's shadows
昔に、私は決めたのよ、もう、絶対に、誰かの真似なんかしないって

decide to do; ~することを決める、決断する
long ago; 昔に
walk in anyone's shadows; 
誰かの影を歩く=誰かの真似をする


to不定詞節を否定する時、not /never は、to の前に置きます。
動詞を否定する場合とは、意味が全然違います。

I never decide to do; ~することを、絶対に決めない
I decide not(never) to do; (絶対に)~しないことを、決める


誰かの真似なんかせず、自分の生きたい様に、生きることにした。
そういうことですね。


 If I fail, if I succeed, At least I'll live as I believe
失敗しても、成功しても、せめて、私は、自分が信じるように、生きるのよ

fail; 失敗する
suceed; 成功する
at least; 少なくとも、せめて、とにかく


If 接続詞ですが、Even if じゃなくても、一語で、譲歩の意味で、
たとえ~しても と言う意味になることもあります。


 No matter what they take from me They can't take away my dignity
たとえどんな物を、私から取り上げようと、私の尊厳までは、奪えやしない

No matter what(=whatever); たとえ何を~しようと(譲歩)
take; 取る
take away; 奪い去る
dignity; 尊厳


No matter what は、譲歩の文章になってますね。
take の目的語が、倒置になって、文頭に来てます。

They が誰かというと、一般の人々です。訳さないThey です。


 Because the greatest love of all Is happening to me
なぜなら、この世の中で、最も素晴らしい愛は、私の身に、湧き起こってるから・・・

最上級+of all; すべての中で、最も、~だ
happen to; ~に起きている、生じている、起こっている


happening to me の訳は、非常に難しい・・・。

本当は、愛は、私の身に起こっている、降りかかってる なんです。
なんか、ネガティブな事みたいですよね。。

基本的に、日本語の口語表現では、
「愛 」は、起きない、生じない、起こらない・・・。


火事が、起きている・・・
危険が、生じている・・・ ピストル
暴動が、起こっている・・・

とりあえず、共通項は、発生中  ということで、
愛が発生している → 湧き起こっている といたしました。


当初、「生まれている」ってしてたのですが、happening なので、もっと、動きがあるんですよね。。

今まさに、起こっています
みたいな。。

なので、躍動感 を出してみました。

いい表現があれば、あとで更新します。。


 The greatest love of all Is easy to achieve
この世で、最も素晴らしい愛を、手に入れるのは、簡単なのよ

achieve; ~を獲得する、手に入れる、成し遂げる

この文は、以下の文に置き換えられます。
= It's easy to achieve the greatest love of all.

もともと、このIt's + to 不定詞構文It は、to不定詞の目的語が、長くなるので、It に置き換えられて、前に出ただけです。
なので、この歌詞は、ただ、元の文に戻っただけです・・・。

まぁ、the greatest love of all を、強調するため、前に出したんですね。


 Learning to love yourself, It is the greatest love of all
あなた自身を、愛せるようになること、それこそが、この世で、最も素晴らしい愛なのよ

learn to; ~することを覚える、仕方を覚える、~するようになる

It は、Learning to love yourself (=あなた自身を愛せるようになること)の動名詞節を、置き換えてます。

愛することを覚える、愛し方を覚える・・・ なんか違う。。
How to love じゃないんですよね。

多分、愛せるようになること  が一番、しっくりくる。


 And if, by chance, that special place (That you've been dreaming of) Leads you to a lonely place
そしてもし、たまたま、あなたが、ずっと夢見てきた、その特別な場所が、あなたを、孤独な場所に導いてしまうことがあれば、

by chance(=by accident, accidentally); 
ふと、偶然、たまたま 
→ 反対語は、on purpose (わざと)
dream of; ~を夢見る、夢に描く
lead 人 to 場所; (人)を、(場所)へ連れて行く、導く


that が2回ありますが、1つ目のthat は、先行詞のthe と同じ。
2つ目のthat は、関係代名詞です。

that you've been dreaming of が、that special love に係ります。
現在完了進行形なので、今まで、ずっと夢見てきた(=継続)の意味が入ります。

もし、ふと、あなたが、ずっと夢見てきた、その特別な場所が、あなたを、孤独な場所に連れて行くことがあれば、
=自分自身の中に、最も素晴らしい愛を見つけたとしても、たまたま、悲しい結果となってしまうことがあれば、 

・・・と、ういうことです。
By chance なので、偶然であって、あなたのせいじゃないよ~ っていう、ニュアンスを入れてくださってますね。。


 Find your strength in love
愛の中に、あなたの強みを、見つけるのよ

find strengh within myself; 自分の中に、強みを見つける
find one's strengh; (人)の強みを見つける

後から気付いたのですが、このフレーズは、以下の意味です。

自分の中に、最も素晴らしい愛を見つけても、たまたま、悲しい結果となってしまったときは、
その愛の中にある、「自分の強み」を、探すのよ ってことです。

強み=長所、取り柄、良い所、武器

愛を失っても、私には、このガッツがあるわ!
やり甲斐のある、仕事があるわ!大切な友達がいるわ!
愛する家族がいるわ!この美貌があるわ!!


例え、何があっても、私自身を、この上なく、信じるのよ

そういうことかな

以上です。

こんな感じですかね。

愛ってのは、人から与えられる物ではないんですね。。

愛とは、自分の中に見出し、
そして、自分で作り出せるものなんですね。


皆様も、自分の心の中に、自分を愛する、
The Greatest Love Of All を見つけましょう

いつもの如く、間違ってたら、ごめんなさいね。。


ホイットニー・ヒューストンの和訳記事一覧は、こちら  

マライア・キャリーの和訳記事一覧は、こちら  

リブログ(1)

  • ”ホイットニーのGreatest Love Of All は、生きる勇気をくれる歌(和訳付)”

    こんにちは今日は教室がお休みなので、友達を誘って自然に癒されてきましたマイナスイオーンここにいる時間より、車での移動時間のほうが長かったとゆう。その時間cicoは助手席で居眠りしてたとゆうごめん、友よ。癒しとゆえば、、ワルツでの使用曲『greatest love of all』すごーーくいい歌詞なん…

    cico

    2017-06-17 17:24:55

リブログ一覧を見る

コメント(8)