[番外]●青山 ミシュラン2つ星『ブノワ・東京』● | [渋谷&恵比寿]ランチ・ジャーナル

[渋谷&恵比寿]ランチ・ジャーナル

~渋谷・恵比寿のランチを中心に美食を探すフォトブログ~


テーマ:

 さて、以前予告 した
 青山のミシュラン2つ星店のランチの記事いってみましょう。


 じつはリコーさんとこんな企画

PhotoStyle


料理を美味しそうに撮る!PartⅡということで
食べ歩きブログも花盛りの今日この頃

私の場合の撮り方は、ということで今回は解説もいかせていただいてます。
興味のある方は、ぜひのぞいてみてください。


というわけで、この企画でリコーさんとお邪魔したのが青山のミシュラン2つ星店
フレンチレストラン&カフェ『ブノワ・東京』さん。


このお店の発祥はもう100年近くも前、パリにオープンしたビストロ『ブノワ』。
オープン以来、屈指の名ビストロとして、フランスはもとより
世界中の美食家たちに愛されてきたというお店。その味とホスピタリティを

継承しつつ、シャネルと展開する銀座の『ベージュ東京』でも知られる

フレンチの天才シェフ、アラン・デュカスの監修で2005年に青山に誕生したのが

『ブノワ・東京』さんです。

場所は246を挟んで青学の向かい側、[ラ・ポルト青山]の10F。

▼広い店内は見晴らし良し。ミシュラン2つ星とは言え、気取っているわけでも

 奢っているわけでもなく、肩の凝らない、いい感じのエスプリ漂う店内。

 今回はお昼の訪問でしたが、夜景が最高に綺麗な予感。
1

 ランチは3,000円のウイークリー・スペシャリテ(オードヴル+メイン+アイス

 クリーム+コーヒー)のほか、プリフィクスの4,500円、5,500円、7,500円の

 3種類のコースメニューがあります。今回は真ん中のプリフィクスコースを4人で。

▼この日はオフだったので、ランチのお供はシャンパン。
2

 お昼からこの状態は夢のようです。

▼そこへ籠いっぱいの焼きたてパン。何度でもサーブされます。
3

 焼きたてで美味しいのでいくらでもイケてしまいますが、ここはセーブしないと

 パンだけでおなかいっぱいという焼きたてマジックにハマる。ということでセーブ。

▼私は一応ここまで(×1回)。
4

 真ん中のコースは

 オードヴル2品+前菜+メインディッシュ+デセール+コーヒー。

▼で、オードヴルです。こちらは(確か)半熟卵とグリーンアスパラガスとポワロー。
5

▼サーモンの冷製パリジェンヌ風。
6

 美味しそうですね。しかし私は撮る役なんで食べてません。  (←うそ)

 というか、4人で計8種類のオードヴルが出てきたので、これは私ではない

 誰かさんの胃袋へ。いや、それどころか

 「私は撮るだけでおなかいっぱいになってしまいますから、どうぞ私の分も、よろ

 しかったらみなさんで」と言ったような言わなかったような…  ←(言ってない)

▼こちらもオードヴル。季節の地野菜サラダ、クルミとオリーヴのヴィネグレット
7

▼これは確か冷製ローストビーフのオードヴル、に使ったもの
8

▼同じくオードヴル、牛肉の手刻みタルタル ウズラの卵添え。

15

 オードヴルからこれだけ素晴らしいとなると、もう、カメラ邪魔

 #…ウソです、すいません


▼そして前菜へ。こちらは確か鴨のパテ(だったと思いましたが、違ったかな)
9

▲じつはこれいただいたのは私。お味は例によってベリグ~♪でした。

▼同じく前菜のコキエット(ショートパスタ)。チーズと角切りハムがNiceです。
10

▼ワインの写真も要りますね、なんて話が出てワインを。
11

▲陽射しの強い窓際の席ですが、逆にちょっと面白い絵も撮れます。


▼メイン行きます。こちらはウサギのパイ包み焼き(ウナギじゃないですよ)

 アンディーヴのロティソース シヴェ。これがgoo~。最高に好みです。
13

 これは美味しい…袋に詰めて帰りたい。    #←ちょっと、、やめてね

▼…あ(とふと気づく)間違えた、すみません。といったんお詫びを。

 リコーさんのサイトで"ロブスター"と書いてしまいましたが

 正しくはフランス語だと"オマール"ですね、オマール海老のロティ、

 クリュスタッセソース パールオニオン ピュイ産緑レンズ豆。
14

 #これも狙ってましたが1人2皿の野望は敗れました ←あんた狙ってたのか…


▼こちらは料理名忘れてしまいましたが

 確か仔牛のランプ肉&リードヴォーのロティ or 牛フィレのロティ。
16

 美味しそうですね。       ←じつはこれも狙っていた自分がいたような気も


▼お客様は殆ど女性。みなさんゆったり、楽しそうに優雅なランチを楽しんでます。
17

▼そして4人分のデセール。まずはたっぷりチョコレートとナッツのケーキ。
18

▼オレンジの効いた焼き菓子&アイスクリーム、下はシャーベット。
19

▼ユニークなガラスのボウルに入った生クリームとベリー
20

▼で、可愛らしいマカロンとチョコとドライフルーツ
21

 最後のデセールまで、名ビストロの味とホスピタリティ、

 しっかり堪能させていただきました。

▼スタッフのみなさんの接客、温かみというかハートがあって、いい感じです。
22

 ミシュランが星をダブルでつけるのも納得の素敵なレストランでした。


 いいお店のくれるいい時間、これはかけがえがないですね。

 楽しかった会話はずっと残る。

 そしてそういう時間は、やっぱり写真で刻んでおきたい。


 今回はGR-ⅡとR8、2機種使って撮らせていただきましたが

 どちらも、こういうシーンをパシッと綺麗に刻んでくれる

 秀逸のコンデジでした。とまぁ、宣伝じゃなく素直に感じたわけですが

 美味しかったものは美味しそうに残したいのがグルメブロガーの性。

 そんな想いに、やはりお薦めしたい機種なのでありました。


 ごちそうさまでした!

 (撮影機種 : RICOH GR DIGITAL IIR8


 PhotoStyle

 


 ●『BENOIT (ブノワ) 』 (地図


  旦那さんとデートもいいけど、こんなお店で

  親孝行もしてみたい



  

サーフライダーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ