S☆G blogをご覧の皆様

こんばんは。


一ヶ月も更新できず申し訳ありません。

10/2にメジャーデビュー決定!を発表してから、本当に毎日が早く過ぎてしまい、

なかなか私の中にある、SUPER☆GiRLSへの想いを表に出す時間がありませんでした。



さて、この一ヶ月をざっくりと整理しましょう!


●10/23 初の単独ミニライブ

たくさんの課題が出ましたので、今週末は改善出来るよう取り組もうと思っております!


●10月末 初のMUSIC VIDEOの撮影

ご覧になった方はお分かりのとおり、本当に一人一人の良さが伝わる映像になって良かったと思っております。


●11月~ 「イトーヨーカドーpresents SUPER☆GiRLSメジャーデビュー決定!会いに行くって約束したから、本当に会いに来ちゃいました。2010 秋。」

考えた私が言うのもなんですが、タイトルが長い…。ただ、本当にこのIYツアーではたくさん勉強させて頂いております。 期間中、メンバーが初の農業作業に取組み、普段では経験できない事もさせて頂きました。


残すところ、11/27(土)IY尾張旭 11/28(日)アリオ鳳 12/4(土)アリオ西新井 12/5(日)アリオ北砂のみとなっております。 27日~は、新しい衣装で登場しますので、その姿を是非ご覧になって頂きたいと思います!




さて、12月22日のデビューに向けて、これからたくさん露出させて頂きます。

WEB、雑誌、TVと。 取材をして頂きました、たくさんのメディアの皆様に、心から感謝をお伝えしたいと思います。 そして、形になったものを楽しみにして頂いています皆様に、S☆Gをもっともっと知って欲しいと思います。


私たちスタッフはもちろんなのですが、彼女達自身も未熟で御座います。

これから長い月日をかけて、一歩ずつ前へ進んで行きたいと思いますので、

あらためてでは御座いますが、SUPER☆GiRLSの応援を宜しくお願い致します!






--------------------------------------------------------

<S☆G #8> 前島亜美(maeshima ami)


1997/11/22 埼玉県出身


SUPER☆GiRLS (スーパーガールズ)オフィシャルブログ powered by Ameba


前島亜美。

これから、もっと有名になるでしょう。

彼女を見れば分かる事。




私が彼女と初めて会ったのは、オーディション二次予選・東京地区の時。

彼女の事は今でもハッキリと覚えています。

ピンク色の上着に、あのブーツ、、、





なぜ?




それは、前島亜美が「その日」の一番だったからです。

特にすごいパフォーマンスをした訳ではなく、その時は単なる直感ですが。

前回もお伝えしましたが、今回のオーディションでは、歌唱力・ダンススキルが審査基準に入っておりません。

応募者自身が持っている、「勇気」「夢」「ポテンシャル」を審査させて頂きました。

語弊が無い様にお伝えしますが、不合格となった方がそれらを持ち合わせていなかったという訳では御座いません。




話を戻します。




私自身だけではなく、統括Pも同じく、彼女に会った瞬間から

「きたっ」と思っていました。

ただ…その日のオーディションでは、後に出てくるであろう、、、

逸材ばかりだったので、一人一人真剣に見させて頂いていた分、

審査後の彼女の事を探れませんでした。







進化


SUPER☆GiRLS (スーパーガールズ)オフィシャルブログ powered by Ameba

どこまで正確に事実をお伝え出来るかは分からないのですが、


実は、二次予選後に彼女は、一度オーディションを辞退していたのです…。







なぜ?






ただでさえ、「avex」という看板が付いたオーディションという事で、世間的にはハードルが高い、と思われる部分もあるかと思われます。


「この先は難しいだろう…」というご家族の判断や、本人を傷つけたくないという思いやりなどの判断で、「オーディションを辞退したい!」という連絡があったのです。



しかし、その情報が私や、統括Pの耳に入っていなかったこともあり、、、

そのまま三次予選を合格する事に。



合宿に参加する上で、親御さんに連絡した際に、その事実が発覚して驚きました。

すぐさま、ご家族・本人と会うことになり、あらためて意思確認を行うことに。





この後、違う意味で、あらためて衝撃が走ることになろうとは…。








彼女と対面して気づきました。

「あぁ、間違いない」と。




そして、ご存知のとおり、某TV番組で放送されたように、

合宿では涙、涙、涙の連続の日々でした。

スタッフや、講師の間では途中棄権するのでは?と、覚悟する程。

悪い言い方をすれば、メディアのカモだった訳です。






そんな彼女が、2010年6月12日に、正式メンバーに選ばれた瞬間の涙。

その後のインタビューで流した涙。

家族との対面したときの涙。




私は、あの日を一生忘れません。






あの日の映像を見るたびに、涙が溢れそうになります。

あみたの涙が素敵過ぎて。

あみたは、あの日「ありがとうございます!」と言っていたけど、

違うんだよ、本当はこっちが「ありがとう」だよ。


このオーディションに参加してくれて「ありがとう。」









a mi ta 誕生


SUPER☆GiRLS (スーパーガールズ)オフィシャルブログ powered by Ameba

年齢は12歳。

彼女はまだ子供なのです。



私が12歳の時は何を考え、何を思って過ごしていたのだろう…。

そう考えると恐ろしくもなります。


12歳の少女が、たった一人で東京に来て、関わる人は、

メンバーもスタッフも年上ばかり。

全てが初めて。 まともに社会常識も分からない少女に私たち大人は…。



業界での挨拶「おつかれさまです!」と、彼女が言うたびに、正直心が痛い時期もありました。






しかし、、、





私が想像していた、「前島亜美」を、彼女はさらに超えた原石だったという事に気づきました。

いや、「気づきました」ではなく、「気づかされた」のです。





ダンスのリハーサル、雑誌の取材&撮影、レコーディング、ライブを行うに連れて、

彼女が持っていた、本当の才能(ポテンシャル)がどんどん開花してきたのです。

しかも、他のメンバーでは追いつけないスピードで成長していきます。










紙ヒコーキに乗せて


SUPER☆GiRLS (スーパーガールズ)オフィシャルブログ powered by Ameba

彼女自身が抱く「理想のアイドル」とは…。



すでに、彼女をご覧になった方、実際にお話をされた方ならお分かりだと思うのですが、

彼女だけ、他のメンバーとは空気が違います。



どう違うのかというと、自分勝手ではいられないのです。

もう少し具体的に説明すると、彼女を前にすると、こちらのペースでは進める事が出来ないのです。





それは何故???




簡単です。

それが彼女の魅力なのですから。

彼女の空気に包まれてしまうのです。



そもそもなのですが、、彼女は才能だけではなく、

普段から行っている、意識の高さに感心を抱いてしまいます。

たった数秒のコメント、自己紹介に関しても、

楽屋では鏡の前で、何度も練習しています。

それこそ、メンバーの「鏡」でもあるはずなのです。






誰もいない学校の屋上。

真っ青な空。気持いい風。町の上を流れる雲。


ノートをちぎり、授業中に隠れて書いた、「夢」を、、、

紙ヒコーキに乗せて飛ばす…。



いけぇー!ってつい叫びたくなる。


だけど、ゆっくり飛んでいく紙ヒコーキに夢中になってしまう。。。



マンガで書いたかのようなシチュエーションなのです。







前島亜美は、私たちの青春なのです。



一言で言うと、「初恋」なのです。



誰もが振り返る青春時代に訪れる、「初恋」なのです。

恥ずかしさの中にある、リアルが彼女の魅力です。





そんな彼女は、これから大人になっていきます。

それも芸能人として、、、



SUPER☆GiRLS (スーパーガールズ)オフィシャルブログ powered by Ameba



以前、ライブリハーサルの合間に、彼女と二人で話したことがありました。



「他のメンバーと比べて、私はコレがやりたい!っていうのが見つからないんです…」と。



12人いると、「だれだれのように…」 「私は…」と、色々と、色が単色でなくなり、

気付けば、グレーや思わぬ色になってしまいがちです。


当初の思惑とは裏腹の結果を招いてしまう可能性もあるのがグループの特性。



しかし、前島亜美にとっては別なのです。

彼女は独壇場で構わないのです。





本当にいいの?





いいんです。

彼女は、SUPER☆GiRLSを自由に乗り降りできるキップを持っているのですから…。



前島亜美という青春時代に包まれながら、私は今これを書いています。

彼女の17歳はどんな女性になっているのでしょうか?




彼女の「初恋」はいつになるのでしょうか?




これからも私は、前島亜美を推していきます。



SUPER☆GiRLS (スーパーガールズ)オフィシャルブログ powered by Ameba

左:前島亜美  右:田中美麗