僕は100%左脳人間でした。

 

専門書や、様々なセミナーや関連するビデオなど

 

あらゆる情報から得た知識ですっかり“分かった”気でいました。

 

しかし、あくまでも知識であり真の理解ではなかったのです。

 

知識をもとに「こうであるはずだ!」がことごとく外れていきました。

 

この俺がなぜこんなことに・・

 

鬱病の末に分かったことは、実体験しか真実はないということでした。

 

得た情報がもしも誤りであったなら、それを真実として思い込んでいただけだったのです。

 

本当の真実とは、脳の中身ではなく “今この瞬間” 体験している事実なんですね。

 

”今この瞬間”体がやっていることが真実であり、そこに意味も理由も価値もありません。

 

それらは自我が勝手に作り出したものであり、実際はあるがままがあるだけです。

 

思考は記憶から生まれた只の思考・感情・感覚の認識でしかありません。

 

この思考の外側が「本当の自分」であり、本来の姿なんですね。

 

そこに還るのが「自己超越」です。

 

でも、ネガティブなことは相変わらず起きます。

 

しかし、それを安らぎの中で受け入れることが出来ます。

 

要するに、お気楽になるのです(笑)

 

感謝、感謝!

 

「自己超越ゲーム」 ここは願望実現の場ではありません←クリック

 

「超越ラジオ!非常識なホントの話」←クリック

 

いつもありがとうございます。