ヒマラヤ水晶/パワーストーンのSUPER STONES

ヒマラヤ水晶/パワーストーンのSUPER STONES

パワーストーンを超えたパワーストーンをお届けするヒマラヤ水晶 スーパーストーンのSUPER STONES


テーマ:

●ガウリシャンカール産 スモーキーヒマラヤ水晶

 

ガウリシャンカール山(Gaurishankar 7.135m)はカトマンズから東北東に約100kmのチベットとの国境に位置する山で、世界一美しいスモーキークオーツ(煙水晶)を産出する場所とネパールでは言われているところです。


産地は標高6.000m以上のところにあり、そこに行くまでには非常に深いジャングルを抜けて道もないようなところを通らなければならないそうで、付近の山岳民族のなかでも健康で若い男性しか行かない、というよりも行けない場所で、その山岳民族の若い健康な男性でさえ行くのを躊躇するほど険しい道のり。


現在はマオイスト(毛沢東主義共産ゲリラ)の前線基地の一つがあり、政府との間に休戦協定が結ばれたそうですが(2003年初旬)その事も採掘を困難にしている大きな要因です。
このガウリシャンカール産スモーキーヒマラヤ水晶の特徴は、ファセットの部分に付着している鉱物があることですが、この鉱物の正体は未だ不明。


ガネーシュ・ヒマール産の中にもほんのりスモーキーなものがありますが、その中の一番濃い色のものより、ガウリシャンカール産ヒマラヤ水晶の一番色の薄いタイプの方が若干濃いということで、区別はかなり容易に出来ます。


産地として非常に危険で険しいところにあるために採掘量も少なく、これからの産出にあまり期待出来ないというお話でしたので、現在カトマンズで手に入る超1級品&1級品は全て仕入れました。(数年がかりで集めていたガウリ産ヒマラヤ水晶のもの全て)


色の濃いタイプのものでも太陽光に透かすと透明であることがハッキリとわかります。品のあるスモーキーで、若干日本の田原産の黒水晶や煙水晶に似ている雰囲気もありますが、長石や蛍石、トパーズとの共存はこのガウリ産ヒマラヤ水晶のものには見られません。


マットな表面をしたものも多く、素朴な中にもそのエネルギー・情報の質的な高さはさすがヒマラヤ水晶と頷けるものです。また透明度・光輝が素晴らしいものは、まさに世界1のスモーキーと呼ぶに相応しい絶品ヒマラヤ水晶です。

 

ガウリシャンカール産ヒマラヤ水晶も紹介中!