CMソングの女王『天 地 総 子』さん 逝く !!【物語編】 | “ Ackee ” の ブログ !! (b^-゜)

“ Ackee ” の ブログ !! (b^-゜)

『 伊達な宮城・おとぎ巡りの旅 』 !!

【 Blog Site BGM 】
< Song > “ A Demain Sur La Lune ”
< Artist > “ Franck Pourcel & His Orchestra ”

【 Profire Header 】
“ 齋理屋敷 ( さいりやしき ) ”
( 宮城県伊具郡丸森町 )


テーマ:

今月最初の芸能関連のBlog更新と参ろう。

昨年は多くの昭和の時代を彩った、

多くの芸能人が世を去ってしまった。

しかし年が替わってからもこの傾向は変わらず、

今年も正月松の内早々から、

またひとりの著名人が世を去った。( ̄□ ̄;)

昭和の高度経済成長時代、

約2,000曲に上るコマーシャルソングを歌い、

『CMソングの女王』 と呼ばれた、

歌手&女優の 天地総子(あまち・ふさこ)さん が、

今年01月06日に入院先の病院で亡くなられた。

庶民の時代の戦後間もない昭和、楠トシエ(故人)、

スリー・グレイセスと共に、

「コマソンの女王」 とも称され一世を風靡した。


(高度経済成長期の時代、その時代背景と共に、

列島各地のご当地CMも含め、

約2,000曲以上に渡るCMソングを歌いあげた、

天地総子さん。(^-^)/)


天地総子さんは 昭和16(1941)年01月03日に、

東京府(現 東京都)で生まれた。

父親は、ピアニスト・ピアノ教師の天地真佐雄氏。

幼少の頃から親の影響で、

音楽に親しむ環境下の中で育った。

国立音楽大付属高等学校を卒業後。

『NHK激団30人会』 を経て、歌手・女優として出発した。

昭和35(1960)年にデビュー以来、

歌・芝居・朗読・司会等様々な分野で活躍を始めた。

折しも 日本は 当時、高度経済成長の真っただ中にあり、

大量消費社会を背景に、

数々のCMソングを世に送り 始めた。(^-^)/


(CMソングのみならず、大人から子供まで歌える、

数々の歌をレコーディングした。(^-^)/

当時の録音技術は、現在とは比較に成らない程、

全神経を集中して、一発勝負によるレコーディングが、

主流だった。A=´、`=)ゞ)


「パンシロンの歌」「ライオネス コーヒーキャンディー」 等、

数々の印象的なCMソングを歌い、

その数は約2,000曲にも及んだ。

天地さんが歌ったCMソングは、全国各地にも及ぶ。

特に筆者が住む 宮城県内に於いては、

天地さんに対する愛着は非常に強い。

『八木山ベニーランドの歌』 『松倉のパパ好み』

『壽の三色最中』 のCMソング等、

地元県民にとって天地さんの存在は、

老若男女世代間を問わず、何かと所縁が深かった。

『コマソンの女王』 と謳われた、昭和40(1965)年10月には、

レコードで発売された、

「マーチング・マーチ」 が40万枚を売り上げ、

同年の大晦日恒例の 『第7回日本レコード大賞』 では、

『童謡賞』 を受賞 した。 (=◇=;)

(CMソングのみならず、アニメソングの吹き込む等、

多彩な才能を発揮した。)


『コマソンの女王』 と言う称号がありながらも天地さんは、

CMソングのみならず、テレビドラマ、バラエティー、吹替声優、

テレビラジオのMCとしても活躍。

特に中高年世代の方達にとっては、

NHK総合テレビで放映されていた 『連想ゲーム』

紅組女性陣のキャプテン としての活躍は、

ご記憶の方も多い事だろう。ヽ(゜▽、゜)ノ

また社会福祉関係に対する関心も高く、

映画や演劇など文化活動を通じた福祉の増進や、

社会福祉事業の発展への貢献を目的とした

芸能人で創るボランティア団体 『あゆみの箱』

の副会長 として協力の傍ら、

『骨髄移植推進財団(骨髄バンク)』 の評議員を経て、

アドバイザーリーボードとして中心的な役割を果たす等、

社会活動の推進にも積極的に協力した。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


(天地さんは、社会福祉活動にも積極的に参加。

芸能人らで創るボランティア団体 『あゆみの箱』

理事・副会長 として、積極的に福祉活動に参画した。)


晩年は東京都板橋区に居住し、社会福祉活動を中心に、

地方公演等も行ない、

昨年の暮までには、元気な姿を見せていた。

しかし、年明けから体調を崩し、

茨城県古河市内の病院に入院していたが、

遂には帰らぬ人となってしまった。

幼少の頃から、父親の影響を受けて音楽一家に育ち、

国内2,000曲以上に渡るCMソングを吹き込み、

ステージ衣装では、トレードマークである、

オートクチュールの衣装に身を纏い、

子供向けの歌から大人向けの歌まで幅広くこなし、

『CMソングの女王』 の称号に相応しく、

その名の通りを欲しいままに活躍し続けて来た、

天地総子さん。


(天地総子さんが、現役時代に歌い続けてきた歌は、

現在CD全集で発売されている。)


戦災から間もない高度経済成長期の真っ只中、

日本国内が活気に溢れていた時、国内各地に渡り、

約2,000曲をも越すCMソングを歌い続け、

国内各地域企業のイメージアップ引いては、

地域の活性化にも貢献し、マルチタレント的な活躍で、

正に 「庶民の昭和」 を築き上げた。

天地さんに吹き込んで頂いた、

数多くの企業向けCMソングが多いだけに、

一様に今回の訃報には、

驚きと衝撃を持って受け止められた。・°・(ノД`)・°・

今年の04月を持って平成の時代が終わる前に、

「庶民の昭和」 を支え続けてきた一人の芸能人が、

次の新しい時代を見届ける事なく、

惜しまれながら静かにこの世を去ってしまった。

謹んでご冥福をお祈り申し上げたい。合掌。(_ _。)


【お知らせ】

次回は、天地総子さんの足跡を偲び、

ピクチャー&音源集をお届け致します。

次回の更新まで、今暫くの間お待ち下さい。(^-^)/

JG7MER / Ackee

JG7MER / Ackeeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス