こんにちは。

 

岩手県盛岡市の占い師 心理セラピスト サニー・レンです。

サニー・レンHPはこちらから

 

今日は心のお話しです。

 

そのうち、心のお話しを書くブログを作る予定ですが、とりあえず今日はこちらで。

 

 

なんのお話しかと言いますと、

 

インナーチャイルドのお話しです。

 

 

「インナーチャイルド」って、なんとな~く聞いたことはあるかと思います。

 

心理学用語ではないので、いろんな定義があると思いますが、

 

「傷ついた内なる子ども」

 

とでも言えるかと思います。

 

 

心の奥深くに、いまも癒されない幼少期の感情があるのですね。

 

抑圧された怒りとか。

 

悲しみとか。

 

あとは、幼少期に幼い頭で作り出した思考パターンとか。

 

 

 

傷ついたインナーチャイルドを心に住まわせていると、

 

何かにつけて、その子が過剰反応したり、かんしゃくを起こしたりします。

 

恋愛や結婚、育児、仕事、人間関係にも影響を及ぼします。

 

 

 

でね、実は、

 

インナーチャイルドにはいろんな子がいるのです。

 

人によって1人か2人のチャイルドしかいない人もいるし、

 

たくさんのインナーチャイルドを抱えた人もいます。

 

 

 

今日は、たくさんいるインナーチャイルドのひとりを紹介しますね。

 

 

 

今日紹介するインナーチャイルドちゃんは、

 

「見捨てられることにおびえる不安定なチャイルド」ちゃん

 

です。

 

 

この子の特徴はね、

 

「捨てられる」とか、「見捨てられる」、「置き去りにされる」など、

 

「つながりは断たれるにちがいない」

 

と思い込んでいること。

 

 

そう思い込んでいるから、心のどこかでいつも

 

「捨てられるんじゃないか」という不安が消えず、

 

そうならないように相手の要求や期待に応えようとします。

 

尽くすってやつね。

 

 

この子は、基本的に寂しがり屋さんです。

 

いつも誰かにお世話してもらえないと不安で仕方なかったり。

 

ちょっと連絡がつかなかったりすると、この世の終わりのように感じたり。

 

 

捨てようとしてるんじゃないか?という気持ちから、相手を疑ったりもします。

 

恋愛では、相手をわざと振り回して試したりね。

 

返信が無いと不安になってなんども連絡しちゃったり、

 

夜中でも電話やLINEをしちゃったり、

 

依存したり、束縛したり、嫉妬したり。

 

で、相手を疲れさせて、本当に捨てられたりして。

 

「ほ~ら、やっぱり人は私を捨てるんだ!」

 

という思い込みが強化されたりして。

 

 

 

あとね、よりによって妻子のいる人や、忙しい人など、

 

安定した関係を作れない相手を引き寄せたりもします。

 

 

 

もしくは、逆に、関係を深めた後で捨てられることの怖さから、

 

無意識に最初から人との親密な関係を避けるというパターンもあります。

 

 

 

かまってもらうために、無意識に病気やトラブルを作り出すなんてことさえあります。

 

 

 

こんな風に、このチャイルドちゃんが心に住んでいると、

 

誰よりも安定した絆を求めながら、手に入らないという結果になってしまうのです。

 

 

 

 

どうしてこのチャイルドちゃんができあがるかというと、

 

もちろんいろんなパターンがありますが、

 

代表的なものだと、

 

・子供のころ、両親が忙しくて、かまってもらえなかった。

 

・親の仕事や下の子の出産などで、人に預けられた。

 

なんていうことがあげられます。

 

 

もっとささいなことでも、このインナーチャイルドちゃんができることがあります。

 

自分がお昼寝している間に、お母さんがちょっとそばから離れて、

 

目が覚めた時にたまたまそばにいなかった・・・というようなことでも、

 

「捨てられちゃった!」と感じたかもしれません。

 

 

人間の赤ちゃんって、他の哺乳類と違って、とっても未成熟なまま生まれて来るからね、

 

自分でおまんま取って食べられないから、養育者に見捨てられるって、

 

めっちゃ大ごとなのです。

 

 

 

ものごとの関連性とか、大人の事情もわからないから、

 

たまたまそういうことが起きただけなのに、

 

「いつもだれもかまってくれない!」ってなったりね。

 

 

 

でね、ここまで読んで、もしも 「それ、私だ!」と思ったら覚えておいてほしいのは、

 

これってね、誰にでもあること。

 

 

幼少期に幼い心で感じたことなんだから、

 

心にこのインナーチャイルドちゃんがいたとしても、

 

な~んも恥ずかしくないのです。

 

自分を責めたりしないでくださいね。

 

 

むしろ、「そっか~、そんな思いを抱えながらよく頑張ってきたね」

 

と、褒めてあげてくださいね。

 

 

このインナーチャイルドちゃんを作り出したことが問題なのではなく、

 

このインナーチャイルドちゃんが、今の人生に影響を及ぼしているとしたら、

 

それがちょっと問題だねぇってことなので。

 

 

 

「そっか~、幼い頃の思考で、私は捨てられるって思いこんだだけなんだ!」

 

「幼いころ、それが事実だと思いこんだけど、良く考えたらそうではないよな~」

 

と気づいただけでも、その思考はいくらかゆるむかもしれません。

 

 

 

「あなたはちゃんと愛される子だよ~」

 

「人と安定した絆を作れるよ~」

 

とインナーチャイルドちゃんに教えてあげるようなセルフワークも効果的です。

 

 

今もしも、「見捨てられることにおびえる不安定なチャイルド」ちゃんがいたとしても、

 

落ち込まないでくださいね。

 

セルフワークや心理セラピーで癒していくと、

 

もともとの姿であるキラキラしたチャイルドちゃんに変わっていきますから。

 

 

そのときあなたは、これまでとは違う、新しい自分と出会うことでしょう!

 

インナーチャイルドを癒す過程は、

 

自分が本当の自分の輝きを取り戻す旅のようなものかもしれませんね。

 

 

 

サニー・レンでは、インナーチャイルドを癒す心理セラピーを取り入れる予定です。

 

もう少しお待ちくださいね!