佐倉国際スピーチコンテストに参加しました | サンシャインイングリッシュ

サンシャインイングリッシュ

サンシャインイングリッシュは英語を”読む・聞く・話す・書く”4技能を
小学校低学年のうちから無理なく身に付けられる英語教室です。
経験豊富な講師と一緒に、本当に使える英語を学びませんか?

今日、2年ぶりとなる佐倉国際スピーチコンテストが開催されました。当教室からは小学生の生徒さん3名が出場しました。3名ともマスクをしているにもかかわらず、内容がクリアに聞きとれる素晴らしいスピーチをすることができました。by アッキー(プロフィール

音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜

1分間の原稿を暗記し、スピーチする練習を9月から続けてきました。練習の成果を十分発揮することができほっとしています。

 

 

初出場となる4年生のITSUKAちゃん。

大好きなピカチュウについて話しました。初めてとは思えない堂々とした態度にびっくり!後半はピカチュウについてのクイズを入れました。会場から手が挙がり、想定外の展開にドキドキドキドキ 私がドラムロールの声掛けしてから答えを言うという仕込み通り(?)のスピーチで、無事笑いを取ることができましたウシシ

 

5年生のMOMOHAちゃんも初出場。

恐竜大好き女子のMOMOHAちゃん。恐竜の化石がたくさん獲れるカナダに行ってみたいという想いを話しました。スピーチを聞きながら、将来考古学者になってカナダで研究するという夢を本当に叶えるんだろうな、と確信しました。そのとき今習っている英語が活かせたら、こんなにうれしいことはありませんラブラブ

 

6年生のKYOTAROくんは3回目の出場。

ペットの猫のココアについて心温まるスピーチを披露しました。「勉強しているときココアが部屋に入ってくると困る。なぜならぼくは本当に勉強したいのだから」の部分が、オーストラリア出身の司会者にウケていましたウシシ KYOTAROくんの原稿には過去完了形や中学3年レベルの単語が出てきて結構難しかったのですが、さらっと覚えてしまったのはさすが!グッド!

 

3人ともおうちで何度も何度も練習を重ねてきました。前の晩から緊張し、不安を感じたりもしたと思います。その気持ちを乗り越えて、ステージの上でたくさんの人の前でスピーチした経験は、この子たちのこれからを支える柱の一つになることでしょう。スピーチを終えたときの3人の笑顔がまぶしかったですビックリマーク