ほっといっぷく
  • 27Apr
    • ヤマハレディース葛城!の画像

      ヤマハレディース葛城!

      土曜日の日に、葛城CCの女子プロトーナメントを見に行きました。ここはバンカーが多く、男でも距離があり、非常に難しいコースでありますが、流石にプロですね。谷越えの難関でも、当然として男並みに飛距離を出して狙っていくのですから、吃驚して終いますね!結果は、現在上り調子の、西郷真央が-8アンダーで優勝賞金、1,800万円を手にしました。決勝はテレビで拝見させて頂きました。決勝の当日は雨の降り頻る、寒い日程の中で行われましたが、大きくぶれる事も無くスコアーをまとめたと思います。名門山名コースはチャンスがあればプレイしたいコースであります。さて、葛城CCから帰る途中で、少し遠回りをして、法多山に寄りました。この「厄除だんご」の桜だんごがあると聞き、食べたい一心で訪れたのでありますが、時すでに遅しで、購入できませんでした。それでもこの餡子のだんごはいつ食べても美味しいです。天気も好く、更に桜満開で、気持ちの好い参道でありました。皆さん!この鬱積した環境に堪えられないかのように、春を探しに来たのかもしれませんね。早く正常な環境に戻って欲しいと願わずにはいられません。さて、この4月20日(水曜日)に日本鰻輸入組合の情報交換会が行われました。当社からは私と亀山常務が出席させて頂きました。皆さん、久しぶりの顔合わせで、色々な情報が交換されました。先ず、活鰻に関しては、この先の高値が見込まれるとされ、本年のシラス採捕量と池入れ数量が報告されました。日本が14t。台湾が2~2.5t。中国が13t。韓国が7~7.5t。現時点で35~37t程度ではないかと言われ、まだ少し採捕期間が残るので、最終的には40tも望めるかも?報告されました。また中国では、その他の種類が池入れされていて、南米ロストラータ種が13~14t。北米ロストラータ種が3~4t。更に追加池入れとして、5~6tが見込まれるようであります。尚更にアンギラ・アンギラ種もモロッコ・エジプト経由で池入れされているらしいと聞きます。なお現在の中国の在庫活鰻数量は、ジャポニカ種で2万t。ロストラータ種で5万t。と想定され(中国側からの報告)また加工品に対しては、相当数が既に入荷されていますが、このところの大幅な円安の影響を受け、逆ザヤの幅が大きくなっている為、新たな輸入は非常に厳しいと言われました。更には加工品だけでなく輸入活鰻に於いても円安の影響は大きく、急騰相場となっています。しかしながら、且つての台湾がそうであったように、海外の生産池の懐具合もこの2年のシラス豊漁で奥が深いようでありますので、実際にこのコロナ下の環境に於いて産地の蓋を開けて見ないと分からないようであります。真実は、これからの鰻業界の業界足る所以(ゆえん)として現れるかと思います。さて、春雨が続く寒暖の激しい最近の天候ではありますが、このコロナ環境で無理なさらないようにお身体を労って下さい。

  • 28Mar
    • 迷える転勤族、サラリーマンの宿命かな。の画像

      迷える転勤族、サラリーマンの宿命かな。

      「会社は業務上の必要がある場合、配置転換を命じることができる」といったおおまかな定めであっても、配転命令権の根拠として認められることになります。具体的には、会社の配転命令権が認められ、従業員は転勤命令に従う義務があるということになるでしょう。また、契約書や就業規則に転勤について明記されていなかったとしても、会社が全国展開をしており、支店への異動が予想でき、かつ、労働契約に、勤務場所を特定する合意がない場合にも、配転命令権が認められる可能性があります。サラリーマンの宿命でありましょうか?ようやく赴任した現地に慣れてこれから花が咲くかと思われた矢先に、辞令の転勤であります。会社からの要望では、現地に赴いて「しばらく修行して精神を鍛えて来い」とのお達しではありますが、悲しい定めであります。当社の周りでも、沢山の人達がこの桜の咲く頃になると、転勤と称して移動になります。特に金融関係に携わる人達は、遠い近いに関わらず、移動も多いようであります。その中に、単身赴任も多く存在すると思いますが、そう言う私も長い単身生活をして来ました。更に、付け加えると転職もして来ました。今になれば、運命だったと思わずにいれませんが、結果として、「うなぎの商売」からは外れずに、うなぎ一筋でここまで来た様な結果であります。結婚して子供が出来て、家を建てたら転職なんて、そんな境遇にあって昭和の時代を生きて来た人達は数知れずでしょうか。このコロナ下で環境が大きく変わり、転勤を拒否して「好きな所で一生暮らす」と言うのも、これからは有りかもしれませんね。このコロナ下でお付き合い頂いた、銀行の支店長もこの春に転勤の通達が来たと連絡を頂きました。また、このコロナ中で東京に単身赴任で転勤になった若者が、ようやく静岡に戻って来たと報告がありました。人生色々でありますが、男は黙って新天地に赴いて頑張るだけですね。さて我らがシラス鰻は、高値に張り付いて暗澹としているかと思いきや、朗報がありました。業界紙に依りますと、中国のシラス採捕が好調で、現在の採捕量が全国で31tを越えているとあり、更に採捕実績が増え、40t越えも可能かと思われるとありました。但し、日本の池入れは現在12tを越え、15tを越える辺りで終了かと、ありました。国内産は少ないかと思われますが、海外産が出来るだけ豊富にあれば、我々としては願ったり叶ったりであります。これからの採捕量をしっかりと捉えて、このコロナ環境に打ち勝つ努力をしたいですね。

  • 11Mar
    • 開花待ち!の画像

      開花待ち!

      春先の季節は、三寒四温と移り変わりが激しい気候に見舞われます。寒暖の差が余りにも大きいと、歳を重ねるに連れ、身体が何処となく不調であります。まして、このコロナ下の不健康も手伝い、加速的な衰えを感じて終います。昨年も同様でしたが、やはり、運動をする事が重要であります。出始めた桜を眺めながら、お茶の畑をぶらぶらと散歩して、少しでも体力の持続を願いながら歩いています。また最近は独断と偏見でゴルフの予約を取り付けて、家族を引き回しています。誰とでも気兼ねなくプレイが出来たら、本当に嬉しい限りでありますが、この静岡県の封建的な保守的な考えの下に、かなり束縛されながら我慢しています。さて、今日は孫の宮参りで島田の大井神社に来ています。二人目の孫を出産して、ほぼ一か月であります。孫は「来て好し、帰って好し」と言われますが、流石に孫の運動量を考えると、年寄りは付いて行けません。特に男の子は、テレビの周りで跳ねて騒いで動き回るので、非常に疲れます。且つての学友が嘆いていたのが理解できました。しかし、今度の孫は、女の子でした。色々なことを言っても、本当に可愛いですね!世話をしている女房は非常に大変かと思いますが、いつまでも実家に居て欲しいと思ってしまいます。  さて、シラス漁も終盤に来ましたが、ある業界紙によると、東アジアで採捕量が21tに達し、日量400KG程が獲れていて、少しシラス価格も弱含みであると聞きます。しかしながら、中国はこれからが本格的な池入れでありますので、更に一段と下げる程に捕獲量が増えて欲しいと思います。またロストラータ種が既に15t程、池入れされたとの情報もあります。また、本年は捕獲が一か月程に遅れているのではと言われ、これから本格化すると見られる期待もあり最終的に、30tを越える展開もあるのではと思われているようであります。但し日本に池入れされた数量は早期が4t、残りが6t(3/11現在)でありますので、本年の土用の丑に間に合う活鰻出荷は少ない、凡そ2,000t程度と予測されています。またシラス池入れの単価が高かったので、池揚げ相場が5、000円/KGでも採算に合わないと聞きます。尚、この様な傾向であれば、生産者の太出し出荷が見込まれますので、出荷時期も幾分か遅れて来るのでしょか。従って今夏は産地、銘柄を求めた場合は、活鰻の手当てが非常に厳しいと言われています。また、更に勢い余って海外産の相場の上昇が見込まれていますが、一方で、中国及び台湾の活鰻在庫数量も、この2年間のシラス豊漁後ですから予想も難しいかと思います。当然、彼ら華僑の商売人ですから、意外と想定以上に懐具合も豊富であるのかもしれません。しかし、万全な御用心だけは心掛けて欲しいと思います。

  • 09Mar
    • 昭和レトロ!の画像

      昭和レトロ!

      1990年代半ば以降に生まれたZ世代の若者に注目が集まっている。デジタルに囲まれて育ち、上の世代とは異なる価値観やライフスタイルを持つが、遠からず、それが世の中の主流となる。日経MJの新企画「Zの時代」では、先を読むマーケティングにとって避けて通れないZ世代の気持ちや行動を掘り下げる。<屋台のレトロな雰囲気を楽しむ若者たち(東京・渋谷の渋谷横丁)>     商業施設「MIYASHITA PARK」(東京・渋谷)の「渋谷横丁」には、スナックや居酒屋などの飲食店が雑多に軒を連ねる。昭和のクリーニング店などの雰囲気を生かした内装のフロアでは、老若男女が食事を楽しむ。ポスターは斜めにはられ、ゆるい生活感も味わえる。「ちょっとダサかったり、ゆるかったりするのが居心地の良さにつながる」。渋谷横丁を運営する浜倉的商店製作所の浜倉好宣社長は語る。「不便で不完全だから、愛おしい昭和」幼い頃からスマートフォンなどデジタル機器が身近にあったデジタルネーティブのZ世代。昭和の時代にあふれたアナログのモノやサービスは、普段の生活から遠いけど、ちょっと身近に感じる非日常の世界だ。例えばアナログレコード。傷があると音が飛んでしまうレコードは、デジタルの音楽配信と比べると不完全で不便なもの。音楽配信は、何度も同じ音質で楽曲を再生できるが、レコードはその時の状態で音の聞こえ方も変わる。デジタルの世界にはない、一期一会の出合いを楽しめる。「コロナ禍で「自分の時間が止まった」昭和レトロブームには、新型コロナウイルス禍の影響もありそうだ。学生生活が制限されるなど、「自分の時間が止まったという感覚を持っている若者は多い」。未来への閉塞感を覚えるZ世代の気持ちが、活気あふれた昭和への羨望にもつながっている。人工知能(AI)のお薦めで、嗜好に合った最新のボカロ曲や動画を楽しむZ世代。令和も平成も昭和も関係なく魅力的なコンテンツならば、同じように楽しむ。デジタルの生活が、遠かった昭和を身近にした。「昭和の風景に若者の気持ち」一方でスマホでいつでも、どこでも友人とつながるデジタルの生活に若者が疲れているとの指摘は少なくない。「無理なく、自分らしくヘルシーに生きたい気持ちが強まっている」                 日経電子版 抜粋昭和のレトロの時代とは、昭和で生まれ育った、おじさんとしては当たり前の時代背景でありますが、便利になり過ぎて、現在の若者が暗中模索しているとは・・・・。しかしこの疲弊したコロナ環境下であれば、昭和時代を顧みて頷く点もたくさんありそうであります。我らが鰻屋さんは、どちらかと言うとスローフードであります。腹が減って注文しても直ぐには出て来ませんから、暫く我慢していなければなりません。丁度、昭和の時代に合った食物かもしれませんね。こんな若者が、うなぎ屋さんに押し寄せてくれると嬉しい限りであります。昭和時代と言われると、ウナギの買い付けに行った中国を思い浮かべます。行き慣れた台湾とは異なり、言葉も通じず、遥か遠くの異国に居るような錯覚でした。埃紛れの街角の中華店で、とても日本人が食べられない食事を出されて、テーブルを前にして空っ腹で過ごした日々が昨日のようです。当時は冷蔵庫も無い有様でしたから、飲む水も心配で、店頭に置いてある温まったビールを飲みながら、現地の人達と買い付けるウナギの話をしました。それでも仕事だからと割り切り、汚れた街並みのホテルに宿泊していました。しかし、経済が豊かになると一流のホテルが乱立するようになり、高級なホテルに泊まり、食事も美味しい中華料理を味わうことができました。特に飲茶・点心は大好きな料理となりました。風情のある中華店で、丸いテーブルを囲んでプアール茶を飲みながら食べる朝食は嬉しさの極みであります。多くの会話が響く喧噪の中、感染に惑わされずにゆっくりとまったりと料理を味わいたいと思います。さて、シラス採捕も残り僅かになりました。大方の予想通り本年は不漁でありました。現在、日本が9.3t、中国が5t、台湾が0.5t、韓国が1.2t(4/4現在)凡そ、16t。最終的には、日本、10~12t、中国10t、台湾1.5t韓国3t、合計24.5~26.5t程は池入れされるのではと想定しています。現時点では、これからの中国の捕獲量に期待するしかありません。かつては韓国産、北朝鮮産とシラス鰻の採捕が期待できましたが、最近はさっぱりであります。最近、風の便りで、エジプト、ナイル川の天然うなぎがEUに輸出されていると聞きました。かつては日本でも輸入したと思いますが、そろそろ、銘柄を外したウナギでも好いように思いますが、如何なものでしょうか。中国にはアメリカ産ロストラータ種のウナギが多く養殖され、ジャポニカ種に近い味の鰻になったようであります。既に加工品での輸入の多くはロストラータ種であります。活鰻での輸入には強い抵抗があるようでありますが、今後の情勢によっては少し検討する余地があるかも知れませんね。

  • 18Feb
    • 如月のぽかぽか陽気!の画像

      如月のぽかぽか陽気!

      つい暖かさに誘われて、このコロナ感染下でのお出掛けであります。2月から3月上旬は三寒四温と言われるように、暖かい日と寒い日が交互に訪れます。丁度この日は暖か陽気で、孫を連れて久能山の苺🍓買いと清水港から富士山の眺望を楽しみに出掛けました。何度見ても富士山は優雅で惚れ惚れします。さて、シラス鰻の池入れが遅々として進まないようであります。それでも国内の池入れは8トン程と聞きます。想定の20トンまでは、まだまだでありますが、生産者の高値相場買いは一段落して、現在は200万円辺りと聞きます。平均250万として8トンでありますから、既に日本だけの生産池に200億円が投下された事になります。末恐ろしい金額であると驚きます。毎年、毎年一喜一憂しながら、シラスの捕獲量と価格の行方を追い掛けていますが、流石に本年は安閑としてはいられないと緊張してしまいます。一説では国内産活鰻の在庫薄と、それに付帯する海外産相場の上昇と、先行き不安な展開が予想されます。豊漁が2年続いた後の翌年であっても、需給バランスが安定しないとは、些か不思議に思われますが、この巣籠もり需要で大幅に消費量が伸びたと言えるのでしょうか。我々活鰻問屋では想像し難い事態であると思われます。しかし一方でジャポニカ種の隠れ在庫が豊富にある、という情報も聞かないので、常々の供給パイプは更に太くしていく必要はあるかもしれませんですね。さて、北京冬季オリンピックも残すところ後3日、2月20日(日)に閉幕となります。閉会式は夜の9時から国家体育場「鳥の巣」で行われます。コロナ感染下でありましたので、首都北京市内の様子はあまり見る事が出来ませんでしたが、近代化された壮大な都市の姿が目に浮かびます。感染が落ち着いたら一度、出掛けてみたいと思います。富士山の南隣にある愛鷹山(標高1,504.2m)日本百名山。が薄っすらと雪に覆われています。稀に見る景色であります。また、伊豆の天城山(1,406m)も雪を被っていました。尚、これからも寒い日が続きます、お身体ご自愛下さい!

  • 20Jan
    • 大寒(1月20日木曜日)の画像

      大寒(1月20日木曜日)

      寒い日が続きますが如何お過ごしでしょうか。いつも歩く散歩道から少し離れた公園で、今日は家族で昼食であります。このところ、女房も食事を作るのに厭きているので、途中で大きなピザを購入して、一家団欒のピザパーティーです。富士山が誠に綺麗に見えます。その分、空気は澄んでいて風が強く、眺めているだけで寒くなります。今日、1月20日は大寒であります。「冷えることの至りて甚だしきときなれば也」一年で最も寒い時期であります。また、2月4日は立春「春の気立つを以って也」と冬が極まり春の気配が立ち始める日とあります。立春は冬至と春分の中間に当たり、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合はこの日から立夏(5月5日)の前日までが春となるようであります。最近は毎日のオミクロン株の感染拡大のニュース報道で、驚いています。寒くて動けないばかりでは無く、感染の爆発で家籠りであります。里帰りの娘が、どこか気を緩めるところに行きたいと言うので、風のない、まわりが茶畑と竹林に囲まれた今井信郎、家屋敷跡に来ました。早いですね、河津桜が咲いています。さて、業界新聞情報によると、日本の池入れ数量が今月内で4トンを越えそうだとありました。先物シラスが少しでも池入れされてくれれば、夏場の需要期には新物として間に合いそうであります。しかし、シラス相場の高騰で活鰻相場も高値到来となりそうであります。何とも、起伏の激しい我々の業界であります。土壇場で一喜一憂することが無いように、少し先を見込んで早く対処する必要があるかもしれませんね。尚、この閑散期でも活鰻相場がまた一段と強含みだと聞きます。諸物価値上がりの折に、この上昇相場、困ったものです!富士山の眺望も3月迄ですね。久能山の🍓いちごと同じで、時季を過ぎれば霞んでしまいます。いつまでも雪の富士山が見えるとは限りません。悪しからず!

  • 14Jan
    • 大井神社(島田市)に初詣!の画像

      大井神社(島田市)に初詣!

      正月2日に初詣に来たところ、長い行列で人が一杯でした。それで後日に伺い、神棚と地の神様の御札を貰い、また交通安全と身体のお守りを頂きました。千葉県佐倉市に住んでいた時は、成田山新勝寺に参拝していましたが、最近は島田市の大井神社に来ます。生まれ故郷の慣れ親しんだ神社の参拝ではありますが、ご利益がたくさん頂けるようにお祈りしています。丁度、おみくじを引いたところ、女房とふたり「大吉」でした。何事にも焦らず、ゆっくりと対処するように、また急いて事を進めるべからずとありました。昨年の大河ドラマの渋沢栄一の名言ではありませんが、「どんなに勉強し、勤勉であっても、上手くいかないこともある。これは機がまだ熟していないからであるから、ますます自ら鼓舞して耐えなければならない」今はそんな心境であります。大井神社は3年に一度行われる日本三奇祭のひとつ「島田の帯び祭り」の舞台であります。大井川の上流・川根本町大沢から流着したという伝承を持ち、しばしば氾濫する大井川沿岸を中心に74社あったと言われる(現在46社)土地を守り、子孫繁栄を祈ったのが最初と考えられ、島田大井神社は江戸時代には「大井大明神」として仰がれ島田宿の氏神、また旅人の守り神として信仰され3柱の女神様が祀られている事から、安産の神として女性からも信仰されて来ました。川越えの安全を守る神は近年、交通安全の神として信仰されています。御祭神、水の神「彌都波能売神」みつはのめのかみ。土の神「波邇夜須比売神」はにやすひめのかみ。日の神「天照大神」あまてらすおおみかみ。が祀られています。ちょっとひと走り、久能山🍓いちご買いに出掛け、清水港から富士山を眺めて見ました。本来であれば、孫一同を連れて、久能山いちご狩りを楽しむ予定でありましたが、オミクロン株の爆発的な感染に慄いて、店頭で購入して帰りました。この寒い時期に食べる、久能山の🍓は本当に美味い!是非、行ってみて下さい!さて、随分と寒くなりましたが、皆さま如何お過ごしですか。日本でのシラス漁が芳しくないと聞きます。また海外は潮の遅れはありますが、平年並みに獲れそうだとも聞きます。一昨年、昨年と比べると捕獲数量は減るようでありますが、これからの後半のシラス採捕に希望を持ちたいと思います。だだ、シラス不漁の情報が流れると、生産者が浮足立って相場の高値価格を要望する動きが加速化されます。需要と供給の接点が、活鰻相場に大きく反映し易い環境ではありますので、これからは供給不足もあり得ると想定しながら仕入を構築して欲しいと思います。この業界「もうはまだなり、まだはもうなり」が蔓延ることが多い環境でありますので、ご注意の程。

  • 05Jan
    • 2022年、明けましておめでとうございます。の画像

      2022年、明けましておめでとうございます。

      さて、我が家は久々の騒々しさに明け暮れた正月でした。暮れから孫三人と婿一人、娘二人と長男の合計、9人家族で過ごしました。元来女房との二人の生活でありましたので、書斎に布団を運び、如何にか全員が寝られる準備が整いました。この孫三人が男の子でありますから、騒々しいこと華々しい。飛び跳ねること抑えられず、息が詰まってしまいます。それでもコロナ渦の中、楽しい我が家であります。仕事初めで疲れている中で長男が一言、折角実家に帰って来ているのであるから、お相手をしてあげなければ、と申します。嬉しい言葉であります。しかしこの私は、さすがに疲れますので、時間になると布団に入って寝て終います。歳には敵いませんですね!また正月3日に、二番目の娘婿と家族三人でゴルフをしました。静岡CC島田コースであります。大晦日と元旦は非常に寒い日でしたが、3日は昼間の気温が12℃で温かでした。婿は初めてでありましたので、気遣いと歩き疲れで、好い思い出になったでしょう。これを機会にゴルフプレイに勤しんで、家族一同でゴルフ旅行に行けるようになってくれたら好いな!と思います。私は暮れから婿に必死になって教える傍ら、自分も毎日練習場に通った成果が出て、後半のアウトコースでバーディーが二つも出ました。嬉しい誤算でありました。折しも会社のコンペ、いっぷく会に宮世話人で参加できず残念でしたが、今年は正月から好い事が続くような予感がします。久しぶりに年末ジャンボ宝くじを購入しましたので、もしや🎯当たりが!であれば好いのですが・・・。さて、シラス採捕の朗報が届けば嬉しい限りでありますが、如何なものでしょうか。風の便りに聴く情報は、活鰻相場の上げムードばかりで残念ですが、ここしばらくは安値低迷でありましたので、急激な高値を追いかけないような状況で進んで欲しいと願います。また、オミクロン株の感染拡大も抑えられない状況になって来ていますので、慎重に先行きを見守って行きたいと思います。これからもご愛顧の程、宜しくお願い致します。

  • 28Dec
    • 年の瀬、到来!の画像

      年の瀬、到来!

      急激な寒さの到来であります。皆さま、お身体の調子は如何でしょうか。日曜日は、早朝から神社の飾り付けと大掃除でありました。枯れ葉を箒で掃き、ごみ袋に落ち葉を入れ、神社境内の飾り付けを施して漸く新年をお迎えする準備が整いました。後は門松を立てて、準備万端正月を迎えます。町会の宮世話人でこの31日と元旦は当番役であります。本来であれば、12月31日は恒例の「いっぷく」ゴルフコンペでありますが、初めて欠席になりました。その代わりに女房と息子が頑張ってくれると思いますが、31日と1日(元旦)は猛烈に寒いような天気予報でありますので、防寒対策は完璧に行って参加して欲しいと思います。私も寒い神社での飾り付けと新年のお祝いですので、完璧な防寒支度をして、行事に参加します。一昨日は嬉しいニュースがありました。このところコロナ感染で帰れなかった娘達が、事前にPCR検査を各自行って、静岡に里帰りしました。男だけの孫三人でありますが、久しぶりに眺めた顔は、凛々しくなっていました。しかし、孫の三人が集まると直ぐに喧嘩となり、いままで静寂な我が家は、物凄い喧噪の世界になります。ホンに「孫は来て好し、帰って好し」と言われますが、本当に言葉通りの様相であります。さて、慌しい年の瀬ではありますが、SARSコロナウイルス2-オミクロン株の感染の急拡大に新たな恐怖を抱いている昨今であります。この2年は只管感染防止に心掛け耐えに耐えての日々でした。そんな怯えた環境でありますが、まだまだ、ヴィズコロナ(With corona)は長期化するようであります。飲む特効薬が出来ているようでありますが、これだけ束縛されると如何せん!参ってしまいます。できる限り早くこのコロナ地獄から解放して欲しいのは、全ての国民の願いではないのでしょうか。来年度、寅年は本当に良い年になって欲しいと願います。さて、シラスウナギの採捕は大不漁も不可避の状況と言われ始めています。本日、12月28日は旧暦では11月25日になります。また来年の1月3日(月)が闇夜の大潮となります。この大潮でシラスウナギ漁の朗報が聞けなければ、日本の短年生産の養殖者は厳しくなります。はしりで養殖される必要な数量は1~3t、夏場を睨むと5トン程度は必要になるかもしれません。ここのところ豊漁が2年続きましたので、本年は不漁かも?と言われたように厳しい状況であります。このコロナ環境下でもウナギの消費は検討しているので、安定期な供給が途切れないようにお祈り申し上げます。本年一年、当社、駿河淡水株式会社をご支援頂き、誠に有難う御座いました。気ままに書いているブログ「ほっといっぷく」「一握の砂」でありますが、また来年も会社同様にご愛顧の程、宜しくお願い致します。非常に寒くなっております。尚、この年末年始は寒波到来と予報されています。お身体ご自愛頂き、新しい年をお迎え下さい!

  • 09Dec
    • 夏終わり、早くも初冬!の画像

      夏終わり、早くも初冬!

      最近は暇を見付けては、家族でゴルフ三昧であります。そうは言っても、年寄り体力に問題がありますから、月3回位が関の山でありますが、これが結構楽しみであります。このコロナ感染から、ゴルフ仲間とのプレイも、業界のゴルフコンペも無くなり、ただ只管散歩のみでありましたが、ぽっと灯が付いたようにスループレイで回ります。最初は体力的な問題はありましたが、最近は慣れて休憩なしで回ります。家族の談話もゴルフの話題が多く、昨今は指南されることが多くなりました。しかしながら、適度に身体を動かすこのゴルフはスコアーに関係なく楽しめます。最近、日本鰻輸入組合のゴルフコンペが千葉県の太平洋CC市原コースで行われました。優勝は佳成食品の山口薫社長でしたが、久々に遠方まで出掛け、大雨の中車を走らせて奮闘しました。初めてのコースでしたが、流石に名門だけあって、大雨が降った後でも楽しくプレイが出来ました。その後、帰りに新橋のJRのガード下にある、うな富士さんで「ひつまぶし」を食べて静岡に帰着しました。流石に美味しかったです。関東風にない、甘みのある炭焼きの香ばしい「ひつまぶし」でした。洒落た雰囲気の線路下にあるお店で、しばし満喫しました。日比谷公園の駐車場に車を置きながら、東京の街を闊歩しましたが、田舎者は大都会に刺激を頂いて感激しました。尚歩く都会の雑踏は混雑していました。それでも、色々と挑戦したい街であります。

  • 24Nov
    • 赤富士が見える!の画像

      赤富士が見える!

      大井川沿いから富士山の一瞬の姿を狙って赤富士を撮りました。何度行っても撮れるチャンスが少なくて、撮れて満足しています。さて、脅威であったコロナ感染も落ち着き、ひと夏も終わりを告げるように徐々に肌寒さを感じています。ようやく会社の決算も終わり、しばしの(^。^)y-.。o○いっぷくであります。また例年、この11月に売上計画を練ります。昨年の資料を参考に今期の予想を組み立てます。我々の業界は、先ずシラス鰻の動向が第一優先で、シラス鰻の採捕量によって相場展開が大きく異なります。今年はシラス鰻漁解禁前から、台湾の韓玉山教授(台湾大学)の「歴史的なデータからして三年連続の豊漁はない」とする見解が先行して、養鰻業者が浮足立っているようであります。その為、海外現地の養鰻家に売り惜しみ傾向があるようだと言われています。我々も「三年目の奇跡になれ!」と祈りながら、それでも平均相場は高めを想定しました。後はシラス鰻の採捕量如何ではありますが、参考まで11月の新月の大潮のシラス漁は空振りだったようです。今後は12月5日の新月の大潮、1月3日の新月の大潮あたりが大いに期待されるところでありますが、ただ心配は旧暦から暦を見ると、12月5日は旧暦の11月2日、1月3日は旧暦の12月1日となりますので、俗に潮が若いと言われるようであります。尚、中国では池在庫に2年分のジャポニカ種及び異種うなぎも十分にあって、当分供給は心配ないのでは?と思うのでありますが、・・・・・何せ華僑でありますので、商売はやはり一枚上手なのでしょうか。ここのところ、このコロナウイルス感染の影響で、往来がしばらく途絶えた我々の業界ではありますが、マスク越しに相手を見ていると本来の顔を忘れてしまいます。営業に来て頂いた方々も、最近はマスクを付けた顔は記憶にあるのでありますが、マスクを外すと意外な記憶の曖昧で困ってしまいます。昨今のテレワーク活用重視と言われても、やはり生身の人間でありますので、生で見る顔が一番好いですね。久しぶりに孫の顔も生で見てみたいものであります。

  • 06Oct
    • 第100代内閣総理大臣に岸田文雄氏が就任!の画像

      第100代内閣総理大臣に岸田文雄氏が就任!

      自民党総裁選で、前評判で有利であった河野太郎氏を破り、岸田文雄氏が総裁に選ばれました。従い、菅義偉内閣は4日の臨時閣議で総辞職されました。昨年の9月16日に発足してから1年余り。新型コロナウイルス対応の遅れと菅首長の発信力の不足から批判が増長して、内閣は384日、戦後12番目の短命で終わりました。更に、衆議院議員の任期満了により、今月14日に衆議院を解散し、19日公示、31日投票総選挙となりました。岸田文雄氏は、1957年7月29日生まれの64歳、衆議院広島第1区の選出の議員であります。前回総裁選に敗れ、今回は満を持して立候補して来ました。噂では、政界は「魑魅魍魎が跋扈する世界だ」と聞きますが、老獪な政治家に流されない開襟された新しい政治を行い、現在の癒着を打破し、更なる進歩がある国政にして欲しいと願います。さて、いつまでも続く暑さであります。天高く馬肥ゆる秋とは言え、10月に30度越えとは、流石に愚痴も多くなります。最近は晩の食事に揃う「おかず(御数・御菜)」が決まらず、女房も頭を痛めているようであります。二人で食べる時は、至極簡単で好いのでありますが、息子が加わるとやはり品数を選ぶようで、やはり母親のプライドがあるのでしょうね。「お父さんは大して食べないから好いの!」と邪見に扱われ、何故か肩身の狭い思いになりますが、歳を取って多少の病気があると、そこには女性の労りがあるのでしょうか、長年の付き合いがあって、アンウンの呼吸で納得してしまうようであります。最近、新秋刀魚が店頭に出ております。まだ高値ではありますが、ついついと選んでしまいます。さて、久しぶりに静岡カントリー浜岡コースに出掛けました。まだ少し暑かったですが、気持好くゴルフが出来ました。昨今は、早朝、飯抜き、風呂無し、休憩なしのセルフプレイですが、至って充実しています。それでも自宅に帰ると、疲れはドッと出ますが、それなりに快感があります。これからは絶好のゴルフ日和であります。スコアーはさて置き、ゴルフ場を歩くのも好いですよ!

  • 17Sep
    • 「雲浄くして妖星落ち、秋高くして塞馬肥ゆ」の画像

      「雲浄くして妖星落ち、秋高くして塞馬肥ゆ」

      人間万事塞翁が馬、人間の吉凶、禍福は変転して予測できない。従って安易に喜んだり悲しむべきではない。まさに、このコロナ感染に現れる環境の変化のようであります。さて、いよいよ自民党政権も混沌として、三つ巴、四つ巴の修羅場の様相を呈して来ています。政治の覇権争いが激しくなり、若手が台頭してくることは、必要不可欠であるばかりではなく、政治の活性化に大いに結びつくと期待しています。政権は自民党ばかりではありません。覇権、忖度、馴れ合いの政治では、この難局を乗り越すことは難しばかりだけでなく、現実は国民の生死が関わっているのでありますから、大いに慎重に次期政権を検討したいと思います。さて我らが鰻業界は、9月中盤となり、オフシーズンに入りめっきりと静かな展開であります。そんな状況にありながらも、大所の産地では、水面下で加工工場の稼働率が早くも進んでいるようであります。現在のところ、活鰻市況では国内産の荷余り感が無く、逆に荷足らずでありますので、現地での加工は更に加速していくような雰囲気であります。従って市場に出回る活鰻は海外からの輸入物が主体を占めている状況でありますが、一方、この度の台風到来と、海外便のスペース獲得に難問があり、搭載する貨物の奪い合いが起きていると現地から情報が伝わって来ています。従い、当社、また輸入商社は空いたスペースの確保に躍起になっていますが、かなり厳しい状態になっています。従い、この状態が続くと、活鰻の相場の上昇は致し方ないかと思われます。しかしながら、現在の緊急事態宣言の影響下の為に、大きな消費拡大は期待できないにしても、活鰻流通に混乱が生じる前に、海外現地で早急に対処されて欲しいと思います。さて、暑さ寒さも彼岸までと言われますが、今月23日が秋分の日であります。例年であれば、商売が(-。-)y-゜゜゜いっぷくして、鰻関連業者が集まって恒例のゴルフコンペの花盛りでありますが、流石にこの状態では声も掛かりません。当社の「優駿会ゴルフコンペ」も昨年同様にお流れで御座います。さて、一向にコロナ感染が治まらない中で、近頃のストレス解消法は、家内と息子を連れた早朝ゴルフであります。セルフ、休憩無し、飯無し、風呂無しの駆け足ゴルフプレイでありますが、流石に後半になると、それなりに疲れを感じてきますが、それでも気怠さの中、スカッとした気持ちで終わることができます。既にゴルフ歴だけが長くて一向に上達しませんが、今は唯一の楽しみであります。このコロナ渦が明けたら、愉快な仲間とプレイできるのを楽しみにしています。ところでゴルフ大好きな東京の大先輩は、このコロナ渦の中、如何お過ごしでしょうか。コロナ明けて、浅草のフグ料理を一緒に食べたいですね。

  • 03Sep
    • 残暑が厳しい、秋ですねえ!の画像

      残暑が厳しい、秋ですねえ!

      小國神社の御祭神は「大己貴命(おおなむちのみこと)」です。一般には「大国様」 の名前で親しまれており、神話「因幡の白うさぎ」で赤裸のうさぎを助けられたのもこの神様なのです。遠州の小京都とも称されるこの森町は四季折々の風景が美しく、3月下旬から4月上旬にかけては満開の桜が咲き誇り、5月下旬から6月中旬にかけては花菖蒲。そして、紅葉の時期には彩り鮮やかな木々たちが観光客の目を楽しませてくれます。先日、取り引き先である銀行の支店長が来社され、開口一番、このコロナ感染で息が詰まってしまうと漏らしていました。それで気分直しに、奥さんと小國神社に参拝して来たと言っていました。そう言えば、日野正平が自転車の旅の途中で、小國神社の境内にある川のせせらぎで視聴者からの手紙を読んだ事を思しました。早速に癒しの小旅行であります。暑さは猛烈で、日向を歩くだけで熱中症になる位でしたが、木漏れ日の日陰は其れなりに涼しく、川辺で遊ぶ子供達同様に暫し雑念を忘れさせてくれました。殆ど地元愛であります。さてさて、この残暑が厳しい秋の到来でありますが、我らが「うなぎ」は売れませんですね。このところの雷雨と大雨の悪天候で、それでいていきなりこの酷暑でありますから、老体には厳し過ぎます。引き続くコロナ感染拡大の恐怖もあり、更に熱中症の危険もあり、逃げる場所がない状態であります。こんな時だから、のんびりと何処か旅行したい!ホントに気兼ねなく、爽快な気持ちになれる場所と時間が欲しいです。とにかく、この環境を打開してくれる人が居たら、直ぐにでも「一票」投じます。自民党の総裁選の行方は如何なものでしょうか。

  • 20Aug
    • 静岡県、緊急事態宣言発令!の画像

      静岡県、緊急事態宣言発令!

      コロナ感染が既に抑えられない限界時点まで到達して来たようであります。このデルタ株は感染がアルファ株等の以前のウイルスよりも、感染力が強烈で重症患者になり易いようです。18日の静岡県下では、590人の新規感染者がありました。現在、全国の一日の新規感染者は2万3,916人、重症者は1,765人、自宅待機者が7万人程居るようであります。日本政府も慌ててコロナ対策を打ち出してはいますが、どうも後手に回っているように言われています。またこの先にパラリンピックが開催されますが、こんな環境で本当に大丈夫なのでしょうか。更に新たなラムダ株(南米ペルー由来)が日本でも確認され、ワクチンの中和抗体を弱める特性があると言われています。東京オリンピック前に、感染症専門の科学者が、統計的な感染数字を羅列していましたが、実際にそれ以上の急激な感染拡大かと思われ、恐怖に慄いてしまいます。また連日に報道される待機感染者の状況を画面に映し出されると、明日は我が身と思わざるを得ません。医療従事者も大変なご苦労をしていると思われますが、早く暗黒の闇から助け出して欲しいと願うばかりであります。さて土用の丑も過ぎ、お盆も終わりました。コロナ蔓延で動きが取れない中にあって、更にこの降り続く大雨で、異常気象と云うよりは異常環境であります。自宅の窓から外を眺めながら、庭の草がいつの間にか伸びてしまっている事に気が付きますが、身体が草を刈ろうとか取ろうとか直ぐに動きません。漠然とテレビ画面を眺め、土砂崩れとコロナ感染のニュースを聞いています。本来であれば、ひと仕事終わった安堵感と開放感があるのでありますが、肩の疲れと気怠さがいつまでも抜けません。それでも天気の頃合いを見ては、登山靴を履いていつものコースを散歩であります。蒸し暑さと日の照りで、汗ダクダクになりますが、自宅に帰り着くと其れなりに爽快であります。歳を重ねるとはこんな事なのかもしれませんね。  さあて、皆さんは土用丑、お盆は如何でしたか。活鰻の販売に関しては、西高東低であったように思います。昨今は西が高く、東が低い傾向は相変わらずでありますが、これも「ホンのひととき」であります。意外と旬を愉しむ習慣は西の方角(静岡県から見て)が根強いのかもしれません。特にオリンピックは無観客でありましたから、東京の飲食業者は残念ですが、大いに盛り上がりに欠けたのではないのでしょうか。

  • 02Aug
    • 波乱な幕開け、東京オリンピック!の画像

      波乱な幕開け、東京オリンピック!

      波乱尽くめとなった東京オリンピックの開会式でありました。また、このコロナ感染拡大の中、無観客の簡素な開演式でありましたが、厳かでまたユーモアがあり、流石にアッと驚くパフォーマンスは少なかったですが、温か味のある演出であったと思います。開会前から、この東京オリンピックは国民の総意が十分得られず、開催を優先するあまり、政府の二枚舌に翻弄されたように思われましたが、映像に映る205ヶ国の選手団の行進を観ていると、このコロナ感染渦が非常に悔やまれます。日本国政府の意向で開催された以上は、日本人の民度を十分アピールして、尚且つ菅総理が語る、コロナ感染の安全と安心を十分に心掛けて、価値あるスポーツの祭典にして欲しいと願うばかりであります。さて、我らが毎年のオリンピック「土用の一丑」は、本日28日が本番でありました。台風二つの到来と都内のオリンピック交通規制も絡み、不安絡みの船出ではありましたが、無事、土用の丑も終わり、とりあえずは一息であります。丑前後は、真夜中の搬入が続いていたので、これに従事してくれた社員及び関係者には深く感謝であります。この「土用の丑」は、3年経験しないと一人前ではないと言われていますが、まさに波瀾万丈の祭りごとであります。要因は短期決戦でありますので、販売量・仕入量・単価・品質、これに天候、更に輸送と尚且つ、「生鮮魚類」である条件が付き、予想以上に肉体的及び精神的に疲れます。これは我々産地問屋だけでなく、鰻に携わっている人達すべてに言えることでありますが、老体に鞭打って限りなく頑張っている人達を見ると頭が下がります。まさにウナギ屋さんのオリンピックであります。いよいよ8月到来!あと残るは、お盆であります。しかしながら、このコロナ感染拡大で、「帰ってくるな!お盆休み」であります。オリンピックも重なり更に複雑な気持ちでお盆を迎えそうであります。

  • 08Jul
    • IOCバッハ会長来日!の画像

      IOCバッハ会長来日!

      国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が8日昼、来日した。ホテルで3日間待機した後に23日に開幕する東京五輪に向けての準備を本格化させる。8日にも開催される大会組織委員会や都、政府などとの5者協議では、観客数の上限について改めて議論する。バッハ氏もリモートで参加するとみられる。菅義偉首相は8日、新型コロナウイルス対策として東京都に4度目の緊急事態宣言を発令すると決める。発令時では最長の6週間とし、飲食店に酒類提供の停止を求める。当初はまん延防止等重点措置の延長にとどめる案があった。都で7日の新規感染者が900人を超えたのを受けて転換した。7日夕の首相官邸。事務方から都を宣言に格上げする案が示されると、首相が口を開いた。「これで最後の宣言にしよう。さらに延ばすことはしない」。酒類提供の一律停止を求める厳しい措置が異論なく決まった。  首相が宣言発令に転じた背景にはワクチン接種への期待もある。政権は7月末までに接種対象と見込む人口の4割が少なくとも1回の接種を終えると分析する。政府高官は「8月22日までには2回接種の人口が4割に達するだろう」とも指摘した。感染を抑えながら接種を広げ、新規感染者や重症者の増加抑制を狙う。与党内では9月前半にも首相が解散に踏み切るといった見方が濃厚だ。「解散はコロナの収束に一定のメドをつけてから」。こう言ってきた首相に残された時間は2カ月あまり。コロナ対策は時間との戦いになりつつある。 日経電子版。混沌として来た、昨今のコロナ状況と政権覇権争いであります。そんな中にこの東京オリンピック開催の立ち位置が存在してきているようであります。我々国民はジッと政治家の発言を見守りながら、大方、国民の6~7割以上が「不満と不安でいっぱいだ」と思います。通例であれば、国を挙げて行うオリンピックに期待と喜びを国民一丸となって表すのでありますが、流石に両手を挙げて開催を祝うことに賛成するには、遅過ぎたようであります。本来であればもう少し国民の意思に耳を傾けて頂けるのであれば、あと少し時間の猶予が欲しかったと思います。ここに来ては、今は只、東京オリンピックが平穏で無事に終わってくれる事を祈るばかりであります。さて、東京オリンピック開催にあたり、我らが土用の丑も5日後の28日(水)になります。また、開会式が行われる23日(金)の前日、22日(木)が海の日の祝日、当日23日(金)がスポーツの日で祝日となります。従って、22日~25日まで暦の上では「4日間の長期連休」となります。土用の丑当日まではまだ少し時間があるのでありますが、活鰻の搬入、または販売等を考えると非常に厳しい環境であると思われます。凡そ、産地からの出荷は25日(日)、26日(月)がピークになりそうでありますから、全般的な荷動きが掴みづらい状況であります。またその期間の入荷と配送がひっ迫しないかと心配されます。当に「もうはまだなり、まだはもうなり」「人の行く裏に道あり、花の山」の緊急事態宣言下であります。従って今夏は暗中模索の状態であります。ご年配の皆さん、ワクチンの接種はお済でしょうか。昨今の抗体検査で、投与したワクチンの効果は95%から64%に低下したと報道されています。しかし、重篤率は93%で効果ありと言われますから、デルタ株に対抗するワクチンの製造に期待して「気長に待つべし」であります。それでも、ゆうに一年半は過ぎています。さすがに年寄りは自分の娘たちと孫の顔が見たくなりますね。

  • 25Jun
    • 日本から台湾へのワクチン供給!の画像

      日本から台湾へのワクチン供給!

      台北=中村裕】台湾の外交部(外務省)は25日、6月に続いて2度目となる日本からの新型コロナウイルスのワクチン提供が決まったことについて、感謝の意を示した。約100万回分が提供される。「台湾と日本は古くから困難な状況に陥った時はすぐに支え合える関係にある。改めて感謝を申し上げる」との声明を発表した。日本は台湾に対し、前回と同じ英アストラゼネカ製のワクチンを7月中旬までに提供する。日本から台湾に提供するワクチンは計224万回分となる。前回提供した124万回分のワクチンの接種は15日から始まった。ただワクチン不足は大きく解消されていない。人口2360万人に対し、確保したのは600万回分弱。接種率も約7%にとどまる。     日経電子版台湾と日本の関係は言葉には表わせない程の深い歴史があります。我々のうなぎ業界に於いては更に関係が深く、良き日本のパートナーでもあります。現在はうなぎの一大産地が隣国の中国に移りましたが、台湾産として活鰻・加工品等がなくては成らない存在であります。現在、日本でもこのワクチン接種が東京オリンピック開催を目前にして、加速的に投与が行われていますが、何分と思うような展開で接種が進まず、ようやく65歳以上の高齢者の一回目の投与が終わり二回目の順番待ちであります。また、一回目の供給が報道がされた後で早々に台湾の知合いから感謝の言葉を頂きました。かつて、好朋友!と肩を叩かれ、愛嬌良く笑う台湾人の諸先輩、こちらこそ感謝であります。この感染拡大下、更に変異株のデルタ株(インド株)の脅威を考えれば、一日でも早く投与されて欲しいと切実に願うばかりであります。それにしてもこんな状態で東京オリンピック開催とは、心配が募るばかりであります。2017年2月、台湾台南市の学甲区の養殖池。さて、東京オリンピック同様に、混沌とした東京都議選が本日公示されました。そして7月4日の開票でありますが、今回は不確定要素が多く情勢の見通しがしにくくなっているようであります。先日に行われた静岡県知事選も、無所属の川勝平太氏が圧勝して4回目の当選を果たしました。一方、自民党推薦の岩井茂樹氏は惨敗となりました。結果、自民党の支持率が大幅に下がっていることは明白であり、今後の奮闘が期待されるところであります。さて、うなぎの動向はと言うと、徐々に夏場の雰囲気を捉えて、結構好感触ではと思われます。専門店の動きはこのコロナの影響で制限されていますが、テイクアウト、通販、量販店販売では動きが活発になっていると聞きます。特に指定銘柄(国内産)は活鰻での流通に乗ることが少なく、吸い込みの良い加工工場に引き続き納入されているようであります。この後の夏場の繁忙期は更に需要も上がり、貴重価値のある存在になるのかもしれません。輸入品に関しては今のところ安定ではありますが、このコロナ感染と東京オリンピックの影響から輸入通関及び流通に支障が生じなければと心配しています。

  • 10Jun
    • ワクチン接種規模拡大!の画像

      ワクチン接種規模拡大!

      政府は自衛隊が運営する新型コロナウイルスの大規模接種センターについて、接種を予約できる高齢者の居住地を全国に広げる。予約枠に多くの空きが出ているため、65歳以上の高齢者という対象は変えず、東京会場は首都圏の1都3県、大阪会場は関西圏の2府1県に限ってきた条件をなくす。政府が近く発表する。週内にも全国から予約できる態勢を整える。コールセンターを通じた電話予約も新たに始める。いまはインターネットでしか受け付けておらず、高齢者がスムーズに予約できないなどの問題が生じている。防衛省が9日に発表した午後5時時点の予約状況で、14~27日の接種分は東京会場で14万人の枠のうち11万7千人、大阪会場で7万人分に対し5万人の空きがある。予約開始から3日たって、なお8割が埋まっていない。いまは65歳以上としている対象年齢の引き下げも検討する。まずは基礎疾患がある人や高齢者施設で働く人に対象を広げ、64歳以下でも自治体から接種券が届けば予約できる仕組みを導入する案が出ている。政府は7月末までに、希望する全ての高齢者へのワクチン接種を完了させる目標を掲げる。自治体ごとに設ける接種会場に加え、自衛隊の大規模接種センターで接種回数を積み増す計画だ。日経電子版。本格的なワクチン接種の活動が進んでいます。現在は各都市、各地方に於いて接種待ちの順番が大幅に遅れている環境にあります。この接種の公平性を行う為に、年齢、基礎疾病、働く環境等がありますが、特に基礎疾病がある方達は感染に対する余裕がありません。出来るだけ速やかに投与できれば嬉しい限りであると思われます。先日、新聞の片隅に市町村で公平性を欠かない為に、ワクチンが到着していても、接種日を同じにするとありましたが、出来るだけ速く当事者に接種してあげて欲しいと思います。また、コロナが蔓延している時には田舎は感染が少なくて安心・安全かと思いましたが、テレビのニュースを見ると接種の地域格差が大きく、お年寄りがドッと押し寄せてしまうことは想像がつきます。紫陽花の花が咲く頃になると、毎年歳を重ねることになります。紫陽花の花言葉は「移り気」「浮気」「無常」とあります。また、「仲良し」や「家族団らん」のイメージを紫陽花に抱いている日本人も多いそうであります。さて、本日の電子新聞記事に空飛ぶ自動車の話題がありました。2023年頃には実用化できるかもとあります。自分が生きている間に空飛ぶ車を運転して日本の各地を旅する事が出来たら最高ですね。  さて、我らがウナギはこのコロナ感染渦の中でも消費が伸びているようであります。一般的には、スーパーの店頭、通信販売、ふるさと納税の選択商品等で売上を伸ばしていると聞きます。昨今の巣籠もり需要がこんなに大きな金額になるとはとても思わなかったでありますが、活鰻換算で17万トンも売れた時があったのですから、安ければ消費は伸びると言うことであります。最近の農林水産省の2020年(平成2年)度の国内活鰻出荷量は16,887tと報告されています。因みに2018年は14,990t。2019年は17,071tでありました。この数字で計算してみると、本年の国内産活鰻は16~17t位かもしれませんね。そんな風に想定すると、国内産銘柄のフリー玉は大幅に減少するのではと思われます。更に貴重価値も増して、益々高価に成り得る存在のようであります。

  • 21May
    • 「stretched thin」!の画像

      「stretched thin」!

      直訳すると「薄くストレッチされる」「薄く伸ばされる」で、「くたくたになる」「精神的に参る」「張り詰める」という意味で使われます。My nerves are stretched thin(私の神経は張り詰めている)We're stretched thin(私たちは、もういっぱい、いっぱいだよ)日本の医師組合などが相次いで東京五輪・パラリンピック開催の中止を、政府に求めた。「全国医師ユニオン」「東京保険医協会」といった、医療現場の最前線で新型コロナウイルスと戦う医師組織が立て続けに「悲鳴」をあげたことで、やっと日本の現状が伝わったのでしょうか。世界中に波紋が広がりました。Who has the power to cancel the Tokyo Olympics?(誰が、東京五輪をキャンセルできるのか?菅義偉首相は20日、アジアの政治・経済などについて討議する第26回国際交流会議「アジアの未来」(日本経済新聞社主催)に参加しオンラインで演説した。アジアの新型コロナウイルスの感染拡大に触れ「途上国を含め、安全で効果的なワクチンの公平な確保に取り組む」と表明した。新型コロナの現状を巡り「各国とも一進一退の状況が続く。重要な局面を乗り越える決め手はワクチンだ」と指摘した。また、夏の東京五輪・パラリンピックに関し「東日本大震災からの復興を世界に発信する」と説明した。「安全・安心な大会の開催に向けて万全な感染対策を講じ、準備を進める」と述べた。           <日経電子版>いま、この時期に我が国の総理がどんな言葉を発しても、この日本は「We're stretched thin」(私たちは、もういっぱい、いっぱいだよ。)ではないでしょうか。国民の全てが待ち望んでいた東京オリンピックではありますが、さすがに開催は難しい。この期に及んで国内のワクチン接種が加速されても、このコロナ蔓延の状況下で国民の安全を担保する事は難しいでしょう。遅くに失するとなりますが、清く開催を辞退する決断が必要であると思います。さて、大雨であります。早々の梅雨入りとは考えもしませんでした。願いは梅雨が早く明け、コロナが終わり、好天に恵まれた土用丑(7月28日)が来ることであります。その頃は年寄りのワクチン接種も終わって、コロナ感染も「いっぷく」しているのでしょうか。とにかく今すぐにでも動きたい衝動に駆られる事がたくさんあります。既にこの束縛が一年半以上も続いているのでありますから、このコロナ渦の犠牲者は感染者ばかりではありません。病気で最愛の人を亡くした方々や親類・血縁・先輩・友人にもまだ挨拶も焼香もできず終いであります。また鬱憤を晴らすような「ひとときの謳歌」もしたいと思います。こんな僅かな願いごとが叶うでしょうか。夢が膨らむ、梅雨時であります。