UNIQLOとMUJIのNY戦略 | N.Y.に恋して☆

UNIQLOとMUJIのNY戦略

NYは大都会、と言っても、まだまだこちらへ進出している日系企業はそんなに多くないと思います。

文化やビジネススタイルの違い、そして起業プロセスの違い、起業後の経営の難しさもあり、NYで一定の顧客を確実に獲得できる、という確証がない限り、出店を行わないのだと思いますかお


そのような中で、健闘しているのが、UNIQLOMUJIアップ


どちらも、ファッションの中心地SOHOBroadwayという大通り沿いに大型店舗を出店していますキラキラ


日本人には、両社の製品のすばらしさ、使い勝手の良さはよく知られていますが、ニューヨーカーの間でも大人気で、広い店舗は常ににぎわっています。


N.Y.に恋して☆-MUJI
MUJIのSOHO店。NYの古い建物にあったすてきなつくりです目


しかし、面白いのは、両社の経営戦略は正反対であるということ左右矢印

UNIQLOが米国型なのに対して、MUJIは日本型のビジネスを行っています。


違いを比べてみると…

(UNIQLO:U、MUJI:M)

宝石紫商品

U:現地生産。商品のタグは英語。サイズもアメリカ人に合わせて、XLの特大サイズがたくさん売られています。

M:日本からの直輸入船日本語のタグの上に英語のシールが張られています。


宝石緑値段

U:若干高いけれど、ほぼ日本と同じ。(現地生産のため、コストが抑えられているのだと思います。)

M:けっこう高め。日本から輸入する際の諸経費がかさむため、重量に比例して値段もアップ。


宝石白店員

U:日本人店員は見かけたことがありません。

M:何人か日本人店員がいます。


宝石ブルー広告宣伝

U:アメリカ流。ブラックフライデー 限定のトートバックのプレゼントがありました宝石赤また、11月は、42stとグランドセントラルを東西に結ぶ電車一面に広告を出していたことで話題になっていました地下鉄

M:日本流。ブラックフライデーのセールも特にありませんでした。



N.Y.に恋して☆-UNIQLO present
ブラックフライデーのプレゼントリボン トートバックとカタログです(カタログには日本の有名モデルさんがたくさん)。



N.Y.に恋して☆-UNIQLO train
UNIQLOのヒートテック電車ニコちゃんNYの地下鉄は、日本のように広告が載った華やかな電車はほとんどないので、乗客の目をひいていました。色も鮮やかできれいですきゃー


戦略は正反対だけれども、両社ともNYで成功している日本企業の手本事例グッド!

経営に画一的なものはなく、会社ごとに自分たちにあった戦略を選ぶことがいかに大切か、ということを物語っているように思います。


ベル

UNIQLO SOHO(アメリカはこの1店舗のみです)

546 Broadway, New York, NY 10012 USA


MUJI SOHO(NYには、他にTimes Square、Chelsea、JFK店があります)

455 Broadway (Between Grand and Howard Streets)