やはりバッテリーは高いか? | 元太陽光発電技術者の道楽ブログ

元太陽光発電技術者の道楽ブログ

30年余り太陽光発電に携わってきましたが、リタイアすることにしました。
これまでの経験を活かし、我が家の屋根太陽光発電や購入した分譲太陽光発電所の状況・運営・評価などをはじめ、太陽光発電の技術に関連したことを中心に呟いていこうと思います。


テーマ:

ニチコンという会社が太陽光発電の「2019年問題」を狙ったバッテリーシステムを出しました(ニチコンが低価格39万8千円のV2Hシステムを2019年1月発売)。低価格がうたい文句のようですが、高いですねぇ。

 

バッテリーを太陽光発電と合わせて使う場合の経済性については、以前のブログで簡単に触れました(電気をためる」のは太陽光の望み)。そこではバッテリーのコストが3万円/kWhぐらいになれば採算はとれるという計算でした。今回のニチコンのバッテリー容量は、上記の記事には書いてありませんが(なんでこんな重要な情報を載せないのだろう)、調べてみると4kWh8kWh。これらが40万円と80万円だから、10万円/kWhになりますね。3万円/kWh3倍以上しています。

 

まぁ、パワコンが含まれているとか電気自動車への充電ができるとか、いろいろ付加価値もありますので単純には比較できません。

 

で、家庭で使うなら8kWhぐらい欲しいところですかね。80万円!!! 単純計算なら高いんですけれど、絶対額でみると手の届く範囲。これで停電対策もできるとなれば、80万円出す人は結構出てくるかもしれません。案外、良いところを突いた値段かも。

 

購入する人が多く出てくれば、バッテリー価格も下がってくるでしょう。どうなりますかね。2019年、楽しみですね。

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

ブログを面白いと思われましたら是非ボタンを押してください。


にほんブログ村

 

tomatosoupさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス