元太陽光発電技術者の道楽ブログ

30年余り太陽光発電に携わってきましたが、リタイアすることにしました。
これまでの経験を活かし、我が家の屋根太陽光発電や購入した分譲太陽光発電所の状況・運営・評価などをはじめ、太陽光発電の技術に関連したことを中心に呟いていこうと思います。


テーマ:

私の野立て発電所のなかに、同じところで設置角10度と20度が混在しているところがあります。パネルあたりの発電量を稼ぐため20度にしようと思ったのですが、最後列の架台だけは耐風速の問題から10度にしたため、そのようになりました。その結果、設置角10度と20度の差が判るというおまけが得られました。一昨年は半年間のデータでその違いを見てみましたが、昨年は一年を通してのデータが得られましたので、また比較してみました。

 

面倒なので計算過程は省略して結果だけを申しますと、
20度の方が10度より発電量が3%多い」ということになりました。

ざっと途中経過を見ると、夏至の頃は10度の方が5-6%発電量が多いけれど、冬至の頃は20度の方が10-15%発電量が多く、一年を通すと20度が3%多くなるようです。

 

3%を多いと見るか少ないと見るか微妙ですね。パネルの専有面積は設置角10度と20度でそれほど変わりませんが、影を避けるための間隔が20度ではかなり大きくなりますね。計算すれば判ることですが、面倒なので省略して(笑)、多分10度の方が得なのでしょう。

 

参考になるでしょうか。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

ブログを面白いと思われましたら是非ボタンを押してください。


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

tomatosoupさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。