こんにちは。 長谷川理子です。
 
 
GWが半分ほど過ぎました。
 
 
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
 
 
私はといえば
先月末、長女が出産し
「ばあば」になりましたニコニコ
 
 
孫って本当に可愛いって聞いていたけれど
これが、本当にかわいいドキドキ
 
 
 
産後1ヶ月はここにいるので
いろいろと娘のフォローをすることが多くて
なかなか忙しい毎日ですが
とても充実感のある日々を過ごしております。
 
 
さて!
実はGWやお盆休みとかって
旦那さんと一緒にいる時間が長くなり
トラブルが多くなって
ご相談が多くなる傾向があるんです。
 
 
自分の時間が持てなくて
精神的に余裕がなくなって
追い詰められて辛くなっちゃう・・・。
 
 
そういうケースが多いんですね。
 
 
でも!
そういう時こそ、意識してもらいたいのは
 
 
「自分の時間を持つ」ということ。
 
 
どうしても
一緒にいる時間が多くなればなるほど
相手に対して疑心暗鬼になる時間も
増えてしまうもの。
 
 

だからこそ

相手に対する執着心を

深くしないために

「自分の時間を持つ」んです。

 

 

そうして、ちょっとでもいいから

自分の心を楽にしてあげること。

 

 

もちろん状況によって

自由にできないこともあるでしょうね。

 

 

でもね。

 

 

時間って「作るもの」なんです。

 

 

たとえ30分でもいい。

いえ、10分でもいい。

 

 

「自分だけの貴重な時間を持つ」

 

 

この意識を

持ち続けていることが大事なんです。

 

 

そうは言っても、例えば

 

 

子育て真っ最中の時期は

なかなか自分だけの時間を持つって

結構ハードル高いんですよね。

 

 

それはすごくわかります。

 

 

私も3人の子どもを育ててきた経験がありますから

その大変さはよくわかります。

 

 

旦那との関係がよくなくて

毎日辛くてしんどいんです・・・。

 

 

それも、本当によくわかります。

 

 

以前は私も、夫との関係が最悪で

本当に離婚しようと思って

相談センターに行った経験もあるので

 

 

そんな中で自分の時間を持つなんて

そんな余裕ないって思っちゃうのも

とても理解できます。

 

 

でも、だからこそ言えるのです。

自分自身も大事にするのが

どんなに大切か。

 

 

そして、その心の余裕が

全ての関係を良くしていく

原動力になるということも。

 

 

自分の人生は、自分のもの。

誰ものものでもありません。

 

 

その意識を、あなたが持つことが

全ての状況を改善していく鍵になりますよニコニコ

 

 

:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+: 

 

👇画像をクリックで、登録画面に移動します👇

 

   

 

 

カウンセリングのお申し込みはこちら

 

hp

・違う道が、あってもいい。


こんにちは。カウンセラーの、長谷川理子です。


しまった・・・(><)


スポーツジムでほんのちょっと、体験程度に筋トレをやっただけなのに・・・。





何なのーーー!この筋肉痛は!!


ホント、やばいわ。


保育士してた頃は否応無く
運動不足は解消されていたけれど
今は全く運動しない真逆の生活・・・。


ケガしたらシャレにならないお年頃。


マジで、ちゃんと行くわ(笑)

:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

私のブログのヘッダー
(サイトの1番上にある画像のことです)には
こう書かれてます。


「夫の言葉の暴力をやめさせる暴言スイッチOFFの手引き。
本気で関係を修復したい方のための
セルフケアカウンセリング」



なので、ご依頼をいただく多くの方が
「関係を修復したいと思っている方」になります。


私自身が、以前夫は間違いなく
「モラハラに違いない!」と信じ
女性センターに出向き
離婚に関する分厚い本を購入し
真剣に離婚を考えていたところから


今ではこういうお仕事を
させていただけるようになるまでに
関係が改善していった経緯があるため


それを踏まえて
いろんなことを
お伝えさせていただいているんですね。


ですが、ぶっちゃけた話・・・。


以前、私は、夫との関係を改善させたいと
思っていなかった時期がありました(爆)



「今じゃないけれど、いつか別れる」って思ってました(笑)


関係を改善したいというよりは
どちらかと言えば


「(今は別れられないのなら)
【別れるまでの間、どのようにしたら自分が少しでも暮らしやすくなるのか】を
実践していったら
気がついたら夫の態度が柔らかくなっていった」



そんな感じなんです。


でも、あの当時
どんな時が1番苦しかったのか、というと・・・。


「離婚という選択肢が、自分の中になかった時」でした。


ここで頑張るしかない
ここでやっていくしかない。


それしか選択肢がなかった時でした。


離婚を選択できない多くの方は
離婚できない自分なりの理由を持っています。


でも、その「自分の理由」を
強く握りしめたまま
別の道がない状態というのは


「自分の進む道を選択できない状態」
なんですよね。



だって、道が1本しかなかったら
そもそも選ぶことができませんものね。


「選ぶこと」ができて初めて
「本当は私はどうしたい?」の答えは
出せるようになるのです。



私はいつも、カウンセリングさせていただく時には
(やり直すのも別れるのも)
「両方の選択があっていい」
という立場でいます。


別れられないその理由
もしかしたらあなたが
思い込んでいるだけなのかもしれませんよ。



:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

👇画像をクリックで、登録画面に移動します👇



カウンセリングのお申し込みはこちら
カウンセリングメニューはこちら

hp
こんにちは。長谷川理子です。


今日はとても天気がいいので
来月には子供が産まれてくるであろう
お腹の大きな長女と


近所の公園にお弁当を持って
ランチに出かけました。





本当、気持ちよかった!\(^o^)/


こういった、ほっとする時間って
とっても貴重。


子供が産まれたら
ゆっくり外でお弁当なんてことも
なかなかできなくなるので
こういう時間を持つことができて
よかったです^^

:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

今回ご相談くださったTさんは
私の過去のブログ記事を読んで


(体験者の方の声が
まるでうちのことみたいだ・・・)


そう感じて
ご依頼をくださった方でした。


ハネムーン期(?)のような時期があって
その時はとてもやさしいのだけれど


ちょっとしたきっかけでスイッチが入ると
途端に豹変。


何が起爆剤になったか
わかるときもあるけれど
まったくわからない時もあってつらい。


離婚しかないのかな・・・
そう思うけれど
優しい時の彼も本当だと思うと
別れたくないと思う。


今思うと
結婚前に確かに
ちょっとキレぎみなことがあったっけ・・・。


なんでもっとよく観察していなかったのか・・・
そんな思いもあって、つい自分を責めちゃう。


誰かに相談すると
「掌で転がすようにすればいい」
「気にしなければいい」と言われるけれど
とてもそんな風にできないし
それができればこんな苦労しないよね・・・。


この人との結婚を決めた時、
母から逃げたい
家から出たいという思いが強く


この人が本当に好きで結婚したかと聞かれると
堂々とイエスと言えないこの結婚を
後悔する気持ちもある。


年齢的なことも重なって
じゃあ別れます!と
思い切っていうことができない。


このように、いろいろ複雑で
辛い感情を抱えて
カウンセリングの門を叩かれたのでした。



実際ね。


これらの悩みって
ほかのクライアントさんからも
よく聞かれるんですよね。


「掌で転がす」とか
「気にしないようにする」とかって


確かにそうできたとしたら
本当に楽になっていくし
(決して旦那を軽く扱えばいい
ということではないですヨ)


必要以上に
顔色を見ることもなくなるので
あなたらしく毎日の生活が
送れるようにはなっていくとは思うのです。


がっ!しかし・・・!!


これって、転がす側のこころの余裕がないと
絶対にできないですよね(^_^;)



多くのクライアントさんから聞かれる


「気にしないようにすればいいと
いわれたけれど、できない」のは


できなくて当たり前なんです^^


だって、今、あなたのこころは
旦那さんから暴言や辛い態度で
苦しさと辛さで
いっぱいなんですものね。


そんな中で「気にしない」なんて
できなくて当たり前なんです。


だから、自分を責める必要も
全然ないんです。


旦那さんとの結婚に
後悔することもあるでしょうね。


でも、旦那さんの結婚を
決めたあの当時のあなたは
「旦那さんを選ばない」という選択が
果たしてできたでしょうか・・・?


確かに今は
選ばなければよかったって
思うのかも知れないけれど


あの時のあなたに
「選ばない」という選択ができたと思いますか?


できなかったと思うんですよね。


どんな事情があったのだとしても
あなたなりに
あの時にはあの時の
最善を選んだんだと思うんです。


自分がダメだったから
しっかり選べなかったんだ・・・。


これは立派な
「自分いじめ」になっちゃう(^_^;)


もうそれは
卒業していきましょう!


その後
こんな嬉しい感想をいただきました。


思い切ってカウンセリングを受けてみました。

どんなふうに話せば
私の今の状況、気持ちがわかっていただけるか?と
ただ自分の辛い苦しい気持ちだけ話したり
夫の悪口を言っただけの様にならないように
事前に、紙に話したい事をまとめたりして
カウンセリングに望みました。

経験者でもある理子さんの言葉は
とても優しく、そして説得力がありました。

これから自分がどうしたら良いのか
考えている通りだと確信出来ました。


もっと早く理子さんに話していればと思いました。
カウンセリング受けて良かったです。



旦那さんに対する不満や愚痴は
ものすごくあると思うんです。


それを出してもおかしくないくらい
つらい毎日を過ごされているのだから・・・。
思いをぶちまけたい気持ちだって
あったかもしれない。


でも、私が
彼女を素晴らしいと思ったのは


そういう思いを抱えていることを踏まえて
そのうえで、「不平不満だけにならないように」と
ちゃんと意識されていたこと。



だからこそ
カウンセリングでお話を伺っている間も


「相手を変えたり、相手のせいにするのではなく
自分側を変えていく」という
とても大切な原点に
立たれている様子がよくわかりました。


だから、きっと大丈夫!


Tさんは必ず、ご自身でちゃんと
「どうしていくか」の答えを
見つけることができると
確信しています。


どんなに状況が辛くても
どんなに大変だったとしても
相手のせいにしている人は
決して変えられないと
私は思うのです。



Tさんが受けてくださったカウンセリングは、こちらからどうぞ

:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

👇画像をクリックで、登録画面に移動します👇




カウンセリングのお申し込みはこちら

カウンセリングメニューはこちら


hp