母に守られた | よこどんのリハビリ散歩  (左片麻痺、高次脳機能障害)

よこどんのリハビリ散歩  (左片麻痺、高次脳機能障害)

2011年7月11日脳出血で倒れて左片麻痺になったおやじです、
歩くことで体調維持、麻痺改善、などリハビリ効果を信じて、
不自由ですが自由にリハビリ散歩を楽しんでいます。
散歩や通勤日々のこと、愚痴を溢したりして精神安定を図るブログでもあります。

年末に母が他界し新潟の実家に帰った時、

外気温0℃程度でなぜかエンジン始動不良になった

自分だけでなく甥っ子も確認。


その後2日間青空駐車、
葬儀終了後の3日目になぜかすんなりエンジン始動するといった

不思議なことが発生していた。気温は毎日寒かった

先週ディーラーの安心点検で診てもらったが異常なしとのことだった

試しにと
今朝、横浜でも0℃程度と思われるので

(ウィンドウォッシャーで窓凍った)
5時に始動試験実施
何の問題もなくすんなり始動できた。

やっぱり、母が今は動くな、行くな、と事故等から守ってくれたんだろう。

 

更に不思議なことに

葬儀までは毎日夜の天気予報では明日は雪

と言っていたが、

葬儀終了までは雪はぱらつく程度で積もることなく、

陽が出るような良い天気だった

まるで参列者への気配りのようだと話していた、

葬儀終了直後には、雨が降ってきた
 
そんな不思議現象を身内では、
母の思い、みんなを守ったんだと言っている。
 
母に守られたんだと思う。
 
今、実家で父は一人暮らしになってしまった
現在大雪で心配ではあるが
母が守ってくれるだろう。