こんばんは。
大好きな安城市の在宅医療に貢献したい!
日だまり訪問看護ステーション
看護師 山田万理です。


訳あって日だまり訪問看護のエースが
火曜日から今日まで6連休です。
彼女の不在を
ひしひしと感じています。
毎日てんやわんやですアセアセ


休みに入る前
彼女なりに業務整理してくれました。
受診時に持参する手紙の作成や
主治医への情報提供のFAX。
お誕生日メッセージカードの作成。
褥瘡処置に必要な物品の用意etc.

訪問以外にも業務はたくさんあります。




高齢者は医者から
「お変わりないですか?」と
聞かれると
「はい。変わりないです。」
「ぼちぼちです。こんなもんです。」など
ついつい口から出てしまいアセアセ
病状を上手く説明できなかったり
医師に質問することができないことが
多いです。


血圧が低めでフラフラしてても
「変わりないです。」と言えば
同じ薬が処方されます。
降圧剤が数種類処方されていても
次回受診は早くて1カ月後。
3カ月に1回のこともあります。


もしかしたらふらつきが強くなって
日常生活に支障が出たり
転倒するかもしれませんタラー
最悪な場合は骨折からの寝たきり生活もやもや


日だまり訪問看護は
利用者が安全安楽に生活できるように
リスク管理して
利用者の代弁者になります。

受診時に持参する手紙や
受診前の情報提供のFAXは重要書類です。

私は社外に出す
すべての書類をチェックします。
彼女がタイミングを逃さずに
情報提供していることが分かります。




彼女はスタッフに
自分の休み中にやって欲しいことを
いくつかお願いしていました。
業務の効率だったり
利用者さんの幸せを考えてのことです。


日だまり訪問看護は
お誕生日にプレゼントと一緒に
写真入りメッセージカードを手作りして
お祝いしますプレゼント


彼女が撮った写真が
遺影になったこともあります。
利用者さんから可愛がって頂いて
信頼関係が築けているからこそ
スタッフだけに見せる笑顔があります。


介護者さんから
「写真館に行こうと言ったら
お袋が縁起でもないって怒っちゃって
結局行けずじまいでした。
この写真の顔が穏やかで
1番お袋らしいなと思って
使わせてもらいました。
写真、ありがとうございました。」
感謝されたことがありました。



高齢になると外出が大変になりますし
写真撮影の機会が減ります。
彼女はいい仕事をしますグッ
 下矢印



今日は私が彼女に代わり
6件訪問しました。


スタッフと私が仕事をしやすいように
Yカットされたガーゼや
褥瘡処置が必要な利用者の
創部の大きさに合わせた衛生材料が
準備してありました。
生産性や効率を意識して
仕事をしている彼女ならではです。


とにもかくにも彼女の不在を
なんとか乗り切りました。

いつも頑張ってくれてありがとうラブラブ
日だまり訪問看護のエースで
あなたは私の誇りですキラキラ

そしてスタッフにもありがとうラブラブ
今までもそうだったけど
日だまり訪問看護がピンチの時に発揮する
みんなのチームワークに
いつも救われています。
これからもよろしくね。
 
こちらもどうぞ
 下矢印




明日はお休みもらいます。
心と体を労ることにします。

だがしかし・・・

子供2人が夏休み。
ゆっくりできないアラフィフ主婦で
ワーママな私ですアセアセ



それでは今日はこの辺で。
また明日。