開運名刺の秘密はね。

何よりもまずシンプルであることが大基本。
シンプル、イズベスト。
なんですよ。奥さん。



乙女のトキメキ白い紙に、

乙女のトキメキイラストはワンポイント程度に。
乙女のトキメキ色をできるだけ統一して、

乙女のトキメキあれこれ多色にしない。
乙女のトキメキ名前は基本的に黒文字で、

乙女のトキメキ大きめに、はっきりと。

 


乙女のトキメキ紙はしっかりした印刷用紙にね。

 


印刷所での印刷が基本だけど、
どうしても、と家庭用プリンターで自作するなら、
できる限り厚めの用紙を選ぼうね。
ミシン目の残るような用紙だけは、

ほんとうに避けてね。NG!NG!


 

これらの基本は

「その人が仕事にどれだけ真剣に取り組むか?」を表現しています。お仕事へのストイックさのようなものですね。

 

 

 


名刺って、

何の仕事をする人なのかをシンプルに伝える目的で持つもの。

シンプルに、わかりやすく…を超基本としてデザインするのが大切なのです。

 

 

アタリマエのように聞こえて、

意外と「わかりやすく」が守られてない名刺って多いものなんですよ。






アセアセ全面にイラストや写真がある。
アセアセ全面ではないけどあちこち配置されている。
アセアセそもそも紙の色が白じゃない。

アセアセ名前が小さい、

アセアセ逆に大きすぎる、
アセアセ情報がやたら多い、

アセアセ情報にまとまりがない

 

 

などの名刺をよく拝見します。

それらは「キャラクター名刺」とか

「営業用名刺」と呼ばれる類で
個性を伝えたり、PRするのにはいい名刺かもしれませんが、
けっして「開運名刺」ではないのです。

(ここが混同されている情報をよく見かけます)

 

 



とは言え、個性を伝えたりPRをできる名刺でもお客様が増えたり、ご縁が広がる、運が開けたと感じる場合はもちろんあります。



だから一概に悪い名刺というわけではないのですが、

開運名刺とは別物、ということです。

 

 

 

そして、キャラクター名刺、営業用名刺はどうしてもあれこれ詰め込むことになりがちなのですが…
名刺相を理解せずにただ盛り盛りにした名刺は、
「凶相名刺」と呼ばれるものになりやすいです。

 


ちっともお客様とのご縁がつながらない名刺になる可能性だって、充分にあるわけです。



(357がたまに作る「盛り盛り名刺」は、名刺相を充分理解した上で、逆手にとって開運させる裏テクを使っています

抑えるべきところは抑えているってことですね。( ´ ▽ ` ))




結構、そのあたりを勘違いして、
キャラクター名刺、PR名刺を
「開運名刺」として作成してます!って方も多いので、ちょっと怖いなぁ…なんて思いながら、拝見することもしばしば。

 

 





これから、たま~に開運名刺について、また名刺相について
ブログ等で書いていこうと思います。

まぁ大体のことは上に書いた通りです。
ほんとにシンプルイズベスト。


今後、さらにひとつひとつを詳しく説明していきますので、

どうぞお付き合いください( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 


開運名刺アドバイスもやってます!
詳しくはこちら

NEXT→

 

 

 

白一択★開運名刺のひみつ②