☆Super Red News☆ No.0149 3/30日野市民会館、無事終了しました!! | 日本初男性フルートと女性トロンボーンのレアなフロントによるR&BチックJazz「Super Red Band」のブログ

日本初男性フルートと女性トロンボーンのレアなフロントによるR&BチックJazz「Super Red Band」のブログ

PopでFunky,ときにCoolなJazz Quintet
歌詞はなくとも浮かぶ情景。日本初男性フルートと女性トロンボーンのレアなフロントによるR&BチックJazz


テーマ:

はい。

 

 

3/15(金)の「聲明とジャズのゆうべ」に引き続き、3/30(土)は、日野市民会館ロビーにて、「100歳のピアノによるお昼のミニコンサート最終章」に出演させて頂きました。予想以上のお客様の数に、私たちのテンションもいい具合、最終章にふさわしい演奏となるように、気持ちを込めてのパフォーマンスとなりました。お越し下さったお客様、そして主催の日野市企業公社の皆様、日野市民会館関係者の皆様、本当にありがとうございました。

 

当日は、やや曇り気味、4月を目前に控えながらも、結構な寒さ。晴天であれば、屋外での演奏も想定されていたのですが、最終的にロビーでの演奏となりました。

 

当日は9時入り。PAスタッフの芦澤君と共に、せっせとステージ作り。そして、ロビーなので、公開リハーサルとして短めにリハーサルを実施。そして12時からの本番、約1時間のステージをお送りしました。

 

 

今回のセットリストは以下の通り。

M1.On The Sunny Side of The Street 

(詩曲:Dorothy Fields/Jimmy McHugh)

M2.スイングしなけりゃ意味ないね

(詩曲:‎Irving Mills/Duke Ellington)

M3.春よ来い(詩曲:松任谷由実)

M4.Parfait Amour Sans Retour(曲:左瀧知)

M5.宝島(曲:和泉宏隆)

M6.Street Walkin’ Woman(詩曲:松任谷由実)

(詩曲:Marlena Shaw/L.mcGlohon)

M7.いつも何度でも(詩曲:覚和歌子/木村弓)

M8.上を向いて歩こう(詩曲:永六輔/中村八大)

 

Enc.舞浜Entanglement(曲:左瀧知)

 

今回の裏話、、、実は思ったよりも時間がショートしてしまい、M8の上を向いて歩こうのCブルースのソロ部分は、尺を伸ばすために想定と全く違った展開となり、まさにジャズの醍醐味ともいうべき演奏となりました。笑

 

そんなわけで、取り急ぎ一段落したSuper Red Band。表だったライブはしばらくお休みですが、また近々、今後のスケジュールを発表したいと思っています。

 

引き続き、応援の程宜しくお願い致します。

 

 

・Super Red Band 公式ホームページ

https://SuperRedBand.com

 

☆ジャズジャパンVol.103に「聲明とジャズのゆうべ」に関する記事が掲載されました!

 

☆ジャズジャパンVol.101にモーションブルーヨコハマのライブレポートが掲載されました!

https://ameblo.jp/superredband/entry-12427854602.html

 

・Super Red Shop(CDやグッズのご購入はこちらから)

http://shop.superredoffice.com

※カード決済/コンビニ決済が可能になりました。

※会場でもCD・グッズの販売を行っております。

 

・メールマガジンの配信始めました。

ご登録はこちらから。

https://www.superredband.com/news-/

 

・リーダー海江田紅の事業HPが公開されました。

http://www.superredoffice.com

※音楽事業のご相談はこちらから!!

Super Red Bandさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ