ハッピーストーリーブログ・・・南大阪・堺・松原・大阪狭山の自由設計な新築一戸建て

ハッピーストーリーブログ・・・南大阪・堺・松原・大阪狭山の自由設計な新築一戸建て

ハッピーストーリータウン北花田・リノ中百舌鳥 好評分譲中!!

      大阪府下に
          ハッピーストーリータウン
                  続々分譲中!!


        
               
                0120-83-6666

         お問い合わせはこちらまで!
  

          FaceBookはこちらまで!(いいねしてネ!)

                 見たい物件をクリックすると詳細が見れます 


☆堺 市☆
             
ハッピーストーリータウン 北花田

ハッピーストーリータウン リノ中百舌鳥
                       

☆大阪市生野区☆

ハッピーストーリータウン 勝山
                                              

                                                                                     

その他続々販売予定!

       

テーマ:

新着はこちら




Amazon EchoなどAIスピーカーが最近話題になっています。テレビCMを見ると、言葉だけで家電が作動するなど
暮らしが楽しくなりそうですが、実際AIスピーカーで住まいはどう変わるのでしょうか? 


 共働き世帯や高齢者世帯の暮らしを家が助けてくれる!?
AIスピーカーに「OK Google、家を出る準備をお願い」と言うと、「はい、行ってらっしゃい。お気をつけて」と応え、
 同時にカーテンが閉まり、照明が消え、エアコンが止まり、お掃除ロボットが動き出しました。


朝は何かとバタつく出勤前にすべてのカーテンを閉めて、照明を消して、エアコンのリモコンを探してオフにして、
お掃除ロボットのスイッチを入れる……という作業が、たったひと言発声するだけで完了する。


「共働きで忙しい方はもちろん、ご高齢で動くことが大変という方にも便利です」

このほかにも主寝室では「シアターモードにして」と言えばカーテンが閉じて天井から映写用スクリーンが下り、
プロジェクターが動き出す。またインターネットで動画を楽しむ際、「○○の第5話を再生して」と言えば、スクリーンに希望のドラマが写し出される。


※インターネットに接続されたホームコントローラーを介し、設置したセンサーの信号を検知して指定のアドレスに通知したり、
さまざまな機器を外出先からコントロールできるサービス

パソコンのキーボードを打つよりもスマートフォンを指先で操作するのが当たり前の子供たち。将来建てる家は、いずれ声ですべ
ての家電や設備を操作できるようになるのでしょう。



こう言うと、最近話題のAIスピーカーについ注目が集まりがちだが、重要なのはそのAIスピーカーとさまざまな住宅設備や家電が
つながることで、複数の動作を同時に機械が行ってくれることになると思う。


これは住宅内の家電などがIoT化(モノのインターネット化、モノがインターネットを通じて相互に接続され、自動制御などが可能になること)するからこそ実現する。冒頭はそんな暮らしのほんの一例に過ぎず、
例えばスマートフォンのGPS機能を利用して帰宅前に自動で家のエアコンを作動させたり、住宅の躯体内のセンサーを通じてメンテナンス時期を把握できたり
、トイレの排せつ物から健康状態を分析したり……など、IoT住宅はまさに無数の可能性を秘めている。






現時点ではインターネットと直接つながる家電や住宅設備が少ないため、AIスピーカーが直接動かせるものは多くない。そのため家電や設備を動かす専用のコントローラーが室内に必要なのだが
家電や設備が直接インターネットとつながれば、専用コントローラーがなくても作動させられるし、さまざまな動作がより簡単に、同時にしやすくなる。




「共働き世帯の家事を効率化する住宅や、今後増加する高齢者世帯が安心・快適に暮らせる住宅はもちろん、在宅介護が楽になる住宅、通勤しなくても自宅で仕事がスムーズにできる住宅……
AIスピーカーやIoT機器との組み合わせがゴールではなく、今まさに始まったばかり。今後登場するさまざまなデバイスによって、私たちの暮らしはさらに豊かなものへと変わっていくはずだと。


ソースはこちら



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス