東京府中でギター教室を開いている早田です。

今日はカッティングのキレの出し方について書いてみます。


コードを弾いた時にコードを構成している複数の音がばらばらに鳴っている状態では、歯切れいいサウンドとは言えません。


では、どうすれば歯切れのいいサウンドでカッティングが出来るか?

答えは簡単!

複数の音を一つの音として聞こえる位、素早く右手を振ればいいのです。

ギターのコードというのは楽器の構造上原則的には1つの弦で1つの音しか出せません。

1弦~6弦まで押さえているコードだと、6弦を鳴らしてから1弦を鳴らすまで時間差があります。

この時間差をなるべく少なくして複数の弦から鳴っている音を一瞬で弾く。

これが歯切れのいいサウンドの正体です。

次回以降具体的なテクニックの解説に入ります。

今回はここまで(^-^)