2018年6月の太陽光発電まとめ | 元太陽光発電技術者の道楽ブログ

元太陽光発電技術者の道楽ブログ

30年余り太陽光発電に携わってきましたが、リタイアすることにしました。
これまでの経験を活かし、我が家の屋根太陽光発電や購入した分譲太陽光発電所の状況・運営・評価などをはじめ、太陽光発電の技術に関連したことを中心に呟いていこうと思います。


テーマ:

先月の我が家の6月屋根発電の結果がまとまりました。

まずこれまでの月平均の1kWあたり一日発電量の経過です。赤線が2018年です。

 

6月としてはこれまでの5年間で2番目に悪いですね。思ったより悪い結果でした。まぁ、許せる範囲ですけれどね。

 

次に、他発電所との比較グラフです。上記と同じようにパネル1kWあたりの一日平均発電量でプロットしています。赤線が我家屋根です。

 

線が重なって判りにくいですが、全体的に同じような傾向なので、どこともこの6月は悪かったのだろうと思います。灰色の線で少し上になっているのは所沢市がやっているフロートソーラー(水上発電)です。フロートは相変わらず調子よいなぁ。冷却効果かなぁ?

 

次に屋根発電の一日最大発電量の(パネル1kWあたり)グラフです。今年は赤線です。

 

これが一番気になるグラフ。パネルに劣化が無いかの指標として見ていますが、これを見ると最近は少し悪いような気がしてしまいます。気になるので市内のメガソーラーの出力との比較もしています。月平均の発電量で自宅屋根に対する市内メガソーラーの比のこれまでの経過は下表のようになっています。これを見るとあまり変化が出ていないので、まだ大丈夫なのだと思います。

 

 

で、
一番気になる投資回収率は・・・、
現在検針票の届いている今年5月までの55か月間の売上実績で見ると回収率は49.8%でした。この調子だと110ヵ月で100%投資回収できることになります。10年以内の投資回収可能なのは変わっていません。まだ僅かながら利益が確保できる範囲ですね。

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

ブログを面白いと思われましたら是非ボタンを押してください。


にほんブログ村

tomatosoupさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス