こんにちは、サンライズ保育士キャリアスクールです。

今日は、【H28年10月試験】児童家庭福祉の過去問の解き方を紹介します。

 

 

問1 次の文は、「児童の権利に関する条約」第 18 条「親の責任」の一部である。( A )

~( D )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

 

第 18 条

1 締約国は、児童の( A )及び発達について父母が共同の責任を有するという原則

 についての認識を確保するために最善の努力を払う。(中略)児童の( B )は、こ

 れらの者の基本的な関心事項となるものとする。

2 締約国は、この条約に定める権利を保障し及び促進するため、父母及び法定保護

 者が児童の( A )についての責任を遂行するに当たりこれらの者に対して適当な

 ( C )を与えるものとし、また、児童の( D )のための施設、設備及び役務の

 提供の発展を確保する。

3 (略)

 

 (組み合わせ)

    A          B       C   D

1   養育        最善の利益  援助  養護

2   養育       最善の利益  養護  援助

3 最善の利益    養育       援助  養護

4 最善の利益    養育       養護  援助

5   養護       最善の利益  援助  養育

 

 

正解:1

 

キーワードは、「養育」「と「養護」という言葉です。

養育と養護の違いを説明できますでしょうか?

簡単に説明すると、下記の通りです。

 

養育: 養って育てること。一般家庭で、親が子供を育てるイメージ。

養護: 養育+保護。被虐待児や非行少年など、保護が必要な児童を養育すること。

 

この違いが説明できていれば、Aは養育、Dは養護と判断することが出来ます。

「児童の権利に関する条約」の文章を覚えていなかったとしても回答できるのです。

 

以上、【H28年10月試験】児童家庭福祉の過去問紹介でした。

 

 

☆実技試験などの詳細・お申し込みは下記まで☆

https://www.sunrise-school.jp/schedule/practical_courses.html

 

☆筆記試験などの詳細・お申し込みは下記まで☆

https://www.sunrise-school.jp

 

☆現在、発売中!!

「ゴロ合わせでらくらく暗記!保育士完全合格要点ブック」の詳細・購入は下記まで☆

www.amazon.co.jp/dp/B07LBP2GCM