酷い設置の太陽光が多いな | 元太陽光発電技術者の道楽ブログ

元太陽光発電技術者の道楽ブログ

30年余り太陽光発電に携わってきましたが、リタイアすることにしました。
これまでの経験を活かし、我が家の屋根太陽光発電や購入した分譲太陽光発電所の状況・運営・評価などをはじめ、太陽光発電の技術に関連したことを中心に呟いていこうと思います。


テーマ:

たまたま私のところにそういうニュースが流れやすいのか、酷い設置の太陽光の例をよく見ます。下の写真はその例です。Twitterで見ることが多くて、大抵は太陽光発電に対する批判と共に流されています。

     @guevara959                   

 

 @lXレンレンXl            

 

  @4_tecate

確かに酷い設置ですね。これなら私も文句を言いたくなります。どうも太陽光発電は建築物では無かったために建築基準法の対象にならず、こういう設置がなされてしまったようですが、設置業者はもっとしっかりした設置をしようと思わなかったのでしょうかねぇ。あるいは発注者がコストダウンのために強引にこのような設置にさせてしまったのか。背景は良く判りません。

 

経産省も問題意識を持ちFIT法を改正しましたが、効果のほどはどうなのでしょう。最近、JPEA(太陽光発電協会)はFITの認定申請の審査を厳しくして申請を通り難くしたようですが、ちょっとしたミスに厳しくて滞っているようです。もっと他にやることがあるんじゃぁねーの?

 

私はこのような酷い設置は太陽光全体のほんの一部だと思っていました。今でもそうであってほしいと思っていますが、これだけよくTwitterで見かけると心配になります。経産省も頑張っていくつか摘発して欲しいですね。そうしたら、慌てて直すところも出てくるのではないでしょうか。甘いかな・・・。

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

ブログを面白いと思われましたら是非ボタンを押してください。


にほんブログ村

tomatosoupさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス