☆Super Red News☆ No.0105 Super Red Story その1 | 日本初男性フルートと女性トロンボーンのレアなフロントによるR&BチックJazz「Super Red Band」のブログ

日本初男性フルートと女性トロンボーンのレアなフロントによるR&BチックJazz「Super Red Band」のブログ

PopでFunky,ときにCoolなJazz Quintet
歌詞はなくとも浮かぶ情景。日本初男性フルートと女性トロンボーンのレアなフロントによるR&BチックJazz


テーマ:

はい。

 

 

実は、Super Red Band の命名由来は、これまであまり語られたことはありません。ごくまれに、リーダーの海江田紅が思い出したようにライブで喋ることがありますが、それを耳にしたことのある方は殆ど居ないかと思います。今、このタイミングでブログに記載するのも、少しでもSuper Red Bandに興味を持って欲しいという思いからです。

 

本来このバンドは、2014年の3月にリーダー海江田紅の単なる企画バンドの一つとして集められました。その単なる企画バンドが、ここまで継続する形になったのは、現在もこのバンドでメインで作曲をしている海江田紅、左瀧知、TOMまつをが持ち寄ったオリジナル曲に可能性を感じたからです。ただのスタンダードをプレイするバンドであれば、恐らく自然消滅していたことでしょう。

オリジナルに可能性を見いだし、そこから継続的な活動が始まり、紆余曲折を得て、ただの企画バンド名を、ちゃんとしてバンド名にしようということでメンバー間で一致しました。それからリーダー海江田紅を中心としてバンド名の考案が始まります。

 

まず一つ目は、リーダー海江田紅が、R&B映画の王道「Blues Brothers」を見て、「BAND」という単語を入れたいと切望したこと。そう、J.Bが宣教師をする教会で、Blues Brothersの兄が「BAND」に目覚める瞬間です。笑

 

もう一つは、紅一点である(まさに紅一点ですが、、、)リーダー海江田紅の「紅」をどう表現するか決まるまで結構時間がかかりました。

 

さて、そのきっかけとなったのは以下のウチどれでしょう??

 

・カレー

・ザリガニ

・野球チーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい。思ったより長くなりそうなので、続きは次回に。

https://SuperRedBand.com

 

・CDやグッズのご購入はこちらから。

http://shop.superredoffice.com

※カード決済/コンビニ決済が可能になりました。

※会場でもCD・グッズの販売を行っております。

 

・メールマガジンの配信始めました。

ご登録はこちらから。

https://www.superredband.com/news-/

 

・リーダー海江田紅の事業HPが公開されました。

http://www.superredoffice.com

※音楽事業、企画、演出のご相談はこちらから!!

 

Super Red Bandさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス