サンアイリスの平塚さとみです。

 

8月31日に10周年を迎えたサンアイリス。

 

今回は、お客様と友人達をお招きし、50名の着席スタイルで

パーティーをいたしました。

突然降りかかった災難。

 

それは、会場のクーラーが効かないと、お客様の開場時間になっても

入場できなかったこと。

急きょ、2階にある大きな&立派な部屋に移動~~!

その部屋は午後やった結婚披露宴が終わった後だったので、空いてました。

ピアノとか、お花とかも設置していたので、

30分遅れでの開催。

 

後になってから、皆様がSNS等で、

さすが「福女!結果大きな部屋になったし。」

と、温かい投稿。

 

開会

 

司会は、今回の幹事も引き受けて下さった

プロの司会者 室屋佳子さん。

 

彼女の機転の利いたトークのお陰で、

多くのお客様の心もほっこりしました。

また、幹事としてお世話になりました~。

 

 

私の挨拶は、サンアイリスのきっかけの話。

10年前の9月末.

六本木駅での10分間の奇跡。

 

私は、その日に、HP用に借りていた石を返却し、スリランカの石を扱うのを辞める予定でした。

当初、オーナーと私の間に入っていた友人の卸値が異常に高かったことで、

このままじゃ、商売が成り立たないと思い、

私のビジネスにスリランカ関連を辞めようと思ったからです。

 

15時半の約束で、10分前の15時20分に六本木駅に着いた私。

改札口を出ずに受け渡しをすることになっていました。

友人はまだ来ていなくて、改札口近くに立っていると、

トントンと肩を叩かれたのでした。

 

なんと、改札内にいたオーナーでした。

 

私は、びっくり。オーナーが日本に居ることも知らず、

また、オーナーが私を怒っていると伝えられていたので、

 

カムヒアプリーズと、影の方に招かれた時は、

殴られる??と思ったほど。。今では笑い話ですが。

 

実は、オーナーは、その石をその友人から受け取る為(オーナーの石なので)に、

15時45分に待ち合わせていたそう。

 

でも何か直感がして、30分前に来ていたのだそう。

 

そして、携帯番号を伝えて、翌日会うことに。

 

それがなければ、サンアイリスはスリランカの関連がメインの会社ではなかったのです。

 

この10年、サンアイリスのオーナーの鉱山の石や、オーナーの信頼する僧侶のスリランカ占星術鑑定で

運気がアップした方、結婚や出産した方、就職や進学した方、ビジネスが変わった方、病気が治った方などなど

多くの皆様の運勢も変わったかもしれませんね。

 

そう考えると、人と人の出逢いは、本当に素晴らしいし、

自分の予期せぬことになっていても、もしかしたら、その先にラックがあるかもしれませんよね。

 

この10年は、私の努力ではなく、皆様の私の話を信じて下さって、TRYして下さったからの

賜物と思っています。

私も、皆様の笑顔で、続けられたのだと思っています。

 

その後、オーナーからは、

6月に設立した、「プラネットジェムス」の扱う商品についての説明。

これは、サンアイリス10周年パーティーブログの最後にお伝えします。

 

乾杯は、私がANA時代の大先輩で、

元ANA関連会社の役員を務めた後、

現在は、CA初国土交通省航空局安全部の客室監察官

吉野裕子さん。

CA勤務は、約5年間でしたが、このように大先輩とご縁を頂き、

今でも一緒に美味しいものを頂く間柄になり、スピーチまでしていただくとは、

本当に光栄です。

 

乾杯!の発声と共に、友人のミュージシャン2人による演奏。

ピアニストの新島豪さんと、バイオリニストの所素子さん。

 

私のソロライブでも演奏して下さった素敵な2人が、食事の始まりと共に

軽やかな演奏をしてくださいました。

 

 

長くなったので、

10周年パーティーその3へ続きますね~!