日本と大きく異なるアメリカ人の仕事論 | N.Y.に恋して☆

日本と大きく異なるアメリカ人の仕事論

今までこのブログでは、ニューヨークでの生活に焦点を当ててきましたが、「ニューヨークで働く」というコーナーを新設しました。ニューヨークで働くことで見えてきた、日本と大きく異なるアメリカでの仕事風景、アメリカ人の仕事への価値観についても書いていきたいと思います腕時計

最初のテーマは、「リストラ」と「転職」について。
いきなりなぜこの話題かというと、この転職への考え方の違いに、日本人とアメリカ人の仕事、しいては人生の価値観への違いが凝縮されていると思うからですひらめき電球

日本では、アメリカではリストラは広く行われているという印象があると思いますが、それは本当です。映画の中のような話ですが、昨日まで一緒に普通に働いていた同僚が、翌日突然いなくなり、会社のメールアドレスも使えなってしまうといった場面に、今まで何度か遭遇してきました。

会社は、なぜリストラをするのでしょうかはてなマーク主な理由は、遅刻が多いなどの勤務態度の欠陥、職階にあった仕事ができていないといった本人に問題があるケースもありますが、会社側の内部事情によるものもあります。

例えば、右肩上がりの利益を上げたい会社にとって、その達成見通しが困難になった時に一番簡単な方法は、従業員を解雇して固定費である人件費を減らすことなのです。そういったケースの場合、会社としては、減らしたい費用の金額が概ね見えているので、そこから逆算して、解雇する従業員の数が決まって来るのです爆弾
仕事のできない人から対象になっていきますがあくまで対象者の人数は会社の計算に合うように決められているので、解雇された人たちみんなの仕事ぶりが他の人よりはるかに劣っているかといえば、そんなことはない場合もあります。

なんとも会社の自分勝手な考え方だと思ってしまいますが、それがアメリカ企業の実態なのです。

そんな状況に対して社員がなぜ文句を言わないのか、なぜこうしたことが可能であるのか、は次回に続きます宝石赤