元太陽光発電技術者の道楽ブログ

30年余り太陽光発電に携わってきましたが、リタイアすることにしました。
これまでの経験を活かし、我が家の屋根太陽光発電や購入した分譲太陽光発電所の状況・運営・評価などをはじめ、太陽光発電の技術に関連したことを中心に呟いていこうと思います。


テーマ:

昨日の続きです。このシンポジウムは12日、13日の2日間行われ、12日はビジネス的なこと、13日は技術的なことでまとめていました。そのうちの12日について・・・

 

まず全体的な印象として、「太陽光発電は基幹エネルギーになることを目指す」というのが全面的に出ていたと思います。具体的には設備容量として2030年に100GW1kW)、2050年に200GW(2kW)を目指すJPEA目標(下図)がかなり現実的になってきたようです。これは今年海外で太陽光発電コストが3/kWhを切ったことから、経済的に既存電源と十分に対抗できる目途がたったからだと思います。太陽光発電のコストが下がったことは強調されていました。

 

一方、ビジネス面では2019年に最初のFITユーザーが高値買取り期間終了になる2019年問題が注目を浴びていたようです。FIT買い取り期間が終了しても、ほとんどのユーザーは投資を回収しているので、その後の発電コストはタダになると見られます。その人たちに自家消費のための蓄電池を売るというビジネスがまず考えられますが、更にアグリゲーションビジネスが可能になって来ると見られているようです。

 

アグリゲーションビジネスとは各家庭にある太陽光発電や蓄電池をまとめて管理・制御して、1つの大きな発電所のように運営する事業のことです(下図)。

 

今はIoTやネットワーク技術が発達していますので、数多くの小さな発電所や蓄電池を高度に制御することができ、このような事業が可能になってきたのでしょう。既に欧州ではアグリゲーションビジネスが行われているようなので、日本でも確実に行われるようになると思われます。このように未来の電力ビジネスが電子化されるということは十分に予想されますが、インターネットを使って制御されるとなると、私などはちょっと怖い気もします。その辺りについては何も言及はありませんでした。

 

また住宅太陽光発電のように電気を作り出し、消費するユーザーのことをプロシューマーと呼ぶようです。アグリゲーションビジネスでは多くのプロシューマーの間で電力取引されるわけですが、この取引の管理にブロックチェーンが使われそうです(下図)。

 

ブロックチェーンと言うとビットコインの制御に使われているプラットフォームですが、もうこうなると私にはついて行けません。とにかく、アグリゲーションにせよ、ブロックチェーンにせよ、未来の電力取引がデジタルで高度化されるのだろうということだけは判りました。多分、AIも電力取引に使われるのでしょう。その高度化の引き金になるのが2019年問題のようです。

 

この際、AIとかブロックチェーンとか、勉強しようかな。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

ブログを面白いと思われましたら是非ボタンを押してください。


にほんブログ村

ブロトピ:理系サークル!

ブロトピ:記事紹介!!

ほんブログ村

tomatosoupさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。