テーマ:

9月9日は菊の節句で、菊理媛さまの日だと以前にご紹介しました。

菊は旧暦の9月頃に咲くこと

古来の中国では、菊は長寿の薬草とされていたことから

長寿を願い、祝う節句とされてきました。

この「菊」を数霊(かずたま)でみてみると

きく = 18

「18」は水と関係が深い数字です。

菊理媛さまは、水と関係が深い姫神さま。

さらに

この「18」を一ケタにすると

1 + 8 = 9

「9」が出てきました。

そして,「9」が二つで「18」になりますね。

やはり菊の花は、9月9日と関係が深い花だと言うことがわかります。

ククリヒメさまのお名前は、「9」の数字に由来するものですが

「菊」の文字が使われているのも、なんだかうなずけますね。

51313111113

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

宇宙からの贈り物「数字マンダラ」が幸せを呼ぶ 鈴木みのりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります