コンクリート下地処理機械 その① | 駿河工業のブログ
2012-05-10 16:00:40

コンクリート下地処理機械 その①

テーマ:ブログ

今回は床の改修工事で活躍する、コンクリートの下地処理機械についてです。


塗床の改修を行う場合、最も重要な工程が既存床の下地処理です。これを疎かにすると、せっかく塗り直して綺麗になった床がまた直ぐに剥がれてしまうなどの不具合が発生しやすくなります。弊社では徹底した下地処理を行う為に多種多様な機械を用意し、万全な態勢を整えております。


まずは研削機です。超硬ブレードを装着したドラム式の縦回転の機械にて表面を3~5㎜程度研削します。構造的には上から叩き割る機械ですので、厚膜の材料を除去するのに適しています。写真の様に下地にかなりキズが残ります。


駿河工業のブログ

駿河工業のブログ



次は研磨機です。ダイヤモンドブレードを装着し、水平方向に回転しながら床面を1から3㎜程度研磨する機械です。硬質床面や薄膜材の除去に適しています。研削機と比べ処理された床面は滑らかです。


駿河工業のブログ

駿河工業のブログ



次回は下地処理機械 その② をお送りします。



駿河工業さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス