ご支援のお礼

 
3月に御殿場のノースゲイトさん、ワンステップスクールさんから
たくさんのご支援を頂きました。
 
今日、障がい作業所ソンパオのユニフォームも届きましたので、合わせてご紹介させて頂きます。
 
◆ソンパオのユニフォーム!
メンバー全員分のポロシャツをそろえる事が出来ました。胸元にソンパオのロゴ、左右腕部分にノースゲイトさん、ワンステップスクールさんのロゴが入っています♪
こうして同じユニフォームを着る事で結束力や意識が高まりますね。
皆嬉しそうです。
 

 

 

 

 

 

◆販売スペースの棚・木材

 

木材を購入させて頂き、家具屋さん&障がい男性チームで棚を作ることができました。

この棚はビエンチャンのSihomCafe内にある販売スペースで製品展示に使われています!

 

 

 

 

 

 

 

 

◆販売スペースの出展

 

SihomCafe内に販売スペースを出すため、1年間分の家賃をサポート頂きました!

この販売スペースで製品が売れると、ダイレクトに障がい作業所リーダーチームを支える事ができます。

リーダーチームは仕事をしながらソンパオを運営しており、時間・人・資金すべてが不足しています。

リーダーチームがソンパオの仕事に集中するためにも、販売の強化は必要な取り組みです。

今回、ご支援で物販のためのスペースを開くことができました。

この1年でリーダーチームが自立して運営していけるよう指導していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆エアコン
障がい作業所ソンパオの一番広い作業場にエアコンをサポート頂きました。
いつもは暑いので窓を開けて空気を入れていますが
それによって砂が入ってきたり虫が入ってきたりと
衛生上、気になっていました。
エアコンをつけてドアと窓を閉めることができれば
綺麗にキープできますね。
 

 

 
(ノースゲイト取締役 岡田美幸さんと障がい作業所ソンパオのリーダーチーム)

 

 

◆男性チームへ、屋台の道具

ここ最近ご報告している通り、障がい男性10名のサポートを引き受けることになりました。

ミシンや刺繍ができない人もおり、農作業やバンブーストローづくりだけでは食べていけません。

男性チームにはナイトマーケットの屋台で焼き鳥売りが出来るように

屋台に必要なものを揃えて頂きました!

 

 
 
 
 
◆お米 半年分
障がい作業ソンパオには28名が所属していて
更に、所属している人の子どもが3名暮らしています。
毎月の食費は頭が痛い問題・・・。
まだ仕事量が安定していないため、昨年は「何とか食べていけた」という状況でした。
今年は仕事の安定に向けて動き始めていますが
増えた男性チームの分も考えるとやはり厳しいです。
その事情をご理解下さり、半年分のお米をサポートしてくださいました。
1か月あたり200キロ以上のお米です、有難うございます!
 
 
 
 
◆お肉やおもちゃなど
普段、多く買う事ができないお肉などの食材、
子どもの玩具、成長が遅れ気味の子に栄養の入ったミルクなど
サポート頂きました。
 
 
 
まだ発語がない男児、心配です。
おもちゃを買ってもらえて、楽しそうに遊んでいました。
 
 
 
 
◆バイク
足の障がいの子が多いので、移動は常に課題です。
バイクが1台増えると運転できる子+もう1名が移動できます!
出勤だけでなく、買い出し、通学、送り迎えなど
多くの場面で役立ちます。
バイクにのってファンちゃんもこの笑顔・・・♡
 
 
 
 
◆洗剤などの掃除用具
 
28名の人々が出入り働いている作業所、室内の掃除や整理整頓が課題です。
現在、男性チームのための部屋の工事を行っていることもあって
埃っぽさや砂っぽさが否めません。
今回の渡航時も皆さんにお掃除を手伝って頂きました。
これまでも当番制で掃除はしているのですが、これでは足りないな・・・と再認識。
夏にかけて掃除当番のシステムを再考したいと思います。
頂いた掃除用具を活用させて頂きます!
 
 
 
この様に多くのサポートを頂きました。
心より御礼申し上げます。
またラオスにいらしてくださいね!
 
 
****ワンステップスクールさんで開催された報告会の様子は下記の通りです****