癒しのカウンセリング 「ちょっと不器用な私の私らしい生き方」 数秘術・レイキ・ファッションロジック

癒しのカウンセリング 「ちょっと不器用な私の私らしい生き方」 数秘術・レイキ・ファッションロジック

自分の本質、才能、家族関係等と向き合い、恐れや観念を癒し、自分らしい生き方を作り上げるサポートをしています。天職、適職、家族関係、子育て、人間関係、外見、ファッション…ご相談、お悩みをお聞きしています。


メルマガを中心に毎日情報を発信しています♪



『手相数秘術えりんの毎日をちょっぴりハッピーにするコツ』





ご登録の際には、無料PDF


『手相数秘術きほんのき 手相編 数秘術編』


をプレゼントいたします。




メルマガを読むだけで、「自分らしい生き方」が身についちゃうとしたら…
こんなに気楽なことはないですよ~(*^-^*)♪


ご登録はコチラ
から


 
 
 
 
先日、書店に行きまして、
本が置いてあるか、
確認をしに行ってきました(笑)
 
千葉そごうにある三省堂書店さん。
 
このあたりの地域では一番の大型店なので、
そこなら、あるかな~、あるだろう、と。
 
ドキドキしながら、
行ってまいりました。
 
そうそう、みなさまへ、
大事なことをお伝えするのを忘れておりました。
 
本を探すときに、
「ジャンル」がありますが、
 
担当の阿部さんに確認をしたところ、
人文の心理、場合によっては女性エッセイ、
書店によって違いますが、
このあたりになります、とのことでした。
 
そのジャンルの棚に向かって、
店内をウロウロと進みましたが、
なかなか、本を見つけられません。
 
また人文コーナーに並ぶ本とも、
ちょっと違う印象を受けたので、
 
別の棚も探していると、
「スピリチュアル」のところにありました!
 
あった~!っと、
ひとり、心の中で歓喜の舞(笑)

ですので、人文、女性エッセイ、
またはスピリチュアル、本屋さんによって、
このあたりで探してみて下さい。
 
また、この棚にあったよ、ということも、
見つけた方は教えてくださいね(*^-^*)
 
本はこのように3冊、並んでおりました。
 
 

 
 
 
あぁ、本当に本屋さんにある。
 
これだけたくさん本がある中、
店頭に並ばない、平積みもない、
 
その他大勢、の1冊かもしれないけれども、
ここに並ぶことができたんだなぁと、
じんわり、嬉しさをかみしめました。
 
同時に、これだけ世の中は本があふれている中で、
こんな大きな本屋さんの中の、
この棚の中にあるこの1冊、
手を伸ばしてくださる方が、
本当にいらっしゃるのだろうか、とそのような気持ちも。
 
誰かとご縁がありますように…と、
遠目からそっと、レイキをしてきました。
 
となりの棚には、
私が数秘術と出会ったきっかけでもある、
はづき虹映さんの本がありました。
 
はづきさんは累計200万部以上を超す、
ベストセラー作家でもあります。
 
私の数秘術の先生でもあり、
出版の世界では比べるのもおこがましい、
足元にも及ばない大先生ですが、
 
それでも、隣の棚に、
数冊はさんで、はづきさんの本があることも、
 
なんだかちょっとだけ、
はづきさんに近づけたような、
そのような気持ちにもなりました。
 
 
**********************
 
 
今回、あらためて書店へ行って、
店内を見て回って、
 
今まで、一人の客としてみていた書店が、
また少し、違ったものに感じました。
 
名もない、一人の人が書いたものを、
こうして形にしてくださって、
 
書店で販売するという形にしてくださって、
本当にありがたいことだと感じました。
 
同時に、販売ということは、
そこにたくさんの経費がかかっていることも事実です。
 
売り上げがなければ、
会社としては成り立たないものです。
 
関わって下さった方々が、
かけてくださったエネルギー。
 
その一番の恩返しは、
1冊でも多く、誰かが手に取って下さることなのだ、と、
そのようにも思いました。
 
とはいえ、私一人の力では、
やれること、できること、
限界があります。
 
本を気に入って下さった方、
応援したい、応援できるよ、という方は、
ご紹介、ご購入、ぜひ、お願いします(ペコリ)
 
必要な方に、必要なタイミングで、
誰かの元に届いていくこと。
 
たくさんの方に届け~♪と、
本屋さんで、ちょっとした決意表明でした(笑)
 
 
**********************
 
 
全国どこの書店にもあります、と、
そのようなことでもないようです。
 
せっかく書店へ行ったのに、
本がなかった…も、
申し訳ありませんので、
 
行かれる際は、
お電話などでお問い合わせされるとよいようです。
 
でも本当は、
取り扱っていないのでありません、ではなく、
売れてしまってありません、になってほしいのですよね。
 
先日も、3冊あった!と、
嬉しくて、にんまり、しちゃいましたが、
 
けれども本当は、
誰かに購入してもらう、
売れて、棚からなくなる、
 
ずっとここに置かれている状況ではないことを、
望んでいるのだよな~って、
ちょっと冷静にも、感じてきました。
 
東京・大阪など、
都市部の書店には、
少し多めに置かれている可能性もある、とのことです。
 
東京や大阪にお住いの方々、
もしも、平積みなんていう、
夢のような状況があった場合には、
ぜひぜひ、ご連絡ください(*^-^*)♪
 
 
そして、ここ数日の間にも、
千葉の書店で平積みがありました♪
大阪の書店にありました♪とご連絡をいただいております(*^-^*)
 
夢の平積み♪夢がかなっています~♪
 
 

 
 
 
こちら↓は大阪の書店さん。
大阪在住のお客様が店員さんに許可をいただいて、
写真を撮って送って下さいました♪
 
 
坂東眞理子さんと樹木希林さんの間に、私の本があるなんて…。
 
嬉しいびっくり&ちょっとした衝撃(笑)
 
 
 
こうした場所に並べて下さった、各書店の店員さん、
本当にありがとうございます(ペコリ)

 
**********************
 
 
先日、書店にて、
たくさんの本に囲まれて、
その本1冊1冊に、
著者の方はもちろん、
編集、印刷、流通…
 
あらためて、
たくさんの人の力、エネルギーがあること、
そうしたものも感じてきました。
 
本にも力、パワーがある。
あらためて、感じた次第です。
 
自分の内側から出たものが、
こうしていろいろな方の力を借りて、
エネルギー、パワーをもらって、
その本の力、パワーになっていくのですね。
 
表紙も、中の挿絵も、
みなさんいいね、私らしいね、と、
褒めて下さることが多くあります。
 
私自身もとっても気に入っていまして、
本を眺めるたび、読むたび、
嬉しい気持ちでいっぱいです。
 
 

 
 
装丁やデザインという部分は、
自分一人で決めるものではありませんから、
 
誰かの力を借りてのことですが、
出来上がったものを、心から喜べる、
気に入る、嬉しく思えるのも、
ありがたいことだと思っています。
 
この本がもつエネルギー、パワー。
 
手にしたみなさんはどのようなものを感じるでしょうか。
 
そうしたことも、
よろしければお気軽にお伝えくださいね(*^-^*)♪
 
 
それではみなさま、
今日も素敵な1日を♪
 
 

 

 

 

 

喜多川恵凛です。

 

本をご購入してくださった方が、

ブログにて、ご紹介してくださいました。

 

なじたんさん、いつも応援ありがとうございます(*^-^*)♪

 

 

以前、数秘術の勉強会にご参加くださって、

それからのご縁です。

 

静岡から、恵比寿まで、数秘を学びに来てくださいました。

 

 

『学びと距離は比例する』

 

この言葉、ご存じでしょうか。

 

 

お金と時間をかけて、

距離をかけて学ぶものは、

ちゃんとそれだけのものを受け取れる、ということ。

 

 

千葉にいる私は、

セミナーを開催するにしても、

受講するにしても、

 

大抵が都内で、

移動時間も、1~2時間程度がほとんど。

 

 

自分自身の、何かのために、

お金と時間と距離をかけて、

しっかりと、自分と向き合う姿に触れるたび、

私自身も、勇気や力、情熱をいただいています。

 

 

勉強会の後も、

折に触れ、メールをくださって、

 

近郊報告をしてくださったり、

メルマガのご感想をくださったり。

 

そして今回こうして、

書籍をご購入してくださり、

ご紹介もしてくださいました。

 

 

本当に、ありがとうございます♪。

 

これからも、なじたんさんの毎日に、

数秘術からのギフトがあふれていますように(*^-^*)♪

 

 



 
 
9月になりましたね。
 
9月1日の朝、窓を開けて、風を通したら、
昨日までとは違う空気の質感、肌の感覚を感じました。
 
お天気の様子、違いなども、
もちろん、あるでしょうけれども、
でもやはり…8月ではなくて、9月の空気。
 
8月31日と9月1日は、
たった1日だけれども、
やはりそこには「違う何か」があること。
 
毎年、感じています。
 
 
 
 
 
**********************
 
 
 
さて、9月の流れ、過ごし方について、
お伝えしていきます。
 
今月はどのようなことに心を配り、
自分らしい毎日を過ごすために整えるものは何か。
 
それぞれ参考にしていただけたら(*^-^*)
 
 
何度もお伝えしていますが、
2020年は「4・安定」の年です。
 
「4」は土台、基礎、基本などを表す数字であり、
運気の波では、9年サイクルの中で一番、深く沈むタイミング。
 
社会の流れが「4」を迎えるとき、
簡単に分かりやすく言えば、
社会的な不安が大きく出ると言えます。
 
それは今までのことを振り返っても、
みなさん、それぞれに感じられることがあるのではないでしょうか。
 
コロナにより、
生活の不安、心理的な不安、
今までもいろいろと感じてきたことがあるでしょう。
 
数秘術ではこの流れを、
3年前の2017年「1・発展」から続くものと捉えます。
 
2017年「1」の年に、
新たな流れ、展開、今後に向かってのスタートを切りました。
 
さぁ、新しいサイクル、
9年の始まりだ~♪と新たなタネがまかれたのです。
 
その4年目の流れ、展開として、
基礎、土台を整える、というタイミングにあたるのが今年です。
 
「4」という数字、エネルギーは、
どっしりとして、重たいです。
 
それは「安定」というキーワードが、
何よりもその意味を示しています。
 
社会の流れ、サイクルが「4」のときは、
社会全体が重く沈むこと、
停滞気味になることは否めません。
 
また、社会の土台となるもの、基礎、基盤、
今まで私たちを支えてきたであろう、と思われるものがあります。
 
けれどもそれは、
「1」   のタイミングで動き出した、はじまった、
スタートを切ったものではなく、
 
今まで受け継がれてきたもの、慣習であるもの、
社会的規範、社会的観念、文化、
そうしたものであることもたくさんあります。
 
そうしたものに対して、
「4」のタイミングには、
今後の基礎、基本、土台となるものへと、
土台の組みかえ、大元の意識、観念の切り替えなども
行われることがあります。
 
2020年、ここまでを振り返っても、
今まで当たり前だと思っていたことが、
 
今後もこのまま同じではないこと、
今ここで、新しい仕組み、新しい考え方、
新しい生活様式へと何かが少しずつ変わっていることを、
みなさんも感じていらっしゃるでしょう。
 
このタイミングで、
社会的な慣習や文化、
約束やルール、
 
今後の土台となっていくもの、
基本として定着していくことがあること、
すでに見えていること、感じていることがありますよね。
 
 
**********************
 
 
そうした「4」の年を、
最も象徴するのが9月です。
 
9月は「4・安定」の年。
4の年の、4の月。
 
必要以上に怖がることはありませんが、
何か重く沈むこと、停滞すること、
 
そのような出来事、
それらを象徴する出来事があると見通しておくことは、
運気の波、流れと調和することでもあると思います。
 
土台を作る、その土台をしっかりと強固にする、
そのようなときには、
今までのものを壊し、作り替える、作り直す、
そのような作業が含まれます。
 
それは壊れる、失う、と思うのではなく、
今後の土台、基盤、大元になるもの、
それらをしっかりと作る、その過程のひとつである、と
そのように見通すことです。
 
どのような土台の上に立つか、乗るか、で、
今後の見通しが決まってくることもあります。
 
2020年、前半もそうでしたが、
住んでいる地域によっては、
自然災害についての意識、準備、支度など、
防災に対しての意識を高めておくこともあると思います。
 
また仕事の面、生活の面、
人との関わり、人間関係においても、
人によっては、仕事を変える、
生活を変える、
変えざるを得ない…ということもあるかもしれません。
 
自分の今いる場所、
今の毎日を丁寧に見通したとき、
 
今までと同じようにはできない、
何かを変えていかなくてはいけない、
 
臨機応変に、柔軟に対応しなくてはいけない、
なにかしらの選択、決断をすることがあると思います。
 
新しい生活様式、という言葉も生まれたように、
「今までとは違う何か」に対して、
それを受け入れていく、
今後の土台、基本、慣習や習慣、
約束やルールになっていくものがあります。
 
9月はそうしたことに対しても、
明確なメッセージ、
ここは組み換えられるのだな、とわかること、
そうしたものが、
自分の元に訪れます。やってきます。
 
こうしたことが、これから先の方向性なのだな、
今後の開かれていく展開なのだな、
 
今後の土台、基礎になることだな、と、
そのような視点で捉えること。
 
そして受け入れて、試すこと。
ひとつひとつ、向き合うこと。
 
慣れないことは試行錯誤することもあります。
違和感を持つこともあります。
 
今までと違うことに対して、
抵抗を持つこともあるでしょう。
 
失う、という世界でその出来事、物事を見たら、
痛く、悲しく、辛いことでしかないかもしれません。
 
今まで安定だと思っていた、
強固だと思っていた土台、基礎。
 
もしかしたらそこに、何かほころびがある、
崩れているものがある、不安定になっているものがある、
実はそちらに課題や問題があることも、
 
だからこそ、今このタイミングで、
もう一度、あらためてよく見てみること、
手直しすること、作り替えること、
 
しっかりと向き合わざるを得ないことが、
そこにあるのかもしれません。
 
今ここでしっかりと土台を組む。
 
その視点で物事を捉えていくことが、
今月、9月の過ごし方において、
大切な視点、心の在り方になるでしょう。
 
 
**********************
 
 
「4」のときに大切なことは、
目の前のことを大事にすることです。
 
目の前のこと、ひとつひとつ、
丁寧に、誠実に。
 
できること、やれることに集中をする。
 
難しいことではなくて、
簡単なことこそ、丁寧に行う。
 
みんながすぐにできること。
でも案外、適当にやりすごしていること。
 
そうした小さなことに心を向けて、
大切に扱う、大切に行う。
 
意識を高める。
心がける。
 
9月は、地味で、簡単で、
誰でもすぐにできることを、
 
意識を持って、心がけて、
丁寧にひとつひとつ、しっかりと。
 
そのような姿勢で、心の在り方で、
みなさんそれぞれの毎日を過ごしていっていただけたら。
 
たとえば、〇時に起きて、〇時に寝る、というような、
生活リズムを整えること等、
 
できると言えばできるけれども、
その日その日でつい…とリズムが崩れることってありますよね。
 
自分の生活、毎日の中の、
そうした何気ないことの中のひとつを、
 
ちょっとした心がけ、意識で、
丁寧に、大切にしていくこと。
 
また、自分にとって、
基礎、基本、土台と思えるものがあるのなら、
 
9月はより、それらを大切に、
いつも通り、いつものようにできることに、
感謝をしながら、楽しみましょう。
 
 
毎日は小さな選択、行動の繰り返しです。
 
つい、無意識に、
今までと同じこと、
当たり前にできること、を
選択、決断、実行してしまいますが、
 
今月はそうした小さな選択、決断にも、
自分がしっかりと心を向けていること、
 
意識をして、意図をもって、
自分が選択、決断、実行していること、
折に触れて感じてみて下さい。
 
 
それでは、今日も素敵な1日を♪
 
 
 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 
 
私の初の書籍が2020年8月31日発売となりました♪
『恐れや悲しみがあっても、人は幸せになれる』
 
9月30日まで、新刊キャンペーン中です。
無料PDF52ページ分、プレゼント♪
 
喜多川 恵凛 ~恐れや悲しみがあっても、人は幸せになれる 新刊キャンペーン
https://www.event-form.jp/event/10621/kitagawa
 
 
 
お名前、メッセージ入りをご希望の方はコチラ♪
 
 
 
 
今年のお盆は、
お墓参りも行きませんでした。
 
夫の実家、
ご両親に電話でそのことを伝えると、
 
私たちも今年は無理をしないようにしているから、
大丈夫よ、とのこと。
 
また私の方も、
いつもは夫と一緒、もしくは母と行くのですが、
 
今年は9月のお彼岸、落ち着いて一人で行こう、
そのように思いました。
 
 
**********************

 
つばき紀子さんから、
気持ち、思いを向けることが一番、と
そのようにお話を聞いてから、
 
お墓参りに行けず、行かずにいることにも、
申し訳なく思うことが減りました。
 
形式、形として表現することも、
もちろん、大事なことですけれども、
 
まずはご先祖様に思いをはせること、
このように過ごしています、と、
堂々と、気持ちよく報告できる日々を過ごすこと、
 
そうした自分でいることが、
何よりものご供養かな、と思っています。
 
もし、みなさんの中で、
お墓参りに行けずに、
 
何か心に引っかかるものがあるのでしたら、
まずは心の中で、
ご先祖様とお話をされてみたらいかがでしょう。
 
お墓参りに行けなくてごめんね、と、
そう伝えたときに、
ご先祖様はどのような言葉をかけてくれるでしょうか。
 
そうだよ!
手を合わせにきなさいよ!と、
ちょっとご不満な様子でしょうか!?
 
いいの、いいの、
それよりも子孫のみんなが、
元気に過ごしていたら十分よ、と、
にっこりと笑顔でいらっしゃるでしょうか!?
 
心の中で、何かを投げかければ、
きっと受け取れるものがあると思います。
 
想像!?妄想!?
そう言われれば、その通りですけれども…^^;
 
でもきっと何か、
あぁ、こんな気持ちでいるのだろうなって、
感じられるもの、
受け取れるものがあると思います。
 
自分の中に生まれる、
その感覚を、大切にすることも、
 
自分らしい毎日を過ごす、
その際の大切なことなのではないでしょうか(*^-^*)
 
 
**********************
 
 
先日、メルマガで、
5年前の自分にどのような言葉をかけるか、
 
5年後の自分にどのような言葉をかけるか、と
そのようなことを書きましたが、
 
同じようにご先祖様とお話ができるとしたら、
どのような話をすると思いますか?
 
また自分の子孫たちがいたとしたら、
どのようなことを話すと思いますか?
 
私は家系図を作り、
祖父母以上の方々の存在をはっきりと認識したとき、
 
江戸時代、明治、大正…と、
歴史で学んでいた遠い過去の時代が、
 
急に、自分事のように、
身近に感じられるような感覚が生まれました。
 
みなそれぞれに生きた人生があった、
みなそれぞれの時代に、
それぞれの何気ない毎日があった、
 
そう思うだけでも、
何か尊いものを感じました。
 
今よりも、不便なこと、整っていないこと、
時間がかかること、手間がかかること、
大変なことがたくさんあったでしょう。
 
この繋がりの中で、
今、ここに自分がいるのだ、と、
あらためて実感することができましたし、
 
今自分がここにいることが、
奇跡のようにも感じられました。
 
昔は出産が今よりも命がけだったこと、
家系図からもよくわかりました。
 
生まれて数日で亡くなっている赤ちゃん、
何人もいました。
 
またお母さんも数日、数か月後、
お亡くなりになっている方、
これも一人二人ではありません。
 
家系図には生まれた日、亡くなった日、
結婚した日など、日付も書かれています。
 
その日付を見るだけでも、
その人の人生、どれだけの時間を生きたか、
伝わってくるものがあります。
 
当たり前ですが、
本当に、そこに生きた瞬間、というものがあって、
その上に、私が生かされているのだな、と、
深い感慨の思い、感謝の気持ちが湧いてきます。
 
どこかの、何かの、タイミング、
出来事が違えば、
誰かと誰かが出会わなければ…
 
いつの時代も、
人との出会い、縁で繋がれていくこと。
 
家系図を見ていると、
出会いと別れの繰り返しの中で、
自分が今ここにいることを実感します。

 
 
**********************
 
 
 
コロナでなければ、
来月、9月はつばきさんと一緒に、
「家系学・浅草寺ツアー」を開催の予定でした。
 
現状を考え、今回は見合わせる方向ですが、
浅草寺では、随時、郵送にて、
ご回向のお申込みができます。
 
心を向けることが大事、と
お伝えしましたが、
 
その気持ちを、
こうした形に示すこともできますね。
 
前回、ツアーに参加された方の中にも、
ご回向をお申込みになられた方がいました。
 
ひとつ、こうした形で、
ご先祖様への思いを表現したこと、
気持ちがすっきりした、晴れ晴れとした、
そのようにもおっしゃっていました。
 
何か行動したい、
ご供養をしたい、
そのように思われる方がいらっしゃいましたら、
浅草寺でもご供養をすることができますよ。
 
https://www.senso-ji.jp/visit/
 

 ※浅草寺ツアーの詳細、様子については
こちらをご覧ください。
 

**********************
 
 
家系のお話って、
シンプルと言えばシンプルですが、
聞けば聞くほど奥深いというか。
 
家族のこと、夫婦のこと、
兄弟や子どものこと、
 
まさに、人とのご縁、
繋がりについて、
向き合わざるを得ないところがあります。
 
その縁と、どのように向き合うか。
 
自分と、縁ある人とが、
それぞれに、幸せでいること。
 
この時代の、この瞬間に、
こうした縁が結ばれたこと、
 
そのこと、そのものに、
愛と感謝で向き合えたらいいですね(*^-^*)
 
家族関係や夫婦関係は、
なかなかオープンに話せないこと、
 
いろいろと抱えていること、
辛いこと、重いこと、
それぞれにあると思います。
 
なぜこの家族の元に生まれたのか。
 
素直に受け入れられない、
そうした状況、環境の方もいらっしゃるでしょう。
 
厳しい状況、辛い環境、
そのような中で、自分がここにいることの意味を、
なかなか前向きに見いだせない方も、
中にはいらっしゃるかもしれませんが、
 
その自分なりの意味、
自分なりに受け入れる術、
 
家系のお話は、
誰かにとって、
そのような思いに寄り添うものであるかもしれません。
 
うん、その場合は、
ご先祖様に怒ってみてもいいのかもしれませんね。
 
なんでこんな状況、環境に、
私に、命のバトンが繋がれたの!って、
素直に、怒って、
ぶつけてみてもいいのかも。
 
いっぱい、いっぱい、
心の中でお話してみて下さい。
 
自分の求めた答えではないこと、
理不尽な思いが浮かんでくること、
そうしたこともあるかもしれません。
 
そうしたらまた、
その思いをぶつけてみて、
いっぱい、いっぱい、お話したらいいのかも。
 
ご先祖様に向き合いながら、
きっと、自分自身とも、
しっかりと向き合うことに繋がっているかもしれませんね。
ふと何か思うとき、
ご先祖様を思い出すとき、
 
もしかしたら、
ご先祖様がお話をしたいと、
そう思っている時もあるかもしれませんね。
 
みなさんもそれぞれ、
心が向くときに、
お話を楽しんでみていただければ(*^-^*)
 
何か受け取ったもの、
心に響いたものがあったのなら、
 
きっとそれは、
ご先祖様からの応援、ギフトなのだと思います。
 
 
それでは、今日も素敵な1日を♪