第3回ふくしま産業賞 表彰式・交流会 | 福島ひまわり里親プロジェクト ブログ

福島ひまわり里親プロジェクト ブログ

【For you For japan】の理念の基 三つの柱でプロジェクトを運営させていただいています。
●福祉雇用 ●福島県への観光[教育旅行] ●防災教育 

こんにちは。

福島ひまわり里親プロジェクト事務局です。

 

この度、NPO法人チームふくしまが

第3回ふくしま産業賞 特別賞

をいただきました。

 

その表彰式・交流会が2月16日(金)、福島県郡山市のホテルハマツで行われました。

「ふくしま産業賞」は、福島県内で「独自の光る技術」を持つ企業や「伝統を守り、地域性豊かなものづくり」を続ける人材などに、社会的な評価を与えることを目的とします。また、その活動の情報を発信する中で、新たな市場開拓につなげるなど、県内の企業活動・ものづくりを応援し、人材育成等を通して経済の活性化を図ることを目的とし、福島民報新聞社様が創設しました。

 

 

 

 

 

 

会場には各受賞企業・団体の皆様のブース展示が行われ、チームふくしまもブース展示を行わせていただきました。

 

 

 

 

また、福島民報に掲載された各受賞企業・団体の特集記事の拡大版がずらりの展示されていました。

チームふくしまの記事も展示されました。

 

 

 


 

 

表彰式には、内堀知事もご出席されており、各受賞企業・団体の代表の皆様と集合写真を撮りました。

 

 

 

 

 

福島民報 2018年2月17日(土) 掲載

 

表彰式では、福島民報社の高橋雅行様より、特別賞とトロフィーを授与されました。

 

 

 

 

 

交流会では、各受賞企業・団体様とお食事をしながら交流、ブース展示見学を行いました。

 

 

その際に、ひまわり甲子園全国大会のコメンテーターとして毎年ご出席頂いている

福島民報社企画推進部長の渡辺一志様(写真中央)ともお話することが出来ました。

 

 

 


チームふくしまは、東日本大震災後の5月からスタートさせていただき、日本の1,500の教育機関、25万人近い里親さんやふくしまの地域の皆さんの一粒一粒積み重ねてくださったご支援のおかげさまで、このような受賞をいただくことができました。心より感謝申し上げます。
今後も東京オリンピック、祈念館を通じた、ふくしまの未来に繋がる活動を続けていきます。
お力添えの程よろしくお願いいたします。

 

福島民報社様、ありがとうございます。