武漢市封鎖の影響で、帰国が出来ない中国人旅行客の短期滞在の延長を

出入国在留管理局が認められることになりました。

 アメリカをはじめ各国では中国人のビザ発給拒否をしております。

 オリンピックイヤーの日本はこれからどのような対応をするのでしょうか?

 

 

プラハは北京と姉妹都市協定を解消し、13日に台北市と協定を締結。

チェコに進出した中国エネルギー大手「中国華信能源」で起きた汚職スキャンダルが原因。

 

中国の接待外交も裏目。

政権に近い学者や政治家に接近し、訪中招請する手法は、中国に恩義を感じ、協力者の人脈を作るのには

有効だが、政権与党に逆風が吹いた場合、批判が中国に向く。

 

ASEAN有識者も一路一帯に不信感。

東南アジア諸国連合(ASEAN)の有識者の6割が一路一帯構想に不信感を抱いているのが

シンクタンクの調査で明らかになった。中国の覇権主義に対するASEAN諸国の警戒が露わに

なった一方、日本への期待も上がってきた。

 

 

スリランカ大統領に、元大統領マヒンジャ・ラジャパクサ氏の弟の

ゴタバヤ・ラジャパクサ氏が当選しました。

ゴタバヤ氏はマヒンジャ氏の親対中路線を継承する見込みです。

シーレーン(海上交通路)の要衝であるスリランカが親中になれば

アジア全体の安全保障に影響がでることも予測されます。

実際に「債務のわな」により、ハンバントタ港の運営権を中国企業

に99年の貸与を強いられた過去があります。

 

私の事務所にもスリランカ国籍の方が多くみえますが、彼らの

話をきくにつれ、本国では国民はとても苦しい生活を強いられて

いるようです。

少し古い資料ですが平成29度の日本でのスリランカ国籍者の

難民申請数は3位の2226人です。1位フィリピン、2位ベトナムの

人口がそれぞれ約1億人とすると、人口にたいする割合は1位

になってしまいます。

 

今回の当選により、国内情勢がよくなることを願います。

先週の金曜日、品川の東京出入国在留管理局に行ってきました。

申請が終わり、在留カードの受け取り待ちになりました。

こういった時に私はよく近くの某ファミレスで昼食がてら、本を読んで

待ってます。

 

ここではベトナムの留学生がアルバイトしてます。

私が昼食を終え、本を読んでいると中国人の団体20人位が入店して

きました。

私はよく海外に行くのですが、各地の観光地で大勢の中国人をみます。

彼らはなにしろ人数が多いので騒がしい傾向があります。

 

正直「騒がしくなるな」と思いながらも本を読んでいると、全然静かなのです。

不思議になって団体を見ると食事を済ませた全員がスマホをいじっているのです。

中国はいまやIT大国で、電子決済も日本より進んでいます。

中国人の団体を静かにさせるスマホ、本当に使いようによっては「時間」という

人間がもつ最大の資産を奪ってしまうものですね。

私が最近読んだ本を紹介します。

 

 

 

出入国在留管理局は8日、在留資格「特定技能」を得た外国人が895人と発表した。

4万7千人を見込んでいたが予定の2%である。原因は準備不足にある。

 

特定技能に変更できる技能実習生は年間9万人いるが、変更する外国人は少ない。

これは、転職できる「特定技能」を企業が敬遠しているからだ。

今回の被災を受けて、私なりに復興の手助けが出来ないか考えた結果、

とある復興に必要になってくる会社の株式を買いました。

 

最近流行りのSDGs(投資を通じて社会に貢献する)です。

 

 

森法相が閣議後の記者会見により発表しました。

出入国在留管理庁は、来日した外国人技能実習生の失踪防止に本腰を入れる。

防止策は、日本の管理団体、受け入れ企業、母国の送り出し機関が大量失踪者を出した場合、賃金の未払いや不法な天引きなどが見つかった場合、新規実習生の受け入れを一時停止するほか、失踪した実習生を違法に雇った企業の名前を公表することも検討している。

技能実習制度が改善されるには、現場の警備官が果たしてどれだけ増員されるか鍵だと思います。そこまで考えないと、せっかくの制度が形骸化してしまう可能性があります。

 昨日、東京出入国在留管理局千葉出張所で

千葉県行政書士会、国際部が無料相談を行いました。

相談員の方々、お疲れ様でした。

今夜からまた大雨みたいです。

被災された皆さん、本当に頑張ってください!!

安倍総理大臣は、今年度予算の予備費から、7億1000万円を支出することを持ち回りで閣議決定するそうです。

7億1000万円。この数字を多いと捉えるか、少ないと捉えるかは捉える方の解釈だと思いますが、今年度の国債発行額は約32兆円です。

今年度の予算でキャッシュレス決済時に最大5%のポイントを還元する費用として2798億円を計上しています。

正直、私は額に対し疑問を感じてしまいます。