太陽光発電シンポジウムに行ってきました1 | 元太陽光発電技術者の道楽ブログ

元太陽光発電技術者の道楽ブログ

30年余り太陽光発電に携わってきましたが、リタイアすることにしました。
これまでの経験を活かし、我が家の屋根太陽光発電や購入した分譲太陽光発電所の状況・運営・評価などをはじめ、太陽光発電の技術に関連したことを中心に呟いていこうと思います。


テーマ:

今日、明日と浅草のヒューリックホールで太陽光発電シンポジウムです。これは太陽光発電協会(JPEA)が毎年行っているもので、業界にとっては大きなイベントの一つです。今日行って判ったのですが、今年で30周年だそうです。私はここ数年は毎年参加していますが、それまではほとんど参加せず(高かったので)、これまでの合計でも10回ぐらいしか参加していないと思います。

 

内容については明日参加してから纏めようと思いますが、今日は簡単な感想。

 

まず、今年は開かれるのが遅かった! よく覚えていませんが、昔は春、最近でも秋に開かれていたと思います。何で今年はこんなに遅かったのだろう。改正FIT法への対応で忙しかったのか。

 

参加費は2日間で2万円。昔は5万円ぐらいしたけれど安くなりました。でも、私のように関心が強い人間か業界人でないと、まだ高いですね。しかしそのせいか予稿集が安っぽくなりました。おまけに2日分を2部に分けて、1日しか参加しない人は予稿集もその日の分しかもらえません(参加費は半額の1万円ですが)。ケチになったなぁ。

 

参加者は200人ぐらいですかね。もう少し居たかな。今年は開催間際まで「まだ空席がありますのでご参加ください」というようなメールが2回も来ました。参加者が減っているのでしょうか。

 

とにかく何となく寂しさを感じるシンポジウムでした。内容は明日以降アップします。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

ブログを面白いと思われましたら是非ボタンを押してください。


にほんブログ村

tomatosoupさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス