2016年5月ミャンマー10日間の旅05ブッダのご加護とチャイティーヨー | 微笑みの国タイランド場末探索

2016年5月ミャンマー10日間の旅05ブッダのご加護とチャイティーヨー

ミンガラーバー(^人^)

 

 

今でも思い出すと苦しかったゴールデン

 

ロックへの日帰り旅行。

 

ヤンゴンからが日帰りで行ける人気の

 

観光地だけど、片道4時間以上は

 

かなりキツい。

 

しかも病み上がりというより病み中。

 

ひたすら車内で寝る。

 

水分補給もこまめにとる。

 

なんとかこのまま行けば回復しそうな

 

感じがする。

 

 

途中朝ごはん休憩で立ち寄った日本

 

で言うところのサービスエリア。

 

ここで朝ごはんを食べるというが、

 

それは絶対無理。

 

席に着いた途端冷や汗が。。。

 

また気持ち悪いの絶頂に。

 

でも吐けない。

 

吐くものも残ってないし。。。

 

意識朦朧の中、冷たい飲み物を

 

少しずつ飲んで、なんとか回復。

 

まだ急に動くのは無理。

 

 

さらに車に揺られて2時間。

 

今度は途中コンビニとお茶休憩。

 

p_20160502_074109.jpg

 

p_20160502_074106.jpg

 

 

p_20160502_075148.jpg

 

水分補給とミネル補給にドライフルーツと

 

シェイクを飲む。ここでは大分回復したのか

 

吐き気はなくなった。

 

けど食欲はない。

 

 

目的地のチャイティーヨーに着く頃には

 

動いても大丈夫なほどまでは回復したが、

 

ここでゴールデンロックまでは、山を

 

登らないといけない。

 

 

しかもタクシーはここまでで、乗り合い

 

トラックに乗り換えとのこと。

 

 

昔タイで行ったカオキッチャクート

 

思い出した。

 

ジェットコースターのように急斜面を

 

4輪駆動車で駆け上るあれとまさに

 

同じ!?

 

これってかなり車酔いしやすいんでない?

 

せっかく治りかけたのがまたヤバくなる

 

のではと不安になる。

 

この時もまだ写真とる余裕はなく、帰りに

 

撮った写真がこれ。

 

p_20160502_134100.jpg

 

p_20160502_134057.jpg

 

p_20160502_135817.jpg

 

写真よりもっと急勾配。

 

ギューギューに押し込まれて座って、

 

もし気分悪くなったら逃げようもない。

 

せめて端の席に座らせてもらいたいと

 

思ったけど、そんな余裕もなく、

 

頂上までひたすら神様と仏様に気分悪く

 

ならないようお祈りしてました。w

 

 

その思いが通じたのか、めっちゃ乱暴な

 

運転だったのに酔わずに無事到着。

 

p_20160502_130707.jpg

 

神様仏様のご加護はちゃんとあった。

 

さすがミャンマー随一の聖地なのかと。

 

さて、山頂まで着いたが、ここから

 

さらに歩き。過去来たことのあるTくん

 

曰く、近いから歩きで大丈夫。と。

 

p_20160502_121410.jpg

 

足腰悪い人ようにこんな籠てきなもの

 

あったけどべらぼうに高いので却下。

 

 

結果的に近くて助かった。

 

 

途中に外国人用のチェックポイントがあり、

 

ここで入場料をとられる。

 

いくらだったか忘れたけど、さほど高くはない。

 

 

で、ゴールデンロックのあるお寺の

 

入り口に到着。

 

 

p_20160502_121400.jpg

 

やっとここまで来たのかと感慨深い

 

ものがあったが、まだ目的の

 

ゴールデンロックは見てない。

 

逸る気持ちを抑えて、一旦お茶休憩。

 

さて、待望の金玉もといゴールデンロック

 

を拝みに行くぞと中に入る。

 

入り口から靴は禁止なので、素足です。

 

もう昼すぎでいい天気。

 

いい具合に石畳が焼けて足の裏が

 

火傷しそうになるくらい熱い。

 

p_20160502_132012.jpg

 

 

小走りで日陰を探しながら進む。

 

と、見えた!!!

 

 

さらに進む。

 

 

ドーン!!!

 

p_20160502_122625.jpg

 

ドドーン!!!

 

p_20160502_122543.jpg

 

おぉ〜〜〜!!想像以上にデカくて迫力ある。

 

ここで日本人が絶対言うセリフは

 

「ヤバイヤバイ!すご〜〜い!!」

 

でしょうね。私もずっとヤバイ連呼してました。

 

 

この落ちそうで落ちない岩の下には

 

ブッダの髪の毛があり、そのパワーで

 

支えられてるとか。

 

真実かどうかはあなた次第。w

 

 

聖地だけあってミャンマー人なら

 

死ぬまでに一度は訪れたい場所。

 

自分が今まさにその場にいると

 

思うと感動を通りこして、何も

 

考えられませんでした。

 

 

思ったよりまだ人は少なく、

 

ゴールデンロックを触るために

 

近くに移動。ここは女人禁制

 

なので女性は残念ながら触る

 

こともできません。

 

 

女性の友達もここに来たけど

 

触れなくてとても残念がってました。

 

 

で、タンブン定番の金箔を買って

 

いざ中へ。

 

p_20160502_124028.jpg

 

なかなか貼れない金箔に苦戦しながらも

 

なんとか成功。

 

ミャンマー旅行のトップ3に入る

 

良い思い出になりました。

 

 

それから、ゴールデンロックの

 

見える日陰で座ってしばし休憩。

 

その後、反対側の出入り口に行くと

 

まだ先に何かありそう。

 

p_20160502_130450.jpg

 

遠くのほうに見える金色のパゴタは

 

近くにありそうで、ここから歩いたら

 

1時間はかかるとのこと。

 

さすがにそれは無理だから断念。

 

この辺りはホテルも多く、もし次回

 

くることがあれば一泊してもいいかと。

 

p_20160502_131224.jpg

 

ゴールデンロックは満喫できたし、

 

これからまた帰りの道中を思うと

 

そろそろ山を降りなければ。

 

帰りもジェットコースタートラックに

 

揺られスムーズに麓まで降り、

 

タクシー運ちゃんと合流してヤンゴン

 

に向けて帰りました。

 

 

聖地パワーのお陰で体調もすっかり回復。

 

帰りの道中の写真を撮ったけど、

 

何もない平原やド田舎の民家など

 

とても住みたいと思える場所でない。

 

 

 

 

ヤンゴンに到着したのは夜9時過ぎ。

 

タクシー運ちゃんにお礼とお金を払い、

 

ドっと疲れてロッテリアで軽く食事を

 

してすぐに寝ました。

 

明日からバガン遺跡へ国内線乗って移動。

 

ゴールデンロック以上に行きたかった

 

東南アジア3大仏教聖地です。

 

 

これも大満足の経験になりましたね。

 

次回をお楽しみに。

 

 

P.S.次回からのバガン編ですが、これまでの

 

日記でバガンをパガンと書いてました。

 

ネットで検索すると両方でますが、Bagan

 

のほうが圧倒的に多いので、バガンが正解です。

 

今後はバガンと記載します。m(_ _)m

 

 

 

 


良かったら下のバナーをクリック

お願いします。m(_ _)m



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
★★★タイのお薬情報★★★

 

この回にも飲んだスメクタと酔い止めと

 

プロバイオティクス。

 

スメクタはフランスの薬で販売目的で

 

載せるとうるさいケチな会社の薬

 

だけど効果は抜群。

 

当店で買えますがネットで注文できない

 

ので、お問い合わせください。

 

 

 

ネットでお求めの際は、輸入代行カウボーイ

でお願いします。m(_ _)m

サワッディクラップ。(^人^)