中国電力でも太陽光発電によるチラツキ発生か | 元太陽光発電技術者の道楽ブログ

元太陽光発電技術者の道楽ブログ

30年余り太陽光発電に携わってきましたが、リタイアすることにしました。
これまでの経験を活かし、我が家の屋根太陽光発電や購入した分譲太陽光発電所の状況・運営・評価などをはじめ、太陽光発電の技術に関連したことを中心に呟いていこうと思います。


テーマ:

中国電力から連絡がありました。なんでも中国電力管轄内でフリッカ現象が発生しているとか。これは昨年のゴールデンウィークに九州電力管轄内で起こったトラブルと同じですね。太陽光発電が大量に導入されたために起こる現象です。九州電力では太陽光発電側にPCSの対策を依頼しているようですが、今後の太陽光発電には出力抑制受け入れを義務付ける方針のようです。

 

九州は太陽光発電が大量に導入されていることで有名でしたから、このような現象が起こってしまったのだな、と他人事のように思っていましたが、私の太陽光発電所がある中国電力管轄内でもフリッカが発生したようです。多分、ゴールデンウィークに起こったのでしょう。この調子だと他の電力会社のところでも起こったのかな?

 

中国電力からの要請は「定期点検の時にでもPCS設定変更を実施するように」ということなので、そのつもりでいます。手元のマニアルではこのような設定作業のことまで書かれていないので、ユーザーがやる作業ではなく業者にやらせないといけないのでしょう。まぁ、仕方がないですね。

 

これでフリッカが収まって出力抑制まで至らなければ良いのですが・・・・。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

ブログを面白いと思われましたら是非ボタンを押してください。


にほんブログ村

tomatosoupさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。