何とかならんか! | 誰でもバイリンガル!SUNNY BUNNY子ども英語教育メソッド

誰でもバイリンガル!SUNNY BUNNY子ども英語教育メソッド

英語を教えるのではなく、英語「で」教える!
子ども同士が英語でおしゃべりしている英語教室

TEL: 03-6903-8132
[神楽坂教室] 新宿区・文京区 [赤羽教室] 北区 in Tokyo, JAPAN

こんにちは!久しぶりにブログに書きます。サニバニの羽織愛です。

 

いやー、今年はまた上を見上げてもがき、「何とかならんか!!!」と叫ぶ、日曜の午後を過ごしております!

 

東京は雨!皆さんはお元気ですか?

 

 

いつもランキング応援ありがとうございます!

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ  

 

 

さて、いつも「日本バイリンガル化!」とか叫びながら生きております。一昨年が10周年ということで、かなり全国を飛び回り、新聞に掲載していただいたり、講演会も自力で100名集めたりと大きく動き、認定講師も100名を超えて、ドーンと飛躍したなと思える年を過ごしました。

 

去年はいつもこのブログを書いてくださっているMina先生が産休に入ったこともあり、私も教室のレッスンにたくさん顔を出して事務作業系を叩き直し。いかにスタッフに任せるのが難しいか、システム化の良さと、システム化する難しさも感じた1年でした。

 

何でも、こちらに力を入れれば、あちらが疎かになる。いや、疎かになるというより、あちらのアラが目につくようになる、という感じでしょうか。本当に難しいものです。

 

例えばレッスンですが、SUNNY BUNNYは小さな教室ですから、当然、最初は私が全クラス教えていました。すると、生物が単体で分裂しても劣化するだけの如く、やはり単体で頑張っていても進化はしないなと早い段階で感じました。だからスタッフを雇用する。そこで様々な意見交換をして強化する。

 

途中までは上手くいくけれど、ある程度しっかり方法が確立されて人数が多くなると、意見交換というよりも知識と技術の伝授が大切になってくる。そうなると、いわゆるレッスンプランやスタッフトレーニングが大切になって来て、指導になってくる。そうなるとどうしても新しいスタッフは受け身にならざるを得なくなって、今度は創意工夫が失われる。それではいかんということで、またその強化トレーニングに入る。そんなわけで、どんどん成長はしていくのですが、常に課題が見えている状態で、まるでバランスを取るのが難しいシーソーに乗っているような感覚になったりもします。

 

単体としての技術を上げて、つまりずっと自分の腕だけを磨きたいということであれば、究極、自分以外のスタッフは雇わずに、ひたすらに1レッスンで教えられる人数だけを集めて、ひたすらそこでのクオリティを上げていけば良いわけです。しかしそれで極められる技術には限界があって、伝授しなければ結局その人が教えられなくなった時点でアウト。世の中から消去される技術ということになるわけです。

 

私が一番楽に喜びを感じることが出来ることでもあり、最も好きな作業でもあるので、究極は小さな教室で、好きな人数だけを好きなように教えるスタイルにいつか落ち着くのが理想なのかも知れません。個人の喜びこそが全てというタイプの方は、是非ともこれで行くべき。私もそういうことになったらそうするでしょう。

 

ただ、私には大きな志があって、そこに甘んじていてはいけないという強い思いを持っているので、その選択肢を取るという行為が出来ないのです。

 

志というのは奇妙なもので、それさえなければ個人としての幸せはもっと簡単に感じられたのでは無いかと思うような、苦しみを与えてくる一面もあります。

 

志しているものに到達するまでは、決して今自分がいるところに満足することができないので、周囲からは「何をそんなに生き急いでるんだ」とか、「一体何を目指しているんだ」とか、「何を大層なことを言って。身の程を知れ。」とか、言われたりするわけです。

 

人に言われるよりもさらに苦しいのは、目指している山が大きすぎることで、常に満足という感覚が得られないことです。人に言われなくても、身の程を常に一番強く分かって苦しんでいるのは自分自身。誰が頼んだわけでも無いのに、一人で自分の小ささに苦しみ、無力感にくじけ、時に恐怖感すら覚えます。

 

しかし諦められない。こうなると苦しいものです。

 

 

志を持っていることは良い面もあります。というか、まあ良い面の方が絶対的に大きいので、もっともっとみんなに大きな志を持って楽しく生きて欲しいと思っています。全く志的なものがないままに長らく生きて、恩師とあってビシャンと雷に打たれたような衝撃を受けて、ここまで来たのですが、あの衝撃がないままの人生なんて考えると怖くて仕方ありません。本当にラッキーだったと思っているので、内容は人それぞれで良いから、大きくて社会のためになる目標を持つというのは誰もが出来たら良いと思っています。

 

志があると、何せ仕事をやる気が圧倒的に出てくるということがまず良いところです。そして尽きることがありません。

 

普通、仕事のスピードを上げるのは、上司に言われたからだったり、何かの期限が迫っているからだったりすると思います。逆に言えば、上司がうるさくなくて、期限も迫っていなければ、仕事のスピードなど、ゆるゆる、で、遅ければ遅いほど良いわけです。

休めれば休めるほど良いわけです。

そんな人とも会ったことがあります。

こうやって、世の中の仕事のクオリティはどんどん、どんどん下がるわけで、それで一番嫌な目に遭うのは子どもたちなわけで、そんな子どもたちがまた大人になって、どんどんどんどん、人々は退化していくわけで、これは本当によくないことだと思うんですね。

 

志に駆られて必死の人間は、そういう感覚がありません。いつも急いでます。人生との戦い、寿命との戦いだから、常に焦ってます。常に必死です。チャンスを狙っています。出来ることは何でもやります。だから何でも早い。でも本人は常に「遅い」と思ってる。

 

志を持って動いていると、進まない時が本当に苦しい。何か一つ突破して、成果が出たかと思うと、そうでは無い。世界の広さ、時間の残酷さ、歴史を紐解くと、いかに自分がやろうとしていることが無謀で勝機が薄いのかがよく分かる。

 

小さな範囲で喜びを分かち合う、それも嬉しいけれど、それだけでは何も変わらない。

 

しかし目指すところが高くて大きいから、いつの間にか仲間の輪が一気に増えていたり、去年は知らなかったことを知ることができたり、これまで考えてもみなかったような新しい視野を手に入れて、また世界が新鮮でより楽しく見えてきたりするわけです。

 

人生の楽しみ、みたいなものを、全身で感じられる瞬間がたくさんあって、子どもの頃のワクワクやドキドキがずっと続く。これが一番、走り続けていることの楽しみだなと思います。

 

 

ということで、毎日充実はしまくってて楽しいのですが、最近は特に「何とかならんか!」感が強いです。壁が大きい。

 

 

今、突破したい壁はつまり、「志」の拡散です。

 

一緒にやろうよ!!と言って、一緒にレッスンをする。やり方を教えて、出来るようになる。これは出来る。

レッスン指導の「技術」の伝授はもう出来ます。あとは量産する方法だけ。

 

 

でも、「志」はなかなか伝授できない。

 

恩師は志をたくさんの人に伝授していました。私もその一人です。そして、私もそうですが、もう恩師亡き世界で17年も生き延びていますが、「自走」で頑張ってまだ動いています。そんな影響力が私にはありません。

 

 

会って話す!

その時は、共感してくれる人がいる。

 

頑張って記事を書く!

その時は、共感してくれる人がいる。

 

 

でも、それだけじゃダメだ。

 

 

私がやりたいことはシンプルです。

 

 

今日は、漢字教室に例えて言います。

 

「漢字教室」を開いて、漢字を教える。でも、そこで漢字を書けるようにはなりません。いつか、その子が漢字を書きたいと思った時に、改めて漢字を習えば良いじゃないか。

 

そんな漢字教室、誰も通いたくないと思うんですよ。

 

隣に、ちゃんと通ったら漢字が書けるようになって、読めるようになって、漢字を通して精神が鍛えられたりとか?日本の文化を学べたりとか。漢字を学び、漢字を生きる力として身につけて、その上で、漢字教育を通して教えられることを精一杯先生が教えてくれる漢字教室があったら、絶対そちらに通いたくなるはず。

 

 

この「漢字」を「英語」にした途端に、上記の話が全く通じなくなるのが、「日本だけで起きている奇妙な現象」です。

 

英語教室なのに、英語は話せるようにならない。

英語レッスンを受けても、英語は話せるようにならない。

 

 

「英語は親しむだけで良いのだ。」

 

このセリフ、他の習い事で言った途端に廃業だと思うんですよね。

 

「泳げるようにはならない水泳教室」

「算数の問題が解けるようにならない算数教室」

「料理出来るようにならない料理教室」

 

英語だけ。

 

英語だけは、習っても習っても、「全然英語を話せるようにならない英語教室」で大丈夫。

 

 

私の夢はとてもシンプルです。「英語のレッスンを受けた子が、英語を話せるようになる」こと。

 

最初は、その方法を見つけることが目標でした。でも、その目標はもう突破しました。

今は、その方法を日本中に広めて、どこでも、子ども達が英語レッスンを受講したら、英語を話せるようになってほしいなと思います。

 

 

英語レッスンで、子どもたちがどんどん話せるようになる事は、何もそんなに大変なことではありません。正しい指導者のトレーニングがあれば良いだけなのです。

 

指導者講習は普通、どこにでもある事ですが、日本ではちゃんと効果の出る指導者講習に当たるものがありません。それを変えたい。

 

 

とりあえず、やれる事はやって行きます。まずは7月の初級講座。あと数席まだあるので、「とりあえずそのやり方を学ぶよ」という人は来てください。そして願わくば、これを広める勢力になってほしい。(ならなくてももちろん受講していただいて良いですよ!)

  

SUNNY BUNNYの子ども英語講師養成講座について詳しくはこちら↓

 

 

引き続き、何とかならんか!!の日々は続きますが、まだまだ頑張ります。

 

いつかこの日記を読み返す時、「そうか、こんなことであの頃はまだ悩んでいたか」と言えますように。

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください

Emailメール office@sunnybunnyle.com

TEL 03-6903-8132

(24時間 録音メッセージ受付)

 

サニーバニー公式HPはこちら!↓

 

お気軽にお問い合わせください

Emailメール office@sunnybunnyle.com

TEL 03-6903-8132

(24時間 録音メッセージ受付)

 

サニーバニーオリジナルの可愛いフラッシュカードのデータがすぐ買えるルンルンオンラインショップはこちら

 

AmazonでSUNNY BUNNYのオリジナル英語テキストをどなたでもご購入いただけます!プライム会員様なら送料無料!↓ 

 

子ども英語基礎テキスト (1) サニーバニー SUNNY BUNNY English Basic Words & Phrases 子ども英語基礎テキスト (1) サニーバニー SUNNY BUNNY English Basic Words & Phrases

2,700円

Amazon

 

 

 

【必見】オーケンこと、大槻ケンヂさんが英語でインタビューに答える動画を公開中!サニーバニー英語レッスンの成果は?!

↓日本バイリンガル化計画HPはこちら!↓

{14216FE0-ACBA-41AF-814F-B28E33768C77}

 

 

 

SUNNY BUNNY代表 羽織愛 & バイリンガルママLeiさん による共著!お家での英語取り組みのバイブル本!一家に一冊、ぜひどうぞ↓✨

CD付 1日5分からの英語で子育て CD付 1日5分からの英語で子育て

 

Amazon

 

The professional に、SUNNY BUNNY代表の羽織愛のインタビューが掲載されました!↓

SUNNY BUNNY Language Education 株式会社 羽織愛のプロフェッショナル

 

↓今すぐ体験レッスン予約!↓


 

バイリンガルを育てる先生になりたいなら、SUNNY BUNNYの子ども英語講師養成講座!↓

 

子ども英語イベント情報はLINEでGet!
友だち追加  


写真いっぱい!Facebook公式サイト

 

早期英語教育研究会Facebook公式ページ 

https://www.facebook.com/groups/218831921540151/

 

 

<SUNNY BUNNY 神楽坂教室>

江戸川小学校の目の前!
最寄り:神楽坂駅 江戸川橋駅


<SUNNY BUNNY赤羽教室>

最寄り:赤羽駅 志茂駅