えっ、ハウステンボスが太陽光パネルを作るの? | 元太陽光発電技術者の道楽ブログ

元太陽光発電技術者の道楽ブログ

30年余り太陽光発電に携わってきましたが、リタイアすることにしました。
これまでの経験を活かし、我が家の屋根太陽光発電や購入した分譲太陽光発電所の状況・運営・評価などをはじめ、太陽光発電の技術に関連したことを中心に呟いていこうと思います。


テーマ:

あのテーマパークのハウステンボスが太陽光パネルの生産に乗り出すとは驚きですね。太陽光パネルだけでなく蓄電池の生産も始めるそうです(ハウステンボス、太陽光パネル・蓄電池製造へ)。場違いな気がしましたが、調べてみるとハウステンボスは既にテーマパークの周辺で太陽光発電事業を行っており、昨年末には太陽光を使った新電力事業も立ち上げるなど(ハウステンボス、「太陽光でんき」で家庭向け電力小売り参入)、少しずつ太陽光関連の実績を積んできているようです。

 

 

しかし、パネルの生産にまで進出とは凄いですね。なんでもハウステンボスが出資しているポーランドの会社が開発したフィルム型の太陽電池を生産するそうです。ちょっと特殊な太陽電池ですね。普通の太陽電池だと今や凄い勢いの中国に勝つのはちょっと無理でしょうけれど、特殊分野なら勝算があるのかもしれません。蓄電池の方はバイオ素材を使ったもののようで、これは日本のベンチャーの技術らしいですが、どうなのでしょうね。

 

ハウステンボスという会社の特殊性を考えると、テーマパークや関連施設だけで多少の特殊需要が考えられます・・・、つまり見栄えの面白い太陽電池と環境に優しい蓄電池を使い、再生可能エネルギー100%で運営をしているという謳い文句でテーマパークのイメージ向上に貢献できるという利点があります。大損することは無いかもしれません。

 

どうなるか判りませんが、来年ぐらいにはパネル販売するらしいです。ハウステンボスの太陽光事業がどうなるかと言うことと同時に、どんなフィルム太陽電池が出てくるのかも気になりますね。

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

ブログを面白いと思われましたら是非ボタンを押してください。


にほんブログ村

tomatosoupさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス