学校の屋根借り太陽光 | 元太陽光発電技術者の道楽ブログ

元太陽光発電技術者の道楽ブログ

30年余り太陽光発電に携わってきましたが、リタイアすることにしました。
これまでの経験を活かし、我が家の屋根太陽光発電や購入した分譲太陽光発電所の状況・運営・評価などをはじめ、太陽光発電の技術に関連したことを中心に呟いていこうと思います。


テーマ:

学校の屋根に太陽光を設置するという話はよく聞くように思いますが、まだそれほど普及している訳では無さそうですね。これを狙って学校の屋根を借りて太陽光を設置するビジネスが発表されています(学校で「屋根借り太陽光」、NTTスマイルと柴田工業が連携)。

 

学校を監督する自治体には予算やマンパワーの問題があるようで、小中学校への太陽光の普及率は25%ぐらいということです。このためNTTと柴田工業では、屋根を借りて無償で太陽光を設置し、自治体には使用料を払い、メンテなどの人手もNTT側で面倒を見るというスキームを組むようです。

 

よく考えてみれば学校の屋根は貴重な遊休地とも言えますね。また、学校は災害時の避難場所になっていることが多く、太陽光発電を非常電源として使えるようにしておけば一石二鳥になるので太陽光設置には狙い目です。各社、狙っているでしょうから、できるだけ自治体が魅力に感じるシステムにすることと、NTTのようなネームバリューのある会社と組むことが営業には重要でしょう(役人はネームバリューに弱い!)。

 

どのような形にせよ、学校にどんどん太陽光を導入していってくれたらと思います。

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

ブログを面白いと思われましたら是非ボタンを押してください。


にほんブログ村

tomatosoupさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス