今年も聖光学院さんの聖光祭で、インターアクトの生徒さんが物販を担当してくださいました!

例年と違い予約制での入場、感染対策バッチリで開催されていました。

毎年ご協力下さり、ありがとうございます😊











ラオスの藍染・美しい青の製品を集めた「青のラオス展」。東京で好評頂き、全国巡回展を開始します。
レンテン族、タイルー族、モン族といった多様な民族が紡ぐ布のストーリーをお楽しみください。

◆日時
10月16日 金曜日〜10月25日 日曜日
11時~20時

◆場所
静岡県御殿場市神山719
時之栖


会場では「青のもの」を準備してお待ちしております。

【FranMuan】
・レンテン族の布製品 
・タイルー族の布製品
・モン族の布製品
・本のみみ「みみノート」




【結びの和シリーズ】
京都の真田紐とラオスのレンテン族の手織り生地のコラボ!
サコッシュやバッグが並びます。





【Coi】手紡ぎ手染めのラオスブランド
・スクエアシリーズ
・お洋服




【桜彩】
・富士山ブルーティー
・桜彩てまり

【日本アドバンストアグリ】
ラオスとタイのハーブ!
・青いラテ
・青いチョコレート

【コロナ支援】
・日本国内の窯元さん応援!青い器を集めます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【イベント 刺繍会】各回定員4名

10月17日 13時~16時 
10月18日 13時~16時 
10月19日 13時~16時 
参加費・材料費1000円

レンテン族の特徴である自由気ままな手刺繍のコースターを製作します。お茶と糸と布と、ゆったりとした時間のなかでラオスの暮らしを感じながら一緒にちくちくぬいぬいする時間です。

製作時間は個人差がございます、13時~16時と長めのお時間設定になっていますが、作り終えた方は自由解散となります。持ち物は特にございませんが、マスクやハンカチなどコロナ対策に必要なものはご持参ください。

【講師プロフィール】

服部真侑(はっとりまゆ)
大阪府生まれ、横浜国立大学(教育人間科学部)卒業後、大阪府小学校教員として働くが、大学院に進学したいという想いを断ち切れず2年で退職し、横浜国立大学大学院教育学研究科に進学した。働きながら修士号(教育学)を取得。特別支援教育を専攻し、通常学級における発達障害児の指導法などを研究。
2018年度3次隊としてJICA海外協力隊に参加。職種は小学校教育でラオスルアンナムター県にあるルアンナムター教員養成校の小学校教育事務所にて算数の指導改善の仕事に携わる。(1年2カ月)
レンテン族の村にホームステイさせてもらったことをきっかけに、レンテン族の村の生活や手工芸に魅了され、レンテン族の村(ナムディー村)に通い始め、ナムディー村では、「毎週チャリで来る日本人」としてみんなに知られている。

【申し込みフォーム】


イベントページ



製品指導する上で、基礎はちゃんと学ばないと!と言うことで、チームで機織りの勉強を続けています。
整経し糸をセットするだけで1日がかりです。
ラオスのお母さん達の苦労が身に沁みます。。。
機織りの仕組みも分かってきて、今後の製品指導に役立ちそうです☝️







扶桑社さんから15日発売のリライフ+に千住芸術村さんの空き家再生プロジェクトが掲載されています。

ちょうど取材時に、家劇場さんでの青のラオス展を開催していたため、ラオス展の写真も載せて下さいました。

ありがとうございます!

リノベ好きな方にもオススメです。







swhは2つの日本ラオス外交関係樹立65周年記念事業に関わらせてもらっています。

◆日本とラオスの伝統を繋ぎながら障がい者雇用を支える結びの和プロジェクト。
ラオスのレンテン族の手織り手染め生地と京都の真田紐師 江南さんの真田紐を使い、歌舞伎役者中村橋吾さんにデザイン指導を頂いています。製作はラオスと御殿場の障がい作業所が担当。 

◆ラオスと日本の障がい当事者が協力して静岡土産を生み出し、当事者の自立に繋げる御殿場支え愛プロジェクト。
桜彩sayaというブランドを構築し、富士桜柄の手まり、ラオスのバタフライピーを使った富士山ブルーティーなど広がりを見せています。

両プロジェクトを掲載したフライヤーが完成しました😊!
サポーターさん向けに配りますが、欲しい方やお店に置いてくださる方はお声掛けください。


錦糸町マルイ SoooooSさんのポップアップ始まりました。

1F入ってすぐのスペースです。swhはフランムアンのレンテンシリーズ、結びの和プロジェクトのサコッシュ、バタフライピーティーなど出品しています。

この他にもアサヒビールさんの森のタンブラーやjoelさんのアクセサリーなども並んでいます。
9/1-6までの開催です、ぜひお立ち寄り下さい✨









今年もなんとか障がい作業所ソンパオの寮兼作業場を更新契約できました。
毎年継続していくのは大変ですが、ここがなくなれば実家か親戚の家に戻すことになります。

田舎では仕事がないのは勿論のこと、家庭によっては貧困や家族の課題もあります。

コロナ禍で予定していた活動がほぼストップしてしまい、何一つ思うようには進みませんが、ひとまずこの半年を乗り切れたことに感謝です。

応援くださりありがとうございます🙏🙏














製品づくりで慌ただしい日が続いています💦

「結びの和プロジェクト」の真田紐ポケットシリーズ、ポケットを編む作業は以前から御殿場の就労移行支援事業所と継続支援B型作業所にお願いしていましたが、更に布のカットやアイロンでの接着芯付けの練習も始めてみました。

ラオスでも日本でも、様々な種類の作業を経験する事で、できる作業の幅が広がり適性も分かってきます。

加えて就労移行支援の現場をより多くの方に知ってもらう機会にもなっています。

今回初めて作業支援に来たSWHのメンバーは実際に障がい当事者と関わってみて、垣根のないこと、生徒たちの真面目さや几帳面さに驚き、とても楽しく指導できたそうです。

身近で関りを持つことは偏見をなくしたり理解するための第一歩ですね。

神田外語大で授業を担当させて頂きました。
SDGs Summer Program 、80名以上の生徒さんたちがオンライン参加。

swhのこれまでの取り組みと、コロナ後に力を入れていることも含めてお話しました。

インターン希望や学生で参加できることがないかなど、問い合わせ多数なので、大学側でメッセージグループを作って交流することに。
大学オリジナルの製品も作りたいですね!