ご報告。 | SUMMIT RACING BLOG

ご報告。

久しぶりのブログ更新になります。

実は先日、約一週間、謎の腹痛に悩まされていました。

友人からの勧めもあり、病院で診てもらうことになりました。

ベッドに横たわり、医師が触診し、

『ちょっと、CT撮りましょう。』

と言われ、CT撮り終わってから、再度診察室の前で待機していました。

診察室に呼ばれ、説明を受けると…

かなりの大問題が発生していました。

大腸の中に、巨大な腫瘍が出来ていて、恐らくその腫瘍が原因で腸重積を起こしているらしく…

このままでは、いつ大腸が破裂したとしてもおかしくない状態らしい。

しかも、成人で大腸が破裂した場合の生存率は、50%!!

もし、一命を取りとめたとしても、人工肛門は避けられないそうです。

今の現状(まだ破裂していない状態)からの手術であれば、最悪は人工肛門になってしまいますが…うまくすれば、大腸同士の結合も出来るとの事。

上記の理由から、医師から告げられた言葉は

『もう、今日は帰れませんよ!悩んでる暇なんて有りません!緊急手術です!』と。

仕事の事から、プライベートな事まで色々と考え、家族とも相談した結果緊急手術を受ける事にしました。

緊急手術に向けて、いくつかの検査をし、あっという間に手術室へ!!


次に気が付いた時は、手術が終わった後でした。

全身麻酔から覚めて、意識がもうろうとしていたのですが…

無事に手術が終わった事と、人工肛門にはならずに済んだ事を伝えられたのを、うっすらと覚えています。



※ここから先は、画像が張り付けて有りますが、気分の優れない方はご注意下さい。










↓↓↓手術後の画像。




↓↓↓自分の母親が撮影した、切除した大腸の一部脂肪腫。

この脂肪腫…実物を見た母親の話では、本当に大きかったらしいです。

こんなのが大腸の中に居たんだと思うと、ゾッとします。

病院の先生やスタッフさん、家族や友人の支えによって今の所、快方に向かっております。


本格的に仕事を始めるには、

『リハビリなどを重ね、様子を見ながら8月頃からにして下さい』と病院側に言われてしまいました。

今の現時点では、仕事に早く復帰する為に、治療に専念しようと思います。

お客様、関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承下さいませ。


有限会社 サミットレーシング
代表取締役 山路 典彦