中学校の英語の教科書が変わりました | サンシャインイングリッシュ

サンシャインイングリッシュ

サンシャインイングリッシュは英語を”読む・聞く・話す・書く”4技能を
小学校低学年のうちから無理なく身に付けられる英語教室です。
経験豊富な講師と一緒に、本当に使える英語を学びませんか?

昨年度から小学校5・6年生の英語が教科化され、それを踏まえて今年度から中学校の英語の教科書が変わりました。

by アッキー(プロフィール

チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫

 

旧教科書では英文法と語彙を学ばせるため(?)に作られた会話やストーリーがほとんどだったのですが、新教科書は英語で話したり発表したりといったオーラルスキルを培うユニットがかなり含まれています。

 

さらに英文法と語彙は、これまで高校1年で学んだものの一部が前倒しで中3に入り、中1と中2もそれぞれ前倒しになっています。

 

言うなれば、同じ大きさのスーツケース(3年間という期間)に、より多くの荷物を詰め込む必要ができたうえ、中に新たな仕切りができて、スペース自体も減ったというわけです。

 

これ、欲張りすぎじゃないの???

 

というのが率直な感想。オーラルをここまで盛り込むなら、文法の範囲はこれまで通りにするとかできなかったのでしょうか。

 

文法の扱いがとてもさらっとしている印象なので、その時間を削ってオーラルの時間を作るようにしてあるとは思いますが。

 

「文法さらっと、オーラル重視」 ですね。

(CMか!)

 

子どもたちの立場に立つと、小学校で英語教室に通っていお子さんはさほど違和感なく入っていけるでしょう。一方、小学校の外国語だけで中学に入るお子さんは苦労するでしょうね。

 

授業の復習をためずに、その時々でしっかりやり、なおかつ集中して授業を聞くことを強くお勧めします!

 

予習か復習かの2択に直面したときは、迷わず「復習」です。土台がしっかりできていれば、その上に積み重ねていくことはそれほど大変じゃないですよキラキラ