000

アセンションとは…無意識からの卒業の事だと自分的に解釈しています。過去生のすべてを思い出し、寝ていても意識を保ったまま、すべての記憶を、そっくりそのまま残したままでいられる状態の事。

動物は食べ物では、ありません。


植物は神様がすべての命あるものに与えた食べ物です。



創世記 第一章

29節

神はまた言われた、「わたしは全地のおもてにある種をもつすべての草と、種のある実を結ぶすべての木とをあなたがたに与える。これはあなたがたの食物となるであろう。

30節

また地のすべての獣、空のすべての鳥、地を這うすべてのもの、すなわち命あるものには、食物としてすべての青草を与える」。



弱肉強食とは、大自然の摂理だと人間が勝手に考えた概念である。自然界に存在する不文律とは、弱肉強食ではなく「共存共栄」「適者生存」のほうがむしろ適切であり、弱肉強食が成立しやすいのは、強者が弱者を不必要に痛めつけてせっかく保たれているバランスを自ら破壊してしまう、おちゃめな生命体が満ち溢れる人間界であるといえる。



動物は動物を食べますが、人間が、より知能の低い動物をお手本にするのは、間違っています。大人が子供をお手本にするようなものです。子供が鼻クソを食べるのを見て、大人がそれをお手本にして鼻クソを食べるとしたら、それは狂気の沙汰です。気が狂ってます。殺人者をお手本にして、人を殺すようなものです。頭、おかしいです。






  


胸が締め付けられる思いでいっぱいになる。



・・・笑顔で動物を食べないで下さい!!














2019/6/1(SAT) 渋谷へ!動物たちのために!


希望のない動物たちに希望を。

700億の畜産動物、1000億以上の水産動物のために声を上げよう



沈黙は、動物搾取側を利するのみで、動物を守ることはない

苦しむ動物たちを守ろう




https://march.hopeforanimals.org/








ヴィーガンで栄養が足りてしまう人と、栄養が足りなくて病気になってしまう人の違いは何か?


答えは簡単です。


精神的な修行をしているかどうか?です。


精神的に未熟な人がヴィーガンになっても早死にするだけなので、注意して下さい。


なので、ヴィーガンで、栄養が足りてる方は、精神的レベルが非常に高い方々と言えます。









ベジタリアン・ヴィーガンの方は、

減塩だけは絶対しないで下さい。

突然死などの原因になります。


野菜や果物に多く含まれているカリウムは、

体内の塩分を排出する働きがあります。


血液中のナトリウムが減ると、

腎臓から血圧を上げるホルモンが分泌し、

心筋梗塞の危険率がアップします。



塩を控えすぎていませんか? ~予防医学から見る、減塩の弊害~

https://www.em-seikatsu.co.jp/em/power/detail.php?id=44


NEW !
テーマ:

2019-04-15
奇怪なこと

http://kariyatetsu.com/blog/2279.php

 


話しは2014年に遡ります。

~中略~ 

私自身が、福島の取材から帰って来た次の日の夕食時に突然たらたらと鼻血が出始めたのです。

私はそれ以前に鼻血を出したことは中学生の時に友人たちとふざけていて、自分で自分の膝に鼻をぶつけたときに一回あるだけでした。

それが、食事中に何もしないのにいきなりだらだらと出始めたので、驚き慌てました。

慌てて、近くのソファに横になりましたが、鼻血は頭を高く上げていないといけないそうで、横になるのは間違いなんですね。

さらに、その頃から、非常な疲労感を覚えるようになりました。

最初は取材旅行が重なったからその疲労なんだろうと思っていましたが、日を重ねてもその疲労感は消えないどころか、ますますひどくなります。

誰かが、私の背骨を摑んで地面に引きずり込もうとしているような感じです。

鼻血は一回だけでなく、翌日また出ました。

私は自分の体験をそのまま「美味しんぼ」に書いたのです。

誰に聞いた物でもなく、噂を書いた物でもありません。

実際に私が経験したことを書いたのです。

 

私は取材の最後に、2013年4月に、埼玉県に避難していた福島第一原発事故の際の双葉町の町長井戸川克隆さんを訪ねました。

たまたまその際に、偶然、岐阜環境医学研究所の所長の松井英介先生が同席されていました。

松井先生が、「福島に取材に何度か行かれたそうですが、体調に変わりはありませんか」と私に尋ねられます。

で、私が「理由が分からないのに突然鼻血が出まして」といったら、松井先生は「やはり」と仰言います。

同時に、福島取材で色々と力を貸して下さった、斎藤博之さんが、驚いて、「えっ!雁屋さんもなの!僕もそうなんだよ。あれ以来何度か出るようになった。病院に行っても理由が分からないと言うんだ」

すると、取材にずっと同行してくれていた安井敏雄カメラマンが、「僕もそうなんですよ」と言います。

なんと、福島取材に行った我々取材班4人の中の3人が鼻血を出していたんです。

ついでに私が耐え難い疲労感について言うと、斎藤博之さんも、安井敏雄さんも「ああ、私もそうですよ」「いや、ひどく疲れてたまらないんです」といいます。

驚いたことに、それを聞いて井戸川前町長が、「私も鼻血が出ます。今度の町長選の立候補を取りやめたのは、疲労感が耐え難いまでになったからです」と仰言るではありませんか。

さらに、「私が知るだけでも同じ症状の人が大勢いますよ。ただ、言わないだけです」と仰言る。

すると松井英介先生が、「大坂で放射能に汚染されたがれきの焼却処理が行われた際、大阪の市民団体がインターネットで体調変化を訴える声を募ったところ、声を寄せた946人中、842人が、鼻血、目、喉や皮膚など空気に触れる部分の症状を訴えている」と仰言った。

放射線だけの影響とは断定できないと松井先生は仰言ったが、それは大変なことではないでしょうか。

松井先生の説明では、「鼻の粘膜や、毛細血管細胞の70〜80パーセントは水で出来ている。水の分子H2Oは放射能で切断されて水酸基(-OH)のような、毒性の強いラジカルと呼ばれるものになる。しかも、ラジカル同士がくっつくとH2O2(過酸化水素)になる。過酸化水素はオキシフルとして消毒薬に用いられるくらい毒性が強い。放射能は直接粘膜や毛細血管の細胞・DNAを傷つけるが、同時に水の分子が切断されて細胞の中に出来るラジカルによる作用が大きい」

ということです。

 
福島で人びとが受けている放射能被害は、福島第一原発から放出された放射性微粒子によるものです。

放射性微粒子は呼吸によって肺から血管に入り体中に回ります。食べ物や水と一緒に取り込まれ、消化器から血管内にはいり込み、やはり体内に回ります。

そのようにして体内に入った放射性微粒子は何処かの臓器に付着すると、その臓器の付着した部分に害を与える。

微粒子一個はマイクロの単位で極めて小さいけれど、付着した臓器の微粒子の周辺の細胞は破壊される。しかも、その微粒子の数が極めて多い。結果的に臓器の被害は大きくなる。

空間線量が1ミリ・シーベルトとすると、その空間に浮遊している微粒子の数はそれこそ無数。

一呼吸だけで何千・何万の放射性微粒子が体内に入る。

一個当たりの微粒子の害は小さくても、それが、何千・何万となると鼻血を出させたり、疲労感を感じさせる原因を作るのでしょう。

(斎藤博之さんは、私達の福島取材の前に、取材に適した場所を選ぶために何度も福島に通い、結果として私達の数倍被爆したことになります。

その後、斎藤さんの体調は回復せず、歯茎からも血が出るようになり、2017年に脳梗塞で亡くなりました。死因が放射能によるものかどうかは明かではありませんが、私が「鉄の胃袋魔神」とあだ名をつけたほど、活発で食欲旺盛だった斎藤さんが、福島の取材を終えた後、鼻血、激しい疲労感、歯茎からの出血などで、衰弱したことは確かです。東北地方の民俗学的知識の豊富なことと言ったら歩く民俗学事典のような人で、おまけにマルクスの資本論は端から端まで頭の中に入っているという凄さでした。例えば、私が、マルクスが、ルイ15世の愛妾・マダム・ポンパドールの「我が亡き後に洪水は来たれ」という言葉を引用したのは何処だっけ、と尋ねたら、ちょっと待ってねと言って、3,4分後に、あれは第1部『資本の生産過程』第3篇『絶対的剰余価値の生産』第8章『労働日』に書かれているよ、と返事がありました。感性豊かで、明敏な頭脳。本当に惜しい人を亡くしました。私にとって真の友人であり、同志でした。斎藤さん本当に有り難うございました。ご冥福をお祈りします。


以上に述べたように、私が鼻血を出したことは、また私以外の多くの人間が福島第一原発の事故以後福島で鼻血を出していること、疲労感に苦しんでいることは、事実私が体験したことなのです。

風評でもデモまでもない。

私は、嘘を自分の作品に書くような破廉恥な人間ではありません。

私は自分の書くものは全て第三者にも検証可能な事実しか書きません。

自分で調査した資料は保存してあります。


であるのに、安倍晋三首相を始め、テレビ、雑誌、インターネットでは私の言うことを風評だと決めつけ、私を風評被害を福島に与えると言って非難します。

実に理不尽極まりないことで、私の心は煮えくりかえりました。

~中略~ 

このテレビ局の話は別にして、私の鼻血問題を通じて言えることは、この国では真実を語ってはいけないと言うことです。

反対に、安倍晋三首相とその取り巻きたちはどんな嘘を言っても誰もとがめません。

安倍晋三首相は2013年9月7日にIOC総会で、オリンピックを東京に招致するための演説を行いましたが、福島第一原発について、

「福島の放射能は、福島第原発からの放射能に汚染された水は福島第一原発の港湾から0.3キロ平方メートル以内に完全にブロックした」

「福島の現状は完全にコントロールされている」

「福島第一原発はこれまでに東京にダメージを与えていないし、これからも与えない」

と言いました。

私は、2013年10月3日付けのこのブログに、「Open letter to the IOC」と言う記事を書き、それが、全部嘘であることを指摘しました。

http://kariyatetsu.com/blog/1611.php

外国人にも読んでもらえるように英文で書いてあります。
私の書く英文だから、極めて平易です。ご一読下さい。

 
そんな嘘を言った人間が、私が実際に体験した鼻血を風評だというのですから呆れるばかりです。

また、その嘘を見逃すこの日本の社会にも呆れるばかりです。
 

一つの国が滅びるときには必ずおなじことが起こります。


支配階級の腐敗と傲慢。

政治道徳の退廃。

社会全体の無気力。

社会全体の支配階級の不正をただす勇気の喪失。

同時に、不正と知りながら支配階級に対する社会全体の隷従、媚び、へつらい。

経済の破綻による社会全体の自信喪失。

 
これは、今の日本にぴったりと当てはまります。

私は社会は良い方向に進んでいくものだと思っていました。

まさか、日本と言う国が駄目になっていくのを自分の目で見ることになるとは思いませんでした。

一番悲しいのは、腐敗した支配者を糾弾することはせず、逆に支配者にとっては不都合な真実を語る人間を、つまはじきする日本の社会の姿です。

 


テーマ:

ベジタリアン・ヴィーガンの方は、
減塩だけは絶対しないで下さい。
突然死などの原因になります。


野菜や果物に多く含まれているカリウムは、
体内の塩分を排出する働きがあります。

血液中のナトリウムが減ると、
腎臓から血圧を上げるホルモンが分泌し、
心筋梗塞の危険率がアップします。
 

 

 

 

塩を控えすぎていませんか? ~予防医学から見る、減塩の弊害~

https://www.em-seikatsu.co.jp/em/power/detail.php?id=44

 


テーマ:

自民党の二大派閥、「清和会」と「経世会」

ここで自民党の二大派閥、「清和会」と「経世会」に着目しよう。代表的な清和会系の政治家は、福田赳夫小泉純一郎安倍晋三らである。対して経世会系は、田中角栄竹下登橋本龍太郎小渕恵三らである。

両者の違いをきわめて簡単にいうと、清和会は米国の手下、経世会は日本独立やアジア外交重視の人たちである。ここに緒方竹虎から続く、自民党とCIA(ユダヤ権力)の癒着の歴史が関係している。

清和会は米国に有利な政策を遂行し、その報酬としてCIAからカネをもらい、勢力を伸ばしてきた。大手マスコミは一切報道しないが、岸信介がCIAに雇われたエージェントだったことは、後年になって情報公開された米国務省、米国立公文書記録管理局の資料から明らかになっている。

一方の経世会は、米国だけでなく、ヨーロッパやアジアとの関係も強化していこうという考え方だ。田中角栄などはまさにその代表である。

両者を比較するには、首相経験者の末路を追うとよい。その差は一目瞭然である。清和会はみな長生きで、政権も安定していた。一方、経世会はこんな具合だ。

田中角栄・・・ロッキード事件で失脚。脳梗塞に倒れる。
竹下登・・・リクルート事件で失脚。変形性脊椎症に倒れる。
橋本龍太郎・・・一億円ヤミ献金事件で政界引退。68歳で死去。
小渕恵三・・・任期半ばで脳梗塞に倒れる。62歳で死去。


政治家なら誰もが金まみれなのは当然だが、金丸信も、鈴木宗男も、小沢一郎も経世会である。これほどわかりやすい例もないだろう。これらの起訴は東京地検特捜部によって行われているが、この特捜部の前身が「隠匿退蔵物資事件特捜部」(米軍占領前に隠した資産などを探し、摘発する部署)であり、地検のキャリアはみなCIA(ユダヤ権力)の教育を受けていることが公式に明らかになっている。

結局のところ米国、つまり<彼ら>の支配を受け入れる者しか、この国では活躍できないようになっている。小泉純一郎は首相時代、米国のポチとして徹底的なまでに日本を売り渡し、徹底的なまでに格差を助長した。安倍晋三首相もその系譜をたどっているにすぎず、保守と呼ぶのもおこがましい。

以上、『99%の人が知らない「この世界の秘密」』(内海聡著)より。


★代表的な日本の政治家の死を一覧で眺めると、

『清和会に対立した経世会の末路』
 
(田中派)田中角栄 逮捕 ロッキード事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)竹下登  失脚 リクルート事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)金丸信  失脚逮捕 佐川急便献金・脱税 (←東京地検特捜部&国税) 
(経世会)中村喜四郎 逮捕   ゼネコン汚職 (←東京地検特捜部)
(経世会)小渕恵三 (急死)(←ミステリー)
(経世会)鈴木宗男 逮捕 斡旋収賄 (←東京地検特捜部)
(経世会)橋本龍太郎 議員辞職 日歯連贈賄事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)小沢一郎  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)二階俊博  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
 
(清和会)岸信介    安泰
(清和会)福田赳夫   安泰
(清和会)安倍晋太郎  安泰
(清和会)森 喜朗    安泰
(清和会)三塚 博   安泰
(清和会)塩川正十郎  安泰
(清和会)小泉純一郎  安泰
(清和会)尾身幸次   安泰

対米従属派である清和会の政治家と違い、国益を重視して米国と一線を画して近隣アジア諸国などと独自の繋がりを模索しようとした経世会の政治家は、悉く失脚もしくは殺害の末路を迎えている。

中川昭一の父親である中川一郎氏も、日本の近隣大国であるロシアからの、「米国石油メジャーとは別口ルートでの」原油輸入を画策し、入浴中、絞殺された。

日本人の覚醒【The Awakening of The Japanese】
https://kabukachan.exblog.jp/22379437/

 

 

 

 


テーマ:

日本民族が絶滅する・・・

・・・なぜ?

こんな日本になってしまったのか・・・

 

遺伝子組み換え食品によって、3~5世代後には、生殖機能を失った日本人で溢れるかも知れません・・・。

 

子宮頸がんワクチン・・・

子宮頸がんワクチンは動物を不妊にする薬から作った危険な薬です。

確実に不妊になる可能性が大です。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

「現代の食事はミネラル不足〜新型栄養失調」 中戸川貢の食育セミナー第1回


朝・昼・晩、全食コンビニの食事を続けると、
97%以上の確率で病気になります。と、国が認めています!

 

 

 

 

「食品添加物ワースト・ランキング」 中戸川貢の食育セミナー第2回

昆布エキス・かつお節エキス・しいたけエキス
○○エキスは科学調味料の隠れ蓑!!
これらは、複合添加物のかたまりです。

 

 

 

 

「間違いだらけの調味料選び」 中戸川貢の食育セミナー第3回

日本酒を買うなら、しぼりたて山廃純米吟醸無濾過生原酒がいい。

 

 

 

 

「間違いだらけの食品選び」 中戸川貢の食育セミナー第4回

食物繊維不足には、野菜サラダより穀物の方が、圧倒的に豊富。

 

 

 

 

「食の安全では売れない!食の安心で売る時代」 中戸川貢の食育セミナー第5

 

有機JAS・無農薬・自然栽培 

 

 


テーマ:

2018-04-26

『釈迦の霊泉』が効く病気:概要・主なメディア紹介など

主に効くといわれる病気
「釈迦の霊泉」の宿に掲げられた看板には、以下のような病気が書かれている。
心臓、末期癌、胆石、糖尿病、前立腺肥大、胃腸、内蔵、腹膜炎、肝硬変、湿疹、高血圧、白血病、膠原病(こうげんびょう)、ポリープ、花粉症、眼症諸病、狭心症、大腸腫瘍、いろいろな癌、筋委縮症、悪性難病、便秘、薬の副作用、慢性腸癒着、リウマチ他、慢性きかんしえん、アトピー性皮膚炎、自律神経失調症、脊椎管狭窄症

『スポーツニッポン』1990年10月29日『新平成の教祖たち』
広島の被爆者・深田久市氏(映画「生きいてよかった」のモデル)は、20日間の湯治で元気になり、医師団も奇跡的な回復に驚嘆した。

『日刊スポーツ』1998年6月26日
地下2千メートルから自噴するとされる鉱泉で、万病に効果があるとされる。
この霊泉を飲用したり、加熱して入浴することで、末期ガンや糖尿病、心臓病、肝臓病、腎臓病、ベーチェット病、パーキンソン病といった現代の医学では治療方法が確立されていない難病が治ったという人々が多い。

『日刊ゲンダイ』1998年5月25日
かつて「原爆症の治療に効果」とNHKで報道されたこともあった。
東大などの分析では、0.0257ppmのゲルマニウムが含まれていたとされる霊泉中の霊泉。
県内の男性(53)は5年前に腎臓がんで左腎臓の全摘出を受け、肺やリンパ節にも転移し、もって半年という状態から生還した。
「退院後一年半くらいは水の他にインターフェロンも使っていたけど、それもやめて後はずっと水だけ。今は月に一回泊まりにくる」

毎月、 新潟県長岡市から車を運転してやってくるという男性(75)。
14年前、「あと一週間の命」と宣告された末期がんから御神水の力でよみがえった。
「胃は全部切除。すい臓や肝臓にも転移し、大腸には梅干し大のがんが3カ所あるという状態でした。抗がん剤もすべてやめ、ここにきたのです。【中略】苦しみがウソのように消えました。大腸がんは三ヶ月できれいになくなりました」

『週刊ポスト』2000年11月10日号
胃癌の男性(77)は、「胃は全摘したのですが、その後、膵臓や肝臓にも転移がみつかり、さらに大腸に梅干し大のがんが3カ所あるというのです。医者に“余命いくばくもない”と宣告され、苦しみもがいていた末期の私を救ってくれたのは温泉の水でした」
入院見舞いの知人から『釈迦の霊泉』を聞き、藁にもすがる思いで妻と2人でたどり着いた。
「2回目の入浴を済ませた時でした。便意を催し、やっとのことでトイレに行くと、ヘドロのような血混じりのどす黒い便がどーっと出て、途端に痛みがウソのように消えたのです」
医者の治療をやめて釈迦の霊泉に長期滞在し、全身のがんは見事に消失した。

『釈迦の霊泉』(大澤祥二、日本工業経済新聞社、1993)
『釈迦の霊泉』という本には、末期癌、原爆症、白血病や難病など様々な重病が御神水の飲用や温泉の湯治で改善した・治ったという体験が100件以上紹介されている。

 

群馬 | 釈迦の霊泉

https://www.shakanoreisen.com/

 

 

 


テーマ:

 

 

【やっと、見つけました!】放射能排出アイテム「シリカ」
テレビ・雑誌では、美容・エイジングケア商品として注目が集まっていますが、 放射性物質の体外排出効果も期待されています。 
 「放射能 シリカ」で検索
この霧島の大自然が育んだ天然シリカ水 は、南九州霧島の地下水脈の天然湧水で世界トップクラスシリカ含有量最大98.0mg/1L! 
「水」なので、サプリと比べても安価で副作用の心配もありません。 硬度38軟水でph6.7弱酸性ミネラルウオーターなので、お子様や胃腸の弱い方でも飲みやすいと思います。

 

 

【結論】

予防原則生活(被曝対策)を習慣化=あとは天にお任せ=ストレス無く過ごす!
風の強い日はマスクなど、放射能防御・除染生活を実践! 

食品による内部被ばくを避ける!同時に、排出を心がける! 

発酵食品を含む純和食と野菜ジュースで体質改善! 

甲状腺・尿検査・心電図検診を受ける!(特にお子さん) 

不安が消え無いと嘆く前に、もっと困っている人(自主避難者や仮設住宅住まいの人など)を できる範囲で助ける! 


まとめ

今、起きていること
放射線による外部被曝
農産物・畜産物・水の汚染による内部被曝
海・海産物の汚染
土壌汚染

今、自分たちでできること
事実を正確に冷静に知る
汚染の実態調査(行政への要求も)
放射能被曝を防ぎ、体外排出する努力・生活習慣
万が一の時の想定と準備
節電・脱原発の働きかけ(廃炉-自然エネルギーへの転換)
汚染の実態や将来の健康被害が予測できない以上、予防原則に則って、できる限りの自己防衛を行いましょう。 

汚染食品の流通禁止や汚染土壌・ガレキの厳重保管などを念頭に置きながら、 「子供たちの摂取するベクレルの総量をいかにして減らせるか(給食・生活圏の除染)」が最優先の課題です。 

https://watagonia.com/radioactivity/index.html

 

 

内部被爆を防ぐ方法 【最強の内部被ばく対策】

【結論】お米と危険食材は、産地を選ぶか検査済みのもの! 外食は避け、純和食と野菜ジュース・サプリで免疫力アップ。
● 検査値公開サイトで 「危険食材の情報を常にアップデートする」が大切。(厳しい基準値を持つ食材宅配業者も有効!)
【常時チェック】食品の放射能測定値の公表サイト

● 汚染食材は、外食・中食に流通している可能性大! (外食・中食・コンビニは、極力避ける。) 

● 純和食と野菜ジュースの食生活が防御力高し! (酵素・乳酸菌・納豆菌などが、免疫力アップの肝。)
内部被爆を防ぐ食生活と食品群

● サプリメントを活用して、体内の抗酸化力・ 重金属排出力を高める!
体内放射能の除去食品(サプリメントほか)

● 体の危機管理システムは、 身体ストレスと心のストレスの区別が付かない! (マッサージなどリラックスして、ストレス無く過ごす工夫を) 


▼ 現在の要注意食材
牛乳
日本茶
麦(うどん・パンなど加工食品)
キノコ類
ハーブ類(大葉・ミョウガなど)
ベリー類
栗・柚子・梅
移行係数の高い野菜類(サツマイモ・ジャガイモ・大豆など)
肉類(牛肉・豚肉・鶏肉・野生動物の肉)
動物の内臓(レバー・ホルモンなど)
底魚(カレイ・ヒラメなど)
大衆魚(いわし・アジ・ブリなど)
川魚(アユ・ワカサギなど)
塩辛
チェルノブイリでは、ジャガイモがセシウムによって高濃度に汚染されたそうです。 日本でも、ニンジン・大根・芋類など土の中で育つ作物に注意が必要です。 特に、土壌汚染マップの土壌汚染の危険のある産地の移行係数の高い野菜に注意しましょう。 

チェルノブイリの周りには海が無いので、海の魚についての汚染データは殆どありません。 しかし海外では「海のチェルブイリ」と言われるほど、海への高濃度な汚染(主に海底の有機物層に堆積)が広がっています。 海での食物連鎖による濃縮は、どこでどんなふうに汚染が広がって行くのか分からないので、最大限の注意が必要だと思います。

特に三陸沖は寒流と暖流がぶつかる世界でも優秀な漁場です。正確な数字を測ることでしか、食の安全は保たれません。 

特にストロンチウムは、海に大量拡散していると予測されています。
ストロンチウム拡散 → 小魚 → 魚の骨・内臓・カニや海老の甲羅・貝殻に蓄積 → 魚粉として配合飼料になって牛・豚・鶏・養殖魚のエサ → 有機肥料として田畑へ
というストロンチウムの循環も考えられるために、魚粉・飼料・肥料などの検査も強化する必要があります。 (農林水産省/放射性セシウムを含む肥料・土壌改良資材・培土及び飼料の暫定許容値) 

最近は、鶏肉や卵からセシウムが検出されているという話があります。(うむっ、やっぱり飼料がアヤシイ・・・) 

※水俣病の時も「海は広いから薄まって大丈夫!」という認識が一般的になりつつあったと聞きました。 しかし、「一時的には薄まるが、その薄まったものが、食物連鎖を通じて濃縮されていった!」という事実が水俣病の最大の教訓だった思います。 

抗酸化物質不足の初期症状
内部被曝とは要するに、「老化のスピードが早まること」です。
要するに活性酸素を中心としたフリーラジカルをやっつける抗酸化物質を体に満たしておくことが 内部被曝対策に有効だと思います。
 

「体内の抗酸化物質が不足している」時の症状
★たびたび喉が痛む
★インフルエンザの症状が繰り返す
★肛門のかゆみが長引く
★水虫など真菌に悩まされる
これを1日4粒 これらの症状は、体内で過剰なフリーラジカルが発生しているため、 抗酸化物質のビタミンやミネラル不足の状態になっているということです。 

野菜ジュースを毎日飲んでいる私でも、 内部被曝対策(=フリーラジカル対策)に充分なビタミン・ミネラルを摂取できていないと考えています。 なので、マルチビタミンとビタミンCのサプリメントを併用しています。 
また、免疫系を助ける乳酸菌(ヨーグルト)も、毎日の野菜ジュースに入れています。 

放射性物質以外(食品の化学物質・環境ホルモン・携帯電話の電磁波など)の複合被曝対策にも、 抗酸化物質の摂取は有効です。 
http://watagonia.com/radioactivity/naibuhibaku_index.html

Ameba人気のブログ