こんにちは。

大好きな安城市の在宅医療に貢献したい!

日だまり訪問看護ステーション

看護師 山田万理です。


今日は以前の記事を再投稿します。



先日、10年間急性期病院で

退院支援看護師として

患者さんと介護者に寄り添ってきた

高橋めぐみさんからDMを頂きました。



高橋さんは

介護や親のことで悩む人のためになればと

クラウドファンディングに挑戦しています。


苦しんでいる人に逃げ場を作りたい

孤独を感じている人に光を届けたい


そんな熱い思いが伝わってきました。



クラウドファンディングで目指す活動

クローバー医療介護に関する情報発信

クローバー気軽に専門家に相談できる

 コミュニティ作り

 専門家というのは

 病院、施設、在宅の勤務歴がある看護師

 ケアマネジャー 法律家etc.

クローバー地域の医療介護サービスと

 つながるためのサポート



病気により

(認知症、がん疾患、心不全などの慢性疾患)

予測される未来は異なります。

課題は介護だけではありません。

行政上の手続きや財産管理など

看護師の職種では解決できない悩み事は

たくさんあります。



親の終活だけでなく

自分の人生を自分らしく生きるためにも

有益な情報を得られる

サイトになるかと思います。



詳しくは高橋さんのブログをご覧下さい

こちら

下矢印



クラウドファンディングについては

こちらをご覧下さい。

下矢印



私も微力ながら支援させて頂きます。

拡散をお願いされております。

一人でも多くの方に

このブログが届きますように!



介護者だけでなく訪問看護師にとっても

必要で有益なコミュニティになるはずです。



日だまり訪問看護は

利用者と介護者にとって

最善で有益な看護を目指しています。

日だまりはこうするけど、

他の事業所ならどう対応するんだろう?

そういった時にどこか相談する先が

あるといいのになぁと思います。



そうだなぁ…

私が相談するとしたら先日の

生活保護受給者が所持金500円で

病院受診できないときに

私は代理受診という方法をとったけど

他の事業所ならどうしたんだろう?って

考えます。

こちらのケースです

 下矢印



高橋さんが作りたいコミュニティは

医療職だけでなく法律家や

社会福祉士の方が所属します。

立場や役割が異なります。

異なるパワーをかけ合わせると

大きなシナジー効果を生み出します。


クラウドファンディングの終了が

迫っています。

高橋さんの夢が叶いますように

私も諦めずに応援します。




それでは今日はこの辺で。

また明日。