テーマ:

恋愛でも人間関係でも、「相性がいいか悪いか」は、よく相談される質問のひとつ。

相談されるたび、

「数字に相性がいい悪いはない。ただ仲良くするコツがあるだけ。あとは本人の気持ち次第」

と答えている。

どんな数字を持っている二人でも、

両方が「仲良くしたい・理解したい」と思っていれば、相性はよくなるし

片方、または両方が「自分の欲求を満たして欲しい」と思っているのなら、相性は悪くなるのだ。

そもそも

相性って「絶対に○○だ。」というものではない。

確かに、仲良くなりやすいとか、ぶつかりやすいとかが

あるにはあるけど、それだけで関係性は決まらない。

それに

ケンカしない = 相性が良い
ケンカする  = 相性が悪い

ではない。

相手が、自分とちがう考え方や才能を持っているから

「そこが良い」となるか
「それがイヤ」となるかは

その人しだい。

少しくらいムッとしても、ケンカしても

それを、相手に対する理解と愛情で乗り越えていくほうが

お互いの成長になるし、絆も深まると思う。

だから

占いから得られる基本的情報だけで相性を決めつけて

関係性をあきらめてしまうなんて、もったいない!!

「相性はどうか?」

という質問でなく

「どうすればもっと良い関係が築けるか?」

そう考えれば、自己成長もできるし、愛情も絆も手にはいる。

51313111113       51211898113769

いいね!した人  |  リブログ(0)

宇宙からの贈り物「数字マンダラ」が幸せを呼ぶ 鈴木みのりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「●スピリチュアル数秘術」 の記事