NY在住日本人の週1の楽しみ | N.Y.に恋して☆

NY在住日本人の週1の楽しみ

NYのような大都市でも、日本人が暮らすのは意外と大変ですかお

それは、日本で慣れ親しんでいたことが簡単にできないからあせる

日本人人口がもっともっと増えれば、日本人向けサービスも充実すると思うのですが、現状では採算がとれず、難しいのかもしれないです。


完全日系のスーパーは、広いマンハッタンになんと6軒のみビックリマーク

日本のテレビ番組は、特別チャンネルとして存在するのですが、見るには特別料金が必要がま口財布

日本の新聞は一体どこで売っているのでしょうかはてなマーク


そんな状況の中で、NYでは日本人向けのフリーペーパーが充実していますアップ

週間NY生活、よみタイム、NYジャピオン、chopsticksなどが有名ですが、その中で私の一番のお気に入りは、週間NY生活ニコちゃん


この新聞の他紙との違いは、情報量の多さ、話題の豊富さ。また、この新聞のみNY在住者だけでなく、日本在住のNY好きな人も読者対象としているため、誰が読んでも楽しめる構成となっています。

他のメディアから買い取った記事をそのまま載せて、半ば日本のスポーツ新聞のように芸能情報だらけの新聞もある中で、週間NY生活は、毎週すべての記事が、この新聞社の記者の手により書かれていて、編集長の新聞への思い入れを感じますにゃ


紙面は、1面トップ記事クリップ、NYに関する政治・経済・社会的記事メガネ、NYのイベント情報リボン、英語マンガメモ、旅コラム船、おすすめレストランワイン、映画レビュー宝石白、NYで活躍する女性紹介ワンピース、book review本、そしてNY在住の相原勇や大江千里のコラムしっぽフリフリと盛りだくさん。

広告収入だけでまかなっているのが信じがたいほどの充実度ですキラキラ


その週間NY生活は、日系レストランや日系スーパー、マンハッタンにただ1つの日系本屋である紀伊国屋書店等で入手でき、またインターネットでも閲覧可能だったのですが、前号からさらに大きな変化が。


i Phoneとi Padでも無料で読めるようになったのです。

これを機に、私の大好きなこの新聞がもっと広まればと思います林檎


ベルPC版はこちらからどうぞ

http://www.nyseikatsu.com/