ネガティブ思考がグ~ルグルそんなとき 2 | 【宇宙からの贈り物「数字マンダラ」が幸せを呼ぶ】公式ブログ

以前のブログ

「ネガティブ思考がグ~ルグルそんなとき」

https://ameblo.jp/supi-suhijutu/entry-12462106604.html

で紹介した

自分の感情をノートに書きだす方法。

ノートをつくって、どんな感情でも全部書き出すというもの。

やってみましたか?

今日は、そのノートの活用方法です。

さて、自分の感情をノートに書き出しましたか?

毎日書くのが理想ですが、1日か2日書かなくても大丈夫。

気がついたときにまた始めればいいです。

「毎日書くこと」が目的なのではなく

日々の感情を「自分の中に隠さないで外に出す」ことが目的ですからね。

では次にノートを、読み返してみましょう。

 

そうすると、

「わたしってこういうことで怒っているな」

「何日も同じことで悩んでいるな」

「こうされるとうれしいんだな。」

「○○という観念があるんだな」


ということがわかってきます。

同じ思考がグルグルまわって、いつも同じことばかり書いているとき

そこから抜け出すには

「同じことばかり考えてそこから抜け出せずにいる自分」を客観的にみること

 

が重要です。

ひとつの思考に囚われているときは、たとえて言うなら

洗濯機のなかの洗濯物の状態。

何がなんだかわからず、水流と洗剤の泡にもまれている状態です。

それを客観視できるようになると

洗濯機のスイッチを切ることもできますし

一時停止して洗濯物を取り出すこともできますね。

また、

書いたときは腹が立っていたけど、数日経って読み返してみると、

腹を立てるほどのことでもないかも・・・

と感じることもあるでしょう。

このノートに、○○さんにほめられた。

自分では意識してしたわけでないことに感謝された

ということも書いていくと

自分ではわかりにくい

「他人からみた自分のいいところ」

を認識することも出来ますね。

これは、心理学で言うところの「メタ認知」にあたりますが

これに、数秘術を組み合わせることで

さらに自分への認識を深めて行くことが出来ます。