1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-12-31

大晦日だね

テーマ:日常

年越しそば


引越しした荷物が片付かないまま、無理矢理にしんそばセットを吉祥寺の三浦屋で発見し、調理し、すすりながら年が更けていく。


なんでこう蕎麦と酒は合うのだろう?


また、何故東京に来てにしんそばを必死こいて探しているのだろう?



なんにせよ、年の最後に美味い酒が呑めたのはとてもメデタイ。



今年は別れと出発の年だった。


お世話になった人や親友達との別離は心が張り裂けそうな気分だ。


だが、その人らに対する恩返しは、ぼくがぼくをきちんと生きる事であると信じて、今日も酔っ払うとする。


つーか立山、安いけど美味いな。



皆様よいお年を!

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005-12-31

機能としてのバー

テーマ:日常

「ゲマインシャフト」と「ゲゼルシャフト」という概念がある。



「ゲマインシャフト」とは地縁・血縁で結びついた社会(家族・村落等)であるのに対し、「ゲゼルシャフト」は大都市のように利害関係に基づいて人為的に作られた社会(企業・大都・学校)のことである。

参考→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E5%90%8C%E4%BD%93


まあぼくも良くわかっていないまま放言を放っていて申し訳ないのだが。


それはともかくとして、ぼく自身はこれまでかなりの回数、様々な土地に引越しを続けてきた転勤族なので、地縁としての「ゲマインシャフト」はかなり希薄である。


なんせ14回引越ししたりしているし。


中学校3校逝ったりしているし。


言葉もむちゃくちゃだし。


何処出身とか言われても良くわかんないし。



その代わりと言ってはなんだが、「ゲゼルシャフト」としての生き方は上手くなった。


大して意識をしなくても、空気を読みながら人に合わせて、嫌われないように大事なところを少しだけ主張できるポジションを見つけれるこのスキルは、仕事をする上で何よりも役立ったりしていたりする。


ただ、それだけでは物足りないのは、間違いない。



先日福井の地元から出た事無いという人と話をする機会があった。


子供の頃から今まで引越しを繰り返してきたぼくには、その地域社会や家族との付き合い方などが本当に眩しく、非常に羨ましかった。


あのように暮らせたら・・・


それはぼくにはかなわない願いなのはわかっているのだが。



日本は異説は色々あるし場所により差は有るものの、基本的には村社会として成熟してきたと言う部分も有るから、単純に日本人としてのぼく感性がそう思わせるのかもしれない。


まあ遊牧民になった事は無いし、話した事も無いから良くわかんないけど。

でも同じような事を思うのはぼくだけではないはずだ。


「孤独な都市の住民」というステレオタイプな言い方をしなくても、昨今では地域社会に根ざしたような生き方は、ぼくだけでなくなかなか難しいのが現状なのではと思う。


それでも、なんだかんだ言いながら、人は共同体に参加する事無しに過ごすのは非常に辛い。


それが昔は村であったのが近代化ともに会社になり、会社人間という言葉が生まれた。


そして、今、それすら、無くなった。



昨日、友達のバー、STUDIO610が閉店した。


そこにはお金を持っていたり、社会的には成功していたり、話が面白かったり、ルックスが良かったり、力があったり、人並みでない経験をしてきた人がたくさんいた。



マスターのきたクン が言うには、


普通のサラリーマン・プータロー・大学生・看護婦・耳鼻科医・外科医・精神科医・プログラマー・不動産屋・美容師・理容師・宇宙人・マッサージ師・詐欺師・ペテン師・花火師・やり手の社長・インチキ社長・SM嬢・ヌードモデル・絵描き・自動車屋・マルチの勧誘・宗教の勧誘・料理人・キャバクラの店員・本屋さん・酒屋さん・ソムリエ・デザイナー・プロデューサー・雑誌ライター・トラック運転手・ラジオのDJ・ストーカー・病人


などの人が来ていた様だ。


うん。濃すぎ。激しく濃すぎ。ありえへん。


が、ぼくが見るには皆一様に孤独を抱えていたように思う。


それぞれの悩みはあったろう。


重い現実もあっただろう。


その一つに「ゲゼルシャフト」としての生き方に疲れていたというのもあるのではないか。



その逝く当ての無い孤独感や寂寥感を抱えたまま、それをそれぞれの分野で活躍していたのだろう。


そのどうしていいかわからないものを、あの「場」は吸収し、ほんの少しだけ軽くしていたように思う。


それは店を始めた人の心意気であったり、そこに集う人の力であったり、なによりマスターであるきたクン の人柄だろう。



いうなれば都市の中の「ゲマインシャフト」としての機能を立派に果たしていた。


あそこに逝けば知っている人が誰かいるし、他愛の無い会話と気負いの無いもてなしが待っていた。


それこそが皆が愛した所以だろう。



その、皆が愛したあの「場」はもう二度と戻っては来ない。


だが、そのあの時共同体として機能していたことや、共有した気持ちや、それぞれの思いや、願いや、友情や、交わした言葉や、思い出は、それぞれの中に残り続けると信じている。


間違いなくぼくには残っている。


それこそ普段の日常では絶対出会わない人らとの出会いは、確実にぼくを成長させてくれた。



ぼくは先日東京に京都から出てきた。


あのような「場」にぼくはまた出会えるのだろうか?

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-12-29

近況

テーマ:日常

先日京都から東京に引越しをして、なんだかとても慌しい。


役所・警察署・不動産屋・電気屋・銀行・・・


色々逝っているうちに、近所の道は大体覚えた。


吉祥寺をジョージと略す事も覚えた。


バスに乗ったら女子高生が「何だかんだ言ってもジョージはいけてる」的なことを言っていた為だ。


最初はジョージってあのジョージ と思った。

そうか、やっぱり逝けてるのかと・・・


そんなこんなもありつつも、とりあえずの配線をして、イソターネットもなんとか出来るようにしてみた。


そろそろ暫く放置してきたこのブログもきちんと再開したい。


まずは引越しまでの怒涛の忘年会送別会只の飲み会や環境が変わった事についてや、思ったことや、感じた事などつらつらと書きたいのだが、イマイチまとまらない。


コネタとしてはこちらに着てから色々有るのだが・・・


まあ今は慌しくてもどうせ正月は暇になるのだし、それからゆっくり書いていこうと思う。



しかし腹が減った。ラーメンでも喰いに逝くか。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-12-27

京都から東京BY CAR5

テーマ:ブログ
051227-0720.jpg
着きました。

通常7時間の所が15時間かかり、眠さで死ぬかと思いました。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-12-26

京都から東京BY CAR4

テーマ:ブログ
051226-2319.jpg
運転手交替せり。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-12-26

京都から東京BY CAR3

テーマ:ブログ
次元

只今絶賛渋滞中。


ちなみに写っているのはサイドミラー。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-12-26

京都から東京BY CAR2

テーマ:ブログ
051226-2239.jpg
高速道路のパーキングエリア。


飯を喰ってたら雪で車が埋まってた。


ノーマルタイヤなのに。

着けるのか?ぼく。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-12-26

京都から東京BY CAR

テーマ:ブログ
051226-2133.jpg
高速道路で渋滞の上、超吹雪。


楽しくなってきた( ~っ~)/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-12-24

わーいわーい!

テーマ:ブログ
051223-2322.jpg
タコさんウインナーパン!


何かよーわからんけど単に嬉しい!

わーいわーい!
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-12-21

ちょっとした疑問

テーマ:日常

昨日というか今日というか、初めて朝の7時まで飲んで、酒臭いまま会社に逝った。



頭ががんがん痛いが、この事象は【二日酔い】というのだろうか?


間違いなく朝方眠くなってきて、ペースがさっぱりわからなくなってから飲んだ焼酎のせいだと思うのだが・・・。



甚だ疑問である。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。